2019.12.19

自分に合った毛穴ケア方法を知って、目指すは毛穴レス肌!

  • 毛穴ケア
  • 毛穴の黒ずみ
  • クレンジング
  • 毛穴のたるみ
  • 洗顔
  • ナチュラルメイク
自分に合った毛穴ケア方法を知って、目指すは毛穴レス肌!

毛穴汚れが気になると、その具体的なケア方法について知りたくなりますよね。 この記事では、毛穴汚れの原因、毛穴ケアの方法とその注意点、毛穴ケアのための正しい洗顔方法についてご紹介します。
この記事を一読いただくことで、ご自身の肌に合ったクレンジングや洗顔料を選べるようになり、より効率的な毛穴ケアができるようになります。ぜひそれらの方法を知って、憧れの毛穴レス肌を目指しませんか?

毛穴汚れの原因はこの3つ!

毛穴汚れの原因はこの3つ!

毛穴汚れの主な原因としては、皮脂や古い角質などが混ざって角栓になったものがつまり酸化してできた 「黒ずみ」、汚れやニキビ跡または肌質などが原因の 「毛穴の開き」、加齢による 「毛穴のたるみ」、の三つです。 毛穴汚れが気になる方は、対策を考える前に、まずは原因を理解することが大切です。これら毛穴汚れの原因について解説します。

1  毛穴の黒ずみ

女性の場合、ホルモンの分泌量が変化した際に、皮脂が過剰に分泌されることがあります。 過剰に分泌された皮脂や古い角質が、毛穴の中に詰まってしまうことが、毛穴詰まりの原因のひとつです。落としきれなかったメイクや汗などの汚れが毛穴に入って皮脂と混ざることも、角栓ができる要因となります。
肌のお手入れ不足により毛穴をふさいでしまった角栓は、できたばかりのときは白いブツブツのような状態です。その角栓をそのままにしておくと、やがて空気に触れて酸化し、黒くなることがあります。それが 「毛穴の黒ずみ」です。
これ以外にも、肌への刺激や日焼けなどにより、メラニン色素が増えたことが原因で「毛穴の黒ずみ」が起きていることもあります。


2  毛穴の開き

毛穴に汚れがたまると、肌のターンオーバーがスムーズに行われなくなることがあります。その状態が続くことで、 毛穴が引き締まりにくくなり、開いたままになってしまいます。思春期のころにできたニキビ跡の影響で、毛穴がクレーターのような状態になり、毛穴が開きやすくなることも・・。
もともと毛穴が開きやすい方もいますが、その主な原因は 肌質です。たとえば、乾燥肌の場合は、そうでない人と比べて肌のキメが乱れやすいため、毛穴が開いて見えることがあります。肌トラブルが起きやすい敏感肌の人も、毛穴が開いて見えやすい肌質です。
皮脂の分泌量が多い方も、皮脂の出口となる毛穴が広がってしまうため、毛穴の開きが起こりやすいといえます。


3  毛穴のたるみ

年齢を重ねるごとに肌のコラーゲンやエラスチンが減少していき、若いときにはあった肌のハリや弾力が失われていきます。
30代以降になると、加齢により毛穴がたるみ、縦に伸びて涙のような形になってしまう人もいます。肌をひっぱると毛穴が目立たなくなるようであれば、 「たるみ毛穴」である可能性が高いでしょう。しかも、乾燥もしやすくなるので、毛穴のたるみが目立ちやすくなってしまいます。
進行すると毛穴同士がつながり、しわのように見えることもあります。「たるみ毛穴」は、頬や目の下、小鼻のわきなどに多く見られます。 「たるみ毛穴」を防ぐためには、適切なエイジングケアが大切です。

【注意!】間違った毛穴ケアとは?

【注意!】間違った毛穴ケアとは?

毛穴ケア方法の代表として、 「洗浄力の高いクレンジングオイルを使う」、「毛穴パックを使う、「オイルと綿棒を使ったマッサージ」という3つの方法があります。
これらは毛穴の汚れを落とすために実践する人もいますが、 その方法を間違えるとかえって毛穴の状態を悪化させてしまうこともあるため注意しましょう。ここでは、毛穴ケア方法の3つを例に、その注意点について解説します。

クレンジングオイル

オイルタイプのクレンジングは、油性のメイクと相性がよいため、 ポイントメイクなどもオフしやすいだけでなく、毛穴汚れも落としやすいという特徴があります。ただし、洗浄力が強い分、肌への刺激が強いものも多いので注意が必要です。ダブル洗顔が必要な場合は特に、美容成分がたっぷり含まれている肌に優しいものを選んだほうがよいでしょう。
クレンジングオイルを使う際は、 使用量をきちんと守ることが大切です。使用量が少ない場合、滑りが悪く皮膚に負担をかけるだけでなく、十分に汚れを落としきれない可能性があります。力を入れてこするのは避け、指の腹を使って優しく、クルクル円を描くように洗いましょう。
洗い流す際は、必ずぬるま湯を顔になじませ、オイルを乳化させて汚れを浮かせてから、落とすようにします。洗顔後は忘れずに保湿をしましょう。


毛穴パック

毛穴パックは、 鼻などに粘着力のあるシートを貼って、毛穴に詰まった汚れをパックに吸着させて取り去るものです。ドラッグストアなどで手に入れやすいだけでなく、取れた角栓や汚れが目に見えるため、毛穴汚れが気になる人の中には、使用している人も多いかもしれません。
毛穴パックの注意点は、 剥がす際に肌へ過度な刺激を与えてしまうことがある点です。しかも、一時的に角栓を除去できても、根本的な解決にはなりにくく、再び毛穴が詰まってしまいます。肌が弱い人は使用を避けるのはもちろん、パッケージに書かれている使用頻度の目安を必ず守ること、使用後は速やかに保湿をすることが大切です。
なお、毛穴パックは 「たるみ毛穴」やメラニン色素が原因で起きている「毛穴の黒ずみ」には効果がないため、その点にも注意して使用しましょう。


綿棒とオイル

綿棒とオイルを使用して、毛穴の汚れを落とす方法もあります。角栓は皮脂などが原因でできているため、オイルとなじみやすいことが特徴です。使用するオイルは、「オリーブオイル」や「ホホバオイル」など、自宅にあるもので問題ありません。
綿棒の先に適量のオイルをつけ、毛穴の汚れが気になる鼻の頭などをなでるようにマッサージします。滑りがよくない場合は直接鼻に塗るか、綿棒にオイルを追加しましょう。終わったらコットンやティッシュなどで鼻のオイルをオフし、洗顔します。
注意点は、 強い力で綿棒をゴシゴシとあてると肌が傷む可能性があるという点です。優しくなじませるようにして使いましょう。洗顔後は乾燥しやすくなっているため、保湿を行うことも忘れないようにします。

毛穴汚れを落とす正しい洗顔方法

毛穴汚れを落とす正しい洗顔方法

毛穴汚れを落とすためには、 毛穴ケアもできるクレンジングや洗顔料を選ぶことが大切です。ほかにも、力を入れずに短時間で洗う、洗い残しがないようにする、ぬるま湯を使用する、タオルでこすらない、温タオルで毛穴を開かせてから行うなど、ケアの注意点はそれほど難しくありません。ここでは、毛穴汚れを落とすための洗顔方法について解説します。

自分の肌に合ったクレンジングや洗顔料を選ぶ

毛穴ケアは毎日のクレンジングや洗顔で、しっかりとメイクや汚れをオフすることが大切です。毛穴ケアができるタイプを選んで、クレンジングや洗顔を続けることが、毛穴汚れを落としたり、毛穴トラブルを防いだりするためにはもっとも重要といえるでしょう。
クレンジングや洗顔料は、自分の肌質に合ったものを選ぶようにします。肌が弱い場合は植物由来の天然成分が配合されているものを選ぶ、乾燥が気になる場合はうるおい成分が配合されているものを選ぶとよいでしょう。
クレンジングの後に洗顔をすると、場合によっては 洗いすぎになってしまい、必要な皮脂まで落としてしまうこともあります。W洗顔不要のクレンジングを選べば、肌への負担もかかりにくくなるためおすすめです。

優しく・素早く行う

洗顔を行う際に、汚れを落としたいからと、肌を強くこするのはやめましょう。肌を傷めるだけでなく、肌を乾燥させる原因にもなります。
「時間をかけて洗ったほうが汚れは落ちる」と考える方もいるかもしれませんが、洗顔は時間をあまりかけずに済ませましょう。洗顔料などが長時間顔に残っている状態は、肌へ負担をかけてしまうこともあります。また、 時間をかけて何度も顔を洗うと、洗いすぎになってしまうこともあります。
優しい力で指の腹を使ってマッサージするように洗顔し、顔全体をに広げたら、素早くすすぎましょう。クレンジングだけでもある程度の汚れはオフできているため、洗顔にかける時間は1分前後が目安です。

ぬるま湯ですすぐ

洗顔料で顔を洗い終えたら、ぬるま湯ですすぎましょう。「熱めのお湯や冷たい水で流したほうがすっきりする」という人もいるかもしれませんが、肌のためにはよい行為とはいえません。
熱めのお湯は、肌の保湿成分を奪い、乾燥させてしまう原因になることがあります。 クレンジングや洗顔をお風呂で行う場合は、つい熱いお湯を使いがちのため注意が必要です。
また、冷水を使うことも避けたほうが無難です。水温が低いと過剰に分泌された皮脂を落としにくくなってしまいます。また、冷水で顔を洗うことで血行が悪くなったり、肌へ刺激を与えてしまったりすることもあり、あまりメリットはありません。 洗顔に使うぬるま湯として適切な温度は30度~32度で、体温よりもやや低めの温度が目安です。

洗い残しをなくす

洗顔の後は、顔に洗顔料を残さないように注意しましょう。髪の生え際やあごなどのフェイスライン、小鼻のわきなどは、洗顔料が残りやすい箇所です。洗浄力が強いものは、肌に刺激を与える成分が含まれていることもあるため、顔に残ったままだと肌トラブルにつながる可能性もあります。
顔全体をくまなく洗い流すことを意識し、最後は指で触ったり鏡を見たりして 洗い残しがないかどうか確認しましょう。
急いで洗顔をすると、洗い残しが起きやすくなります。クレンジングと洗顔を別々に行うと、その分手間がかかるため、洗い残しが出てしまう可能性も高くなるので、 忙しい方の場合、クレンジングと洗顔が一緒になったW洗顔不要タイプのクレンジングの使用がおすすめです。

最後はタオルで押さえ拭き

洗顔を終えて洗い流した後は、タオルで顔全体を押さえるようにして拭きます。このとき、 タオルを顔にごしごしとこすったり、何度も拭いたりすることは避けましょう。肌はデリケートです。強い力でこすることでタオルと肌が摩擦を起こし、肌がダメージを受けてしまう可能性があります。 使用感は、顔についた水をタオルで優しく吸収するようなイメージです。
タオルは毎回清潔なものを用意しましょう。使用済みのタオルには、雑菌などが繁殖している可能性があります。柔らかい素材のものや、吸水力に優れたものを選んで使うこともおすすめです。最近では顔専用のタオルなども販売されているため、活用してみてもよいでしょう。

温タオルで効果アップ

顔を温めて毛穴を開かせてからクレンジングや洗顔を行うことで、毛穴に詰まった汚れは落としやすくなります。毛穴が開きやすくなるだけでなく、血行がよくなり新陳代謝をアップできるためです。
毛穴を開く方法のひとつとして、 温タオルの使用があります。温タオルは、水でぬらして絞ったタオルを、500ワット~600ワットの電子レンジで30秒~1分程度加熱するか、45℃程度のお湯にタオルをつけて絞って用意しましょう。顔にのせる前に、広げて温度を確認してから使用します。
「毎回温タオルを作るのは大変」という人は、〈ホットクレンジングゲル〉がおすすめです。温感ゲルなので、クレンジングの際に肌を温めることができ、温タオル用意の手間がかかりません。W洗顔不要なので、洗い過ぎの防止にも時短にもなるのでより便利です。

まとめ

このように毎日のクレンジングや洗顔を見直すことで、より効果的な毛穴ケアができます。 自分に合ったクレンジングや洗顔料を選ぶことはもちろん、正しい洗顔方法を実施することも大切です。ただし、ケアに効果的というクレンジングや洗顔料を使っても、すぐに効果を実感できるわけではありません。毛穴ケアは、毎日継続していくことが必要です。
マナラの〈ホットクレンジングゲル〉 は、 W洗顔不要なのはもちろん、温感ゲルが毛穴を広げ、詰まった汚れをしっかりオフするので、毛穴ケア効果が期待できます。さらに、美容液成分が 91.3%も配合されており、肌にやさしくメイクオフできます。
肌にやさしく毛穴ケアしたい、時短で毛穴汚れを落としたい、という人におすすめの 〈ホットクレンジングゲル〉 です。毛穴レス肌を目指すなら、ぜひマナラの 〈ホットクレンジングゲル〉 をご利用ください。