2020.10.06

毛穴パックで取れない頑固な「角栓」ともおさらば!

  • 毛穴
  • 毛穴黒ずみ
  • いちご鼻
毛穴パックで取れない頑固な「角栓」ともおさらば!

鏡を見るたびに気になる「角栓」…。なんとかしようと「毛穴パック」使ってみたけど、「思うよう効果が出なかった…。」という方もいるのではないでしょうか。 この記事では、効果的な「毛穴パック」の使い方やそのリスクをはじめ、毛穴パック以外の効果的な毛穴ケア方法をご紹介します。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン

その「毛穴パック」の使い方あってる?

その「毛穴パック」の使い方あってる?

「毛穴パック」は間違えた方法で使用していると、思うように汚れが取れなかったり、さらに毛穴が開いたりすることも…。 まず、「毛穴パック」の使用方法が正しいかどうかを確認してみましょう!

STEP1:洗顔をする

最初に肌の皮脂や角質などの汚れを落とします。顔に付着している汚れを洗顔して落とすことで、毛穴パックの効果アップに期待できるでしょう。洗顔料をたっぷりと泡立てて、顔の汚れを泡で吸着させるようにやさしく洗顔するのがコツです。

STEP2:一度水気をタオルドライしてから適量の水で鼻を濡らす

洗顔後は顔の水気をタオルドライします。このとき、タオルでやさしく押さえるようにして水気を取ることがポイントです。手の水気もしっかりと取ったあとに毛穴パックを準備します。そのあと適量の水で鼻をまんべんなく濡らしましょう。

STEP3:隙間がないように貼ってそのまま待つ

鼻の凹凸に合わせて毛穴パックを貼ります。空気を押し出し、毛穴パックを密着させるようにして貼ることがポイントです。毛穴パックが水で濡れると効果が半減するので、パックを貼る前に手の水気をふき取りましょう。毛穴パックの目安時間は春・秋・冬は約5~10分、夏は約10~15分です。

STEP4:横方向からゆっくりと剥がす

片側から一気に剥がすと毛穴の中の角栓が残ってしまう可能性があります。鼻の両側から鼻と同じ角度になるように時間をかけてゆっくりっと剥がしていきましょう。一気に毛穴パックを剥がしたい気持ちもわかりますが、ここで焦りは禁物です。

ポイント1:乾かしすぎに注意

乾き過ぎてカピカピになった毛穴パックを剥がすと肌を傷つけてしまうかもしれません。目安時間を参考にして、乾き過ぎないように気をつけましょう。もしも、乾かし過ぎてしまった場合は、霧吹きなどで毛穴パックを濡らすことがポイントです。毛穴パックを柔らかくしてから剥がすとよいでしょう。

ポイント2:パックをしたあとはしっかり保湿をする

毛穴パック後の肌はとても敏感になっています。化粧水や乳液を使ってしっかりと保湿しましょう。化粧水や乳液は普段使いのものでかまいません。毛穴パック後の肌をしっかりと保湿することで、肌を落ち着かせます。

実は「毛穴パック」は危険なスキンケア方法のひとつでもある

実は「毛穴パック」は危険なスキンケア方法のひとつでもある

毛穴パックを無理やり一気に剥がしたり、毛穴パックを必要以上に乾燥させて剥がしたりすると、強い負荷がかかり肌や毛穴を傷つける恐れがあります。危険なスキンケアにならないように、使用方法や注意点を守って、正しい方法で使用しましょう。

「毛穴パック」で取れない「頑固な角栓」を除去する方法

「毛穴パック」で取れない「頑固な角栓」を除去する方法

「毛穴パック」をしても、取りきれない頑固な「角栓」が残る場合もあります。「角栓」が残っているからといって、毛穴パックを頻繁に使用すると肌に傷がついてしまうことも…。傷ついた肌は新たな肌トラブルを招く原因にもなるので要注意!
ここでは毛穴パック以外の頑固な角栓を取る方法をご紹介します。頑固な「角栓」が気になる方は実践してみてください!

その1:蒸しタオルで毛穴を開かせてからの洗顔で除去する

蒸しタオルを洗顔前に肌に乗せることで、毛穴が開きます。毛穴が開いた状態で洗顔できるので、毛穴の中の深い汚れまで落とすことが可能です。ほかにも、蒸しタオルには毛細血管の血流をよくし、肌のターンオーバーを促進する効果もあるといわれています。
肌にうれしい効果のある蒸しタオルの作り方は次のとおりです。

■蒸しタオルの作り方

  1. フェイスタオルを水で濡らして絞ります。目安は、水が垂れなくなる程度です。
  2. 軽くたたんで丸めてラップで包みます。
  3. 電子レンジでタオルを温めましょう。目安時間は、500~600ワットで約30秒です。熱すぎる場合は火傷をするおそれがあります。少し冷ましてから使用しましょう。

その2:オリーブオイルと麺棒でマッサージして除去する

オリーブオイルと綿棒を使って、角栓が気になる部分をマッサージする方法です。綿棒で角栓を押し出し、オリーブオイルで角栓を溶かしてきれいにします。マッサージの方法は次のとおりです。

■オリーブオイルと綿棒を使ったマッサージ方法

  1. 洗顔をし、顔の汚れをしっかり落とします。オイルを使用するので、洗顔後は水気を丁寧にタオルオフしましょう
  2. 綿棒にオリーブオイルをしっかりとしみ込ませます。
  3. 綿棒をコロコロと転がすようにして、鼻全体をやさしくマッサージしましょう。肌の乾燥が気になる方は鼻にもオイルを塗るとマッサージしやすくなります。強くこすらないようにするのがポイントです。
  4. オイルをふき取り、ぬるま湯でオリーブオイルを落としましょう。仕上げに冷たい水で洗顔すると毛穴が引き締まる効果も期待できます。
  5. 洗顔後は肌が乾燥するリスクが高い状態です。肌の乾燥を防ぐためにも化粧水や乳液などでしっかりと保湿しましょう。

その3:重曹パックで除去する

重曹パックも頑固な毛穴汚れには効果的だといえます。重曹は弱アルカリ性なので、タンパク質の汚れである角栓を分解してきれいにしてくれる効果が期待できるでしょう。タンパク質を分解する力は、ピーリング効果も期待できます。重曹パックの作り方は次のとおりです。

■重曹パックの作り方

  1. 清潔な容器に重曹を大さじ2杯入れます。
  2. 大さじ1~2杯の水を入れて混ぜましょう。目安は顔に塗って垂れない程度の硬さです。。
  3. 顔に塗ったあと、約10分放置します。
  4. 30~40度のぬるめのお湯できれいに洗い流しましょう。
  5. 洗顔後は肌が乾燥するリスクが高い状態です。肌の乾燥を防ぐためにも化粧水や乳液などでしっかりと保湿しましょう。

重曹には研磨作用があります。肌が弱い方は肌トラブルを招く原因になるかもしれません。パッチテストをするなどして、使用前にきちんと確認しておきましょう。

その4:酵素洗顔で定期的にピーリングする

酵素洗顔料は、酵素が配合されている洗顔料です。酵素にはタンパク質や皮脂を分解する働きがあります。酵素洗顔を使用することで、毛穴に溜まった汚れをしっかりと取り除いてくれる効果が期待できるでしょう。
マナラの<ツルリナウォッシュ>は「酵素」配合の洗顔料です。ピーリング効果もあり、毛穴の頑固な角栓を除去してくれる効果を期待できるでしょう。「うるおいオイル」が配合されており、ピーリング特有の肌がつっぱりとする感覚はありません。酵素のほかにも「クレイ」が配合されており、「酵素」と「クレイ」のダブル効果で毛穴をきれいにしてくれます。

【気になる角栓をごっそり!<ツルリナウォッシュ>】

気になる角栓をごっそり!<ツルリナウォッシュ>

なぜ「毛穴パック」で取れないような「角栓」ができるのか?

なぜ「毛穴パック」で取れないような「角栓」ができるのか?

毎日しっかりクレンジングや洗顔をしているのに、なぜ頑固な角栓ができてしまうのでしょうか?頑固な角栓ができる理由はいくつかあります。心あたりのある原因がないかチェックしてみましょう!

皮脂の過剰分泌

通常、皮脂は肌の水分と混ざり合うことで肌のバリア機能を作ったり、お肌にツヤを出したりする働きをしています。皮脂は過剰に分泌されると皮脂が毛穴を押し開いてしまうので、毛穴が開く原因のひとつとなるようです。
分泌された皮脂をそのままにしておくと、酸化して「過酸化脂質」に変化します。過酸化脂質は毛穴周りの皮膚にダメージを与えるので、こちらも毛穴が開く原因といえるでしょう。皮脂の過剰分泌にはいくつか原因があります。

① 肌の乾燥
肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下します。乾燥した肌は肌の水分が足りていない状態です。肌がバリア機能を復活させようとして皮脂を分泌しても水分とうまく混ざり合わず、皮脂はそこにとどまります。
肌のバリア機能は復活しないままなので再び肌は皮脂を分泌してしまうという悪循環に陥ります。このような肌の働きが皮脂の過剰分泌の原因のひとつといえるでしょう。
② 年齢によるもの
皮脂の分泌はホルモンの働きも影響しています。思春期はホルモンの働きが活発になるので、皮脂が過剰に作られやすくなるようです。
③ 紫外線によるもの
紫外線は肌のバリア機能を壊し、肌のバリア機能がなくなると皮脂が過剰に分泌される原因といわれています。肌の内部にも攻撃が届き、コラーゲンなどを破壊するので肌のハリやツヤを奪ってしまうこともあるようです。肌のハリやツヤが低下すると肌のうるおいも低下するので、乾燥肌の原因にもなるでしょう。

メイクが落としきれていない

自分の「化粧の濃さ」にあったクレンジングを選ばなければ、メイクの洗い残しにつながります。メイクの洗い残しは毛穴に溜まり、皮脂や角質と混ざり合って角栓になってしまい、その角栓が大きくなることで、さらに毛穴が大きくなる原因とされています。
クレンジングにはたくさん種類があります。 「オイルタイプ」は洗浄力の強いものが多くあります。「メイクの薄い方」が洗浄力の強いクレンジングを使用すると、肌のうるおいまで流し過ぎる可能性があるので気をつけましょう。
ウォータープルーフや長時間崩れないファンデーションなどには肌の密着力を強くするために油分が多く含まれています。洗浄力の弱い「ミルクタイプ」のクレンジングなどを使用すると落としきれないメイクの洗い残しが多く肌に残るようです。きちんと自分のメイクの濃さに合ったクレンジングを選びましょう。

こんな記事も!→毛穴ケアにおすすめのアイテムは?選び方も紹介!

指やピンセットで角栓を押し出したりしている

指やピンセットなどで角栓を無理やり押し出したり、毛穴パックを頻繁に使ったりすると、固まっている角栓によって毛穴は刺激を受けます。場合によっては、皮膚の表面に傷がついて炎症を起こすこともあるでしょう。無理やり角栓を抜くと毛穴がぽっかりと開いたままになる可能性もあり、そこに再び角栓が溜まってしまうことも・・。
角栓を押し出すのに指や爪を使用する方もいるかと思いますが、指や爪には雑菌がついているので、無理やり角栓を押し出すことはやめましょう。傷ついた毛穴に雑菌が入ってしまい、化膿してしまうかもしれないので、絶対にやめましょう!

「頑固な角栓」をつくらないためには正しい洗顔が大切!

「頑固な角栓」をつくらないためには正しい洗顔が大切!

毛穴パックで取れない角栓を除去し、予防するには正しく洗顔をすることが重要です。普段、正しい洗顔方法を意識していない方の中には、洗顔方法を間違えている方もいるかもしれません。
間違った洗顔は毛穴が開く原因のひとつです。毛穴トラブル以外にも洗顔はスキンケアの大事な基礎だといえます。正しい洗顔方法を身につけて毛穴レスのきれいなお肌を手に入れましょう。

①蒸しタオルなどで毛穴を開かせる

毛穴の中の汚れをしっかりと落とすために、毛穴を開かせることは重要です。蒸しタオルなどを使用して毛穴を開かせるとよいでしょう。毛穴の気になる部分に蒸しタオルを乗せて軽く30秒程度おさえます。
蒸しタオルの蒸気は毛穴の中の角栓を柔らかくしてくれる効果もあります。熱すぎる蒸しタオルは火傷をしてしまう原因になるので必ず粗熱を取るようにしましょう。

②クレンジング剤を正しい量で、正しい時間使う

クレンジングを使用する前は手を洗って清潔することが重要です。しっかりと水気をふき取った手に適量のクレンジングを出します。クレンジングの量が少ないときれいにメイクを落としきることができません。多すぎても肌に必要なうるおいを奪います。クレンジングの量は適量を心がけましょう。
メイクとクレンジングをなじませる際には赤ちゃんをやさしく撫でるようにくるくるとなじませます。顔の中でも皮膚の薄い目元や口元は力が弱い薬指を使用してメイクを落とすとよいでしょう。

③クレンジング剤をぬるま湯で落とし、洗顔料を泡立てる

クレンジングを30~32度のぬるま湯ですすぎます。お湯が熱すぎると肌に必要な油分なども落としてしまい、肌の乾燥を招く可能性があるため注意が必要です。水気をタオルオフする場合は、やさしくおさえるようにして水気をふき取りましょう。
正しい洗顔のポイントは、洗顔料をしっかりと泡立てることです。泡が肌に付着している汚れを吸着してきれいにしてくれます。

④泡立てた洗顔料で優しく洗う

しっかりと洗顔料を泡立てても、ゴシゴシと力を入れて顔を洗ってはいけません。肌を摩擦することで肌を痛める原因になるでしょう。手を使わずに、泡を使って顔を洗うと意識することが重要です。
たっぷりの泡で肌を少しおさえるように洗うことで毛穴の中の汚れまで泡がいきわたります。泡が毛穴の中の汚れを吸着し、きれいにしてくれる効果も期待できるでしょう。皮脂の分泌の多いTゾーンから洗顔を初めて、フェイスラインに沿うように泡で洗顔します。洗顔の目安時間は30秒ほどです。

⑤ぬるま湯で落として優しく水気をタオルオフする

クレンジングを洗い流すときのお湯よりも少し冷たいくらいのぬるま湯で泡を落としましょう。泡を落とすときも顔を強くこすってはいけません。水で泡を溶かすようにして落とすのがポイントです。
特に小鼻やフェイスライン、髪の毛の生え際などは洗い残しが多い部分だといえます。泡が見えない状態でも洗顔料が残っている場合があるので、念入りにすすぎましょう。

⑥化粧水、乳液で保湿する

洗顔後は化粧水や乳液でしっかりと保湿することが重要です。保湿を怠ると、乾燥肌になるリスクが高まります。乾燥肌は皮脂の過剰分泌を招くため、毛穴が開く原因のひとつです。しっかりと保湿をしましょう。
毛穴を引き締めたい方は冷やした化粧水を利用すれば、毛穴が引き締まる効果が期待できます。肌を冷やし過ぎると肌が委縮して保湿成分や美容成分が肌に浸透しません。冷水程度の冷たさが目安です。冷やし過ぎには注意しましょう。

毛穴パックが不要になるマナラの<ホットクレンジングゲル>

毛穴パックが不要になるマナラの<ホットクレンジングゲル>

毛穴パックは正しい使用方法を守らなければ、肌を傷つけたり、毛穴が広がったりしてしまう可能性があります。毛穴パックを使用しなくてもマナラの<ホットクレンジングゲル>を使用すれば、毛穴の角栓を除去することが可能です。
マナラの<ホットクレンジングゲル>は毛穴ケアにぴったりのケアアイテムです。ここではマナラの<ホットクレンジングゲル>の効果や配合成分などについてご紹介します。

美容液成分91.3パーセント配合

マナラのホットクレンジングゲルの中には、美容液成分が91.3パーセント配合されています。メイクを落としながら、肌を守る効果が期待できるでしょう。日本のスキンケアアイテムで初めて「ケアナリア」成分を配合しています。「ケアナリア」は毛穴の悩みの原因といわれている「悪玉皮脂」を「善玉皮脂」に変化させる効果が期待できる成分です。
「善玉皮脂」は天然のクリームと呼ばれており、毛穴の黒ずみや角栓、毛穴の開きなどの改善に効果が期待できるといわれています。ほかにも、肌の奥まで浸透する「加水分解コラーゲン」や透明感のある素肌に導いてくれる「ハイドロキノン誘導体」など、肌にうれしい成分が入っているのもポイントです。

蒸しタオル不要、ダブル洗顔不要

<ホットクレンジングゲル>には蒸しタオルは必要ありません。「温感ゲル」が肌を温めてくれるので、メイクを落としながら毛穴を開かせてくれます。
<ホットクレンジングゲル>に配合されている「カプセル化パパイン酵素」が肌の不要な角質はもちろん、毛穴の奥の角栓にも届いてくれます。しっかりと汚れをからめとってくれるので、ダブル洗顔は必要ありません。ダブル洗顔をしてしまうと、肌に必要な成分まで洗い流してしまうので、乾燥肌になるリスクが高まります。

無添加だから肌に安心で優しい

マナラの<ホットクレンジングゲル>は「無添加」で肌にやさしい商品です。石油系界面活性剤を使用していません。石油系界面活性剤の洗浄力は高いですが、肌に刺激が強い場合もある成分です。<ホットクレンジングゲル>には、石油系界面活性剤の代わりに「植物由来の界面活性剤」を「最小限配合」しています。
肌にやさしい洗浄成分なので、メイクや肌に付着している汚れをしっかりと落としながら、肌のうるおいを逃がさない効果もきたいできます。厳選した配合成分を使用しており、次の七つの添加物を使用していません。

  • 着色料
  • 合成香料
  • 鉱物油
  • 石油系界面活性剤
  • エタノール
  • パラベン
  • 紫外線吸収剤

毎日のお手入れで毛穴パックとさよならしよう!

毎日のお手入れで毛穴パックとさよならしよう!

毛穴パックを使用すれば、一気に毛穴の中に溜まっている角栓を取り除くことが可能です。中には、一度で角栓が取りきれずに何度も使用してしまうという方もいるでしょう。誤った使い方は、毛穴がさらに開く原因だといえます。
毎日、正しい方法でクレンジングや洗顔、保湿をすることで毛穴の開きは改善できるでしょう。正しいお手入れを毎日したほうが肌にもやさしく、傷つける心配はありません。正しい方法のスキンケアを実践して、毛穴のレスのお肌を目指しましょう!

まとめ

まとめ

毛穴の開きは毎日のスキンケアやメイクの際に気になる方が多いのではないでしょうか。気になるからといって、間違った毛穴ケアを実践すると、毛穴がさらに開いてしまうかもしれません。
毛穴パックのように一度で角栓をきれいにできるケア方法は便利だといえますが、肌にかかる負担も考えなければなりません。毎日しっかりと正しいお手入れを実践すすることは、毛穴レスの肌へのまっすぐな道です。お手入れの効果が出るのに早い方もいれば、遅い方もいます。地道に正しいスキンケアを続けて毛穴の目立たないきれいな肌を目指しましょう!
マナラの<ホットクレンジングゲル>は、「無添加」で肌にやさしい商品です。メイクや肌に付着している汚れをしっかりと落としながら、肌のうるおいを逃がさない効果もあります。毎日のスキンケアの際に肌によけいな負担をかけることがありません。毛穴ケアにお悩みの方は、マナラのスキンケアやメイクアイテムをお試しください。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン