2020.01.10

【毛穴レスの予備知識】毛穴詰まりの原因を年齢別でご紹介!

  • 毛穴
  • 毛穴ケア
  • 洗顔
  • クレンジング
【毛穴レスの予備知識】毛穴詰まりの原因を年齢別でご紹介!

「毎日きちんと洗顔しているのに、毛穴が気になる」と悩んでいませんか?ボツボツと目立つ毛穴がコンプレックスになっている方もいるのでは…。毛穴が気になるからといって、ファンデーションを厚めに塗って隠すと、かえって毛穴詰まってしまうことも。
この記事では、年齢別に毛穴詰まりの原因や毛穴ケアにおすすめのスキンケアを紹介!毛穴が詰まる原因を知って、自分の肌質に合ったケアをしましょう。

年齢で変わる!毛穴が目立つ原因とは?

年齢で変わる!毛穴が目立つ原因とは?

「毛穴」は角栓や黒ずみ、ニキビ跡などのほか、年齢によって皮脂の分泌が増えたり、加齢で肌のハリなどが失われたりすることでも目立ちます。年齢による毛穴の目立ちは、肌質が変化していくことが理由です。ここでは、毛穴が目立ってしまう原因についてお話します。

目立つ毛穴の特徴

目立つ毛穴の特徴として「角栓」「黒ずみ」「ニキビ跡」の3つがあります。 「角栓」とは、古い角質が毛穴の皮脂と混ざったものです。「角栓」ができると、毛穴が白くボツボツとした状態になります。「毛穴の黒ずみ」は、「角栓」が酸化することによって黒くなったり、摩擦や日焼けなどが原因でメラニン色素が毛穴周りに沈着したりすることで起こります。開いた毛穴には雑菌や汚れが溜まりやすいため、炎症を起こしてニキビを引き起こします。ひどいニキビの場合は「ニキビ跡」として残ってしまい、クレーター状になると毛穴が開いてしまいます。
次は、年齢別に「角栓」「黒ずみ」「ニキビ跡」によって毛穴が目立つ原因を見てみましょう。

10代の毛穴が目立つ原因

中学生や高校生の思春期になると、皮脂やホルモンの分泌量が増えてきます。そのため、肌がベタつき、皮脂が詰まることでTゾーンなどに「ニキビ」ができやすくなります。
「ニキビ」を気にして触ったり、つぶしたりすることで、クレーター状の「ニキビ跡」となって毛穴が開いてしまいます。その開いた毛穴に皮脂が詰まるとまた「ニキビ」を引き起こすため、なかなか完治しないのが10代の特徴です。
また、 肌のベタつきを気にして洗顔しすぎると、かえって肌が乾燥してしまう恐れもあります。特に「乾燥肌」の場合、肌を保護するために皮脂が過剰に分泌されるため、洗顔しすぎても、肌のベタつきが解消されません。 10代は皮脂の分泌の要因に注意し、「洗顔」や「保湿」にこだわりましょう!


20代の毛穴が目立つ原因

20代になると、10代のころよりは落ち着くもののまだ皮脂量が多いため、ニキビができやすい人もいます。さらに、20代になると睡眠不足やダイエットなどによる食生活の偏り、 ホルモンバランスの乱れなどが原因で口元やあごに「大人ニキビ」ができやすいのが特徴です。
また、学校を卒業して社会に出ると仕事のストレスが肌に影響を与えていくこともあります。20代は10代に比べ肌のターンオーバーが遅いので、 大人ニキビが治りにくい傾向にあります。20代は、ニキビの要因となる内面的なケアが重要です。


40代以上で毛穴が目立つ原因

40代以上で毛穴が目立つ理由のひとつに、「加齢」があります。 年齢を重ねると肌のコラーゲンを生成する力が弱まり数も減っていくため、若いころよりも毛穴が開きやすくなります。
また、肌の水分量も減っていくためハリや弾力が失われて「たるみ」を引き起こします。 肌がたるむことで毛穴も開いてしまうため、肌のキメが整わず加齢を感じるお肌になります。さらに、加齢によって「化粧のノリが悪くなる」「シミができる」「乾燥しやすい」などの肌トラブルが出てくる年齢です。加齢による肌トラブルが増えてくる40代は、エイジングケアをスタートして肌の老化を防ぎましょう。


年齢により毛穴の目立ちやすい部分とは

年齢によって、毛穴が目立ちやすい部分は変わります。10代のころは皮脂が過剰に分泌されやすいため「おでこやほお」など顔全体に毛穴が目立ちます。
20代は、ニキビができやすい「あごや口元」などの毛穴が気になるこが多い年代。30代~40代になると「ほおなどのたるんだ部分」の毛穴が縦に伸びて目立ってしまいます。皮脂が分泌されやすい鼻やTゾーンは、年代を問わず比較的毛穴が目立ちやすい部分です。


年齢により年齢と肌質の変化

年齢によって肌質は変化していきます。10代は肌細胞が活発なので「脂性肌」が多く、同時に「ニキビ肌」になりがちです。20代は「脂性肌」に加え「乾燥肌」が混ざった混合肌になりやすい年齢です。また30~40代は、加齢によって「乾燥肌」になりやすい歳です。それぞれ具体的に、どのような肌質なのかを確認してみましょう。

乾燥肌
皮脂量や水分量が少ない状態の肌です。水分量が減ってくる20代以降に多く見られます。また、外部の刺激を受けやすいため「敏感肌」と密接な関係性があります。
脂性肌
皮脂量や水分量が多いのが特徴です。皮脂の分泌量が多い10代に多く見られます。また、油っこい食事を好む人も脂性肌になりやすい傾向にあります。
敏感肌
肌を保護する皮脂量が少ない肌質です。内側から細胞を活性させることが劣ってくる30代以降、ある程度年齢を重ねてから敏感肌になるケースもあります。
ニキビ肌
ニキビ肌には「皮脂が過剰に分泌されるパターン」と「不規則な生活やストレスなどが原因のパターン」の2要素あります。皮脂だけが原因ではないため、10代のみならず20~30代にもニキビ肌の人はいます。

毛穴を目立たなくする方法とは?

毛穴を目立たなくする方法とは?

「毛穴レス」を目指すためには、毎日のクレンジングや洗顔をしっかりと行うことが大切です。さらに、ピーリングや保湿、オイルマッサージ、顔を冷やして毛穴を引き締めるなどのケアも効果的。
日焼け対策をして色素沈着を防いだり、生活習慣を整えたりすることも大切なケアです。毛穴が目立つ原因がわかったところで、次に毛穴を目立たなくするために有効な方法についてご紹介します。

洗顔・クレンジングを丁寧に行う

「クレンジング」と「洗顔」をしっかりと行うことは、「毛穴の汚れ」を落とすための基本です。「毛穴の汚れ」をきちんと落とすことで、毛穴が目立ちにくくすることにつながります。
「クレンジング」には、しっとりとしたクリームやオイル、ミルクなどさまざまな種類があります。また、すべりのよいジェル、さらっとしたリキッド、肌にのせることで柔らかくなるバームなど質感から選ぶこともできます。
さらに、コットンなどに染み込ませて拭き取るタイプやクレンジングが染み込んだシートがあります。 クレンジングの洗浄力は、「オイル系>ジェル系>バーム系>ローション系」の順で洗浄力が高くなっています。しかし、洗浄力が高いものにはアルコールなどの添加物が含まれていますので、敏感肌の方は成分をよく確認してから購入するようにしましょう。
「洗顔料」にも「ペースト」「固形」「泡」などさまざまなものがあります。洗顔料の洗浄力は「泡」がポイントです。泡立てしやすく、自分の肌質に合った洗顔料を選ぶようにしましょう。


定期的にピーリングする

毛穴が目立つときは「ピーリング」も取り入れてみましょう。ピーリングで古い角質を取ることで、汚れやくすみが改善されていきます。主なピーリングの種類には、以下のようなものがあります。

石けんタイプ
洗顔石けんのなかに、ピーリングの成分が配合されているタイプです。洗顔と同時にピーリングができるため、毎日使うこともできます。ただし、ピーリング成分はそれほど強くないものが多い傾向にあります。
塗るタイプ
顔にピーリング成分を塗ってピーリングするものです。塗った後に洗い流す「液状のタイプ」と塗ったあとに「拭き取るジェルやクリームタイプ」の2種類があります。使用頻度は週1回程度が目安です。石けんタイプよりもピーリング効果が強い傾向になっています。

ただし、ピーリングをやりすぎてしまうと肌の乾燥や炎症につながります。肌ダメージは、肌のキメまで失われてしまうことがあるため注意しましょう。


洗顔後の保湿を十分に行う

洗顔後は、化粧水などで肌の保湿をする必要があります。化粧水の種類と、おすすめの肌質は次のとおりです。

保湿化粧水
コラーゲンやセラミドなど、肌にうるおいを与える保湿成分が配合された化粧水です。
おすすめの肌質:乾燥肌
拭き取り化粧水
クレンジングなどでメイクを落とした後、肌に残った角質や油分などを拭き取る化粧水です。
おすすめの肌質:皮脂肌(オイリー肌)・肌がざらつきやすい方
収れん化粧水
肌や毛穴を引き締めることを目的とした化粧水です。毛穴が開くことで分泌される皮脂や黒ずみを抑える働きがあります。
おすすめの肌質:脂性肌・皮脂肌(オイリー肌)

ほかにも、美白やエイジングケアを目的とした化粧水、ニキビ用の化粧水などもあります。毛穴以外にも気になる悩みがある場合は、自分の肌悩みに合った成分が含まれているものを選びましょう。また、コットンなどに化粧水を染み込ませて「パック」するのも保湿効果を上げてくれます。


洗顔後に毛穴を冷やして収れんさせる

毛穴ケアで大事なことは「開いたままにしない」ことです。毛穴を「冷やして」収れんさせることで、毛穴を引き締めることができます。毛穴が引き締まるのは一時的ではあるものの、毎日のスキンケア方法のひとつとして取り入れてみてもよいでしょう。
顔を冷やして引き締める前に、顔を温めて毛穴を開いてからクレンジングすることで、毛穴の奥の汚れまでしっかり取れるので、より効果を実感したい方におすすめです。
「顔を冷やす方法」としては、冷水で顔を洗うほかに、冷やした化粧水やタオルなどを使うのもおすすめです。温度が低い保冷剤を顔に当てることは、血流が悪くなったり乾燥しやすくなったりする原因にもなるため避けましょう。


食生活の改善やストレスの解消に努める

毛穴を目立たせないためには、生活習慣の改善も大切です。チョコレートなど油分や糖分が多いものは皮脂分泌を促し、毛穴が詰まる原因につながります。そのため、食べすぎには注意しましょう。ビタミンCが豊富なフルーツや、たんぱく質を含む肉などをしっかり摂取してバランスのよい食生活を送ることが大切です。
ストレスも、肌の老化が進んでしまう原因になることがあります。十分な睡眠や適度な運動のほか、リフレッシュできる時間をつくるなどストレス解消を心掛けましょう。


ニキビや毛嚢炎に悩む場合は専門家の力を借りたほうがよいケースもある

毛穴にまつわるトラブルにはニキビのほかに、毛穴が炎症を起こして膿ができてしまう「毛嚢炎(毛包炎)」などもあります。ニキビや毛嚢炎は、自分でケアをしてより症状が悪化してしまう可能性もあります。
ニキビや毛嚢炎を繰り返す場合、早めに皮膚科を受診しましょう。専門家の力を借りたほうが適切な治療を受けることができるので、はやく回復する可能性があります。


角栓の除去にはオイルマッサージも効果的

毛穴の「角栓」を取り除きたい場合、オイルを使ったマッサージという方法があります。市販の綿棒と、オリーブオイルなど自宅にあるオイルでできるマッサージです。
綿棒の先にオイルを染み込ませて、気になる毛穴を優しくマッサージします。オイルの量が足りない場合、直接塗ったり、綿棒につけるオイルの量を増やしたりしてみましょう。オイルを塗った後はティッシュなどで拭い、ぬるま湯で顔を洗います。マッサージの後は、化粧水などで保湿するのを忘れないようにしましょう。


日焼け対策を忘れない

「毛穴の黒ずみ」は、「角栓の酸化」以外に日焼けも要因となります。日焼けなどによって肌が刺激されると、肌を守るためにメラニン色素が生成されます。通常ターンオーバーでメラニン色素は薄くなっていきますが、そのまま色素沈着してしまうことがあります。この色素沈着したものが毛穴の黒ずみとなり、目立つようになります。
色素沈着による毛穴の黒ずみを防ぐためには、日焼け対策を欠かさずに行うことが必要です。「日焼け止めを塗る」「日傘や帽子を使う」などのほか、紫外線を浴びたら肌を冷やして炎症を抑える、洗顔や保湿などのスキンケアを行うことも大切です。

毛穴レスのためのクレンジング・洗顔料の選び方

毛穴レスのためのクレンジング・洗顔料の選び方

「毛穴ケアのためには「メイク汚れをしっかり落として」「肌への負担が強すぎない」クレンジングや洗顔料を選ぶのがポイントです。ただし、洗浄力で選ぶと刺激が強く自分の肌には合わないこともあります。敏感肌の人はパッチテストしてから使用することをおすすめします。
ここでは、毛穴レスのためのクレンジングや洗顔料を選ぶ際のポイントについて解説します。

十分な洗浄力はあるか?

洗浄力が強く、汚れをきちんと落とせるクレンジング・洗顔料を選ぶようにしましょう。洗浄力が不十分なクレンジングや洗顔料の場合、落としきれない汚れが顔に残ったり毛穴に入り込んだりして角栓となってしまうことも考えられます。
メイクだけでなく、毛穴汚れも落とせるクレンジングや洗顔料を選ぶことをおすすめします。ただし洗浄力が強すぎるタイプだと、クレンジングと洗顔をダブルで行うことで肌に負担をかけてしまう可能性があります。ダブル洗顔不要なタイプを選ぶなど工夫しましょう。


刺激が強すぎないか?

肌質によって、合うクレンジングや洗顔料は異なります。評判のよいものであっても、それが自分の肌に合うかどうかは別です。たとえば、 使用後に肌がヒリヒリしたり、つっぱったりする場合、自分の肌に合っていないことが考えられます。
その場合は早めに使用を中止し、肌に優しいクレンジングや洗顔料を選ぶことをおすすめします。低刺激のクレンジングや洗顔料でも、汚れを落とせるものはあります。成分や特徴などを比較して選ぶとよいでしょう。
肌に優しいクレンジングや洗顔料を選ぶ目安のひとつとして、「石油系界面活性剤」が使われていないものを選ぶ方法があります。「石油系界面活性剤」は肌に刺激を与え、肌荒れなどを引き起こす原因になることがあるためです。
マナラのホットクレンジングゲルは「石油系界面活性剤」をはじめ、「着色料」、「鉱物油」、「エタノール」などの成分が無添加ですので、肌が弱い方でも安心して使っていただけます。

隠すはずのファンデが毛穴を目立たせている?!

隠すはずのファンデが毛穴を目立たせている?!

肌に優しい「ファンデ」やカバー力が高い「化粧下地」など、「毛穴」を隠してくれるメイク品はたくさんあります。
しかし、本来であれば気になる毛穴を隠すはずが、かえって目立たせる原因になっているケースもあります。ここでは、 カバー力のあるファンデを使用する際のクレンジングのコツについて解説します。

崩れにくいファンデ=洗顔でも落ちにくい

汗や水などに強いファンデや、長時間つけていても化粧崩れしやすいファンデなどは一見、魅力的に見えます。しかし、 崩れにくいファンデは、クレンジングや洗顔をしても落ちにくいとも言えます。
毛穴のなかに入ったファンデを落としきらないと、ファンデの成分と皮脂が混ざり合って角栓になってしまいます。
毛穴が角栓で詰まって目立つと、毛穴を隠すために再びファンデを厚く塗り重ねることになります。メイク汚れがきちんと落とせないと、いつまでも毛穴が気になり続けることもなります。


肌が弱い場合には洗浄力の強い洗顔・クレンジングが使えない

カバー力の強いファンデを使っている人の場合「しっかりとメイクを落としたい」と考え、洗浄力が強いクレンジングを選んでいるかもしれません。しかし、洗浄力が強いクレンジングには、肌への刺激が強い「石油系界面活性剤」が使われていることがあります。
「石油系界面活性剤」が含まれたスキンケア用品や化粧品などを「肌の弱い人」が使うと、肌荒れなどを引き起こす可能性があります。そのため肌が弱い人は、洗浄力が強いクレンジングはおすすめできません。
「肌が弱い人」は、メイクもちや崩れにくさを重視した「ファンデ」を選ぶよりも、メイクを落とすときの肌ダメージが少ない「クレンジング」を重視する方が毛穴レス肌への近道です。


毛穴を開かせてからクレンジングすると◎!

毛穴を開いてからクレンジングを使うことで、毛穴のなかに入ったファンデーションや古い角質などが落としやすくなり、毛穴の黒ずみを防ぐことにつながります。毛穴を開かせるには、顔を温めることです。顔を温めるためには「クレンジングの前にお風呂に入る」「蒸しタオル」を使うなどの方法があります。

500W~600Wの電子レンジで、水に濡らして絞ったタオルを30秒~1分程度加熱する。※顔にのせる際は、やけどをしないよう注意してください。


時間がない!クレンジングと時短の質を両立できる〈ホットクレンジングゲル〉

「メイクや毛穴の汚れを落としたいけれど、忙しくて時間をかけられない」というときは、マナラの〈ホットクレンジングゲル〉がおすすめです。温感ゲルで顔を温めることでメイクや毛穴汚れをしっかり絡めとって落としてくれて、毛穴ケアまでしてくる優れもの!
「石油系界面活性剤」を使用していないので、肌が弱い人でも安心してお使いいただけます。美容成分もたっぷり含んでいるので、毛穴の汚れを落としながら肌のケアができます。ダブル洗顔不要で、時短にもなるのが魅力の1つです。

毛穴を目立たなくする洗顔はどのくらいで効果が出るか?

「肌の古い細胞が剥がれ落ち、新しい細胞と入れ替わることを「ターンオーバー」と呼びます。「ターンオーバー」は、約6週間のサイクルで行われています。また、皮脂やメイクの汚れ、古い角質などが蓄積して角栓となるまでには5日間ほどかかります。
そのため、正しい方法でクレンジングや洗顔を行う習慣をつけたら「すぐに」毛穴が目立たなくなるというわけではありません。効果を実感できるようになるまでには、ある程度の期間が必要です。「クレンジングや洗顔をしているのに毛穴が目立つ」から言って、焦ったりあきらめたりせず、数カ月単位で考え続けていきましょう!

まとめ

毛穴が目立つ原因にはいくつかありますが、皮脂の分泌を抑えたり、汚れを落としたりすることで予防できます。自分の肌質に合ったクレンジングでしっかり汚れを落とし、毛穴を引き締めることがポイントです。
しかし、クレンジングや洗顔を行うことで、すぐに毛穴が目立たなくなるわけではありません。継続することによって毛穴が目立ちにくくなります。
蒸しタオルで毛穴を開かせることも有効な方法ですが、時間がない場合は毎日行うことが難しいかもしれません。マナラの〈ホットクレンジングゲル〉は、蒸しタオルを用意せずとも顔を温めて汚れを落とすことが可能です。手間が省け、効率よく毛穴ケアしたい人に向いています。毛穴が気になる人は、マナラの〈ホットクレンジングゲル〉を試してみてください。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン