2020.09.01

【毛穴がなくなる!?】とっておきの方法教えます!

  • 毛穴
  • 黒ずみ毛穴
  • 綿棒
>ぶっちゃけ「ニキビ肌」にマナラホットクレンジングゲルってどうなの?

鏡で自分の顔を見たときに目に飛び込んでくる「開いた毛穴」「黒ずんだ毛穴」「たるんだ毛穴」…。中には「毛穴ケア」をしているのに効果が出ずに悩んでいる方もいるのでは?そんな方は、間違えた毛穴ケアをしているかもしれません。
「毛穴の開き」「毛穴の黒ずみ」「毛穴のたるみ」には肌のタイプや加齢など、原因はさまざまです。毛穴が目立つ原因をきちんと把握することで「正しいスキンケア方法」が実践できるでしょう。
この記事では、毛穴が目立つ原因や、毛穴レスを目指すための方法についてご紹介します。正しい毛穴ケアの方法を知って、自分に合ったケアをすることで毛穴レス肌を目指しましょう!

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン

毛穴が大きく開いて見えるのはなぜ?

毛穴が大きく開いて見えるのはなぜ?

毛穴が大きく開いて見える原因はひとつだけではありません。ここではその代表的な5つの原因を説明していきます。 まずは自分の肌やスキンケアのどこに原因があるのかを見つけましょう。

原因1.皮脂が過剰分泌されている

10代でニキビに悩んでいる方の多くは、「オイリー肌」である場合が多いようです。オイリー肌とは「肌の皮脂の分泌量と水分量が多い状態」のことをいいます。
成長期である10代は「ホルモンバランスの影響」で皮脂の分泌量が増加します。過剰分泌した皮脂が毛穴を詰まらせ、ニキビができやすい状態の肌になります。そのほか「乱れた食生活」や「生活習慣」、「ストレス」、「間違ったスキンケア」などもオイリー肌になる原因です。

原因2.メイクなどの汚れが落とし切れず詰まっている

洗顔前にメイク用のクレンジングを使用してメイクを落としている方が多いでしょう。クレンジングを使用していても、「メイクを落とし切れない」場合があります。肌に残ったメイクが毛穴に入ると皮脂と混ざり合って「角栓」になります。

原因3.毛穴パックなどの毛穴にダメージがかかる方法を多用している

毛穴が気になる方の中には、角栓を除去する方法として毛穴パックなどを使用している方もいるのではないでしょうか。毛穴パックの「使用方法」や「使用後のケア」を間違えてしまうと、毛穴がぽっかり開いたままになってしまうので注意が必要です。

原因4.肌が乾燥している

乾燥肌の場合は肌の水分が少ないため、バリア機能を回復させるために水分を失うのを防ごうと皮脂が分泌されます。乾燥肌の方でも「皮脂が過剰分泌」される傾向にあるのはそのためです。肌のバリア機能を復活させるための皮脂の過剰分泌が、毛穴が開く原因になることもあります。

原因5.年齢により肌がたるんできている

頬などで、開いた毛穴が涙型の楕円形をしている方もいるのではないでしょうか。そのような場合、「加齢によるたるみ」が原因だといえるでしょう。
加齢によって女性ホルモンの分泌が減り、因果関係にある肌のハリや弾力を保つコラーゲンなどの量も減少して、肌はたるんでいきます。肌のたるみは涙型の毛穴になる主な原因です。

毛穴が目立たなくなるスキンケアの基本

毛穴が目立たなくなるスキンケアの基本

「開いた毛穴」や「黒ずんだ毛穴」を目立たなくするにはスキンケアが重要です。しっかりとスキンケアをしているつもりでも、遺伝的要素で毛穴が目立ちやすい人もいます。そうした場合でもケアが自分に合っていれば、毛穴を目立たなくすることは可能です。
こちらでは、毛穴が目立たなくなるスキンケアの基本をご説明します。毛穴は目立たなくできるため、自分の日ごろのスキンケアと比べてみて必要な場合は改善していきましょう。

① クレンジングや洗顔は自分に合ったものを使う

毛穴にメイク汚れを残さないためには「クレンジング選びが重要」です。クレンジングはメイクの濃さによって使用するタイプを選びましょう。濃いメイクに洗浄力の低いメイク落としを使用すると、メイクが肌に残って毛穴が目立つ原因になる可能性もあります。
濃いメイクと薄いメイクについてまとめたので、ぜひ参考にしてください。

濃いメイク

【ベースメイク】
ウォータープルーフのファンデーション
リキッドファンデーション
日焼け止め
コンシーラーなど
【アイメイク】
重ね付けしたマスカラ
ウォータープルーフのアイライナーなど

薄いメイク

【ベースメイク】
ミネラルファンデーション
パウダーファンデーション
BBクリームなど
【アイメイク】
お湯で落とせるマスカラ
薄いアイメイク

自分のメイクが判断できたら、メイクの濃さと肌質に合ったタイプを選びましょう。クレンジングの種類を洗浄力の高い順番にまとめてみました。

洗浄力 クレンジングの種類 クレンジングに合う肌質
洗浄力が高い オイルクレンジング 普通肌
リキッドクレンジング オイリー肌・普通肌
水クレンジング 普通肌
ジェルクレンジング オイリー肌・混合肌・普通肌
クレンジングバーム オイリー肌・混合肌・普通肌・敏感肌
クリームクレンジング 乾燥肌・混合肌・普通肌・敏感肌
洗浄力が低い ミルククレンジング 乾燥肌・混合肌・普通肌

「洗浄力の高いクレンジングになればなるほど、肌への負担は強くなります。」クレンジングは、肌質だけを重視すればよいというものではありません。メイクの濃さに合った洗浄力のものを使わなければ、落とし切れないメイクが肌に残る可能性があります。
アイメイクだけ濃い場合などは、ポイントメイク落としを使用するなど工夫をするとよいでしょう。またクレンジング前に蒸しタオルを顔にあてておくことで、毛穴の汚れを落としやすくなります。

② クレンジングや洗顔は優しく丁寧にする

メイクの落とし方や洗顔方法も重要です。メイクをしっかり落としたいからといって、顔をゴシゴシとこすってはいけません。「力を入れてこすると摩擦によって肌に負担がかかります。」赤ちゃんの肌をやさしくなでるようなイメージで、メイクとクレンジングをなじませて落としましょう。
洗顔もゴシゴシと力を入れて洗ってはいけません。「洗顔料をしっかりと泡立てる」こともポイントです。泡立てた洗顔料を肌にのせて、泡に汚れを吸着させるように洗いましょう。泡で肌をなでるようなイメージで洗顔するとよいでしょう。
力を入れすぎると、刺激となって毛穴を痛めてしまうおそれがあります。力を入れずに、優しく丁寧な洗顔を心がけましょう。

③ 洗顔が終わったらしっかり保湿する

洗顔後の肌は乾燥しやすい状態で、「保湿を怠ると肌が乾燥」します。肌の乾燥は、肌のバリア機能を低下させる原因のひとつです。肌のバリア機能である「皮脂膜」を作ろうと、肌は皮脂を分泌します。
水分が少ないと、皮脂膜はできません。皮脂膜ができなければ、肌はどんどん皮脂を分泌して、「毛穴のトラブルが悪化」してしまいます。洗顔後は、すぐに保湿することを心がけましょう。

④ 毛穴を引き締めるために冷やす

洗顔後は、毛穴を引き締めるために肌を冷やすと効果的です。冷やした化粧水や保冷パックを使用するとよいでしょう。
収斂化粧水の使用もおすすめです。収斂化粧水には「皮脂の分泌を抑え、肌を引き締める効果」があります。毛穴の広がりが気になる部分に収斂化粧水を使用するとよいでしょう。
収斂化粧水は肌を引き締める効果を期待できるものです。保湿効果の高い化粧水で肌を整えたあとに、収斂化粧水を使用しましょう。

⑤ 角栓が気になる場合は定期的なピーリングを行う

正しい洗顔方法やスキンケアを実践しても角栓が気になる方もいるのではないでしょうか。定期的なピーリングも、毛穴のケアにおすすめです。
毛穴パックは正しい使用方法でないと肌に負担をかけてしまう場合があるため、あまりおすすめではありません。角栓が気になる場合には、手軽に使用できる「酵素洗顔」や「クレイ洗顔」をするとよいでしょう。
酵素洗顔はその名のとおり「酵素が配合された洗顔料」です。毛穴に詰まっている古い角質や汚れなどを取り除く効果が期待できます。
クレイ洗顔とはミネラルなど「美容効果のある専用の泥」が入った洗顔料です。天然の泥の成分が肌や毛穴に詰まった汚れを吸着してきれいにします。「洗浄しながら肌に保湿成分が残る」のもクレイ洗顔の特徴といえるでしょう。

⑥ 生活習慣に気をつけて毛穴レスを目指す

毛穴を目立たせなくするには、生活習慣にも気をつける必要があります。運動をして汗をかくと体の代謝がよくなります。「血の巡りの改善は肌のターンオーバーを促す効果」を期待できるでしょう。
運動不足の場合は、新陳代謝が低下して肌のターンオーバーが正常に行われません。肌に残った古い角質が毛穴に詰まって角栓となり、毛穴が広がる可能性があります。
ストレスも毛穴が開く原因です。「ストレスは自律神経のバランスを乱します。」脳下垂体から副腎皮質ホルモンが多く分泌され、男性ホルモンの分泌が高まる傾向があります。男性ホルモンは皮脂の分泌を促す働きがあるので、毛穴が開く原因のひとつになるといえるでしょう。
乱れた食生活も毛穴の開きに影響を与えます。「食事から摂取する栄養素は、スキンケアにも効果を期待できます。」正しい生活習慣が毛穴レス肌はもちろん、肌作りの基礎になるといえるでしょう。

毛穴が目立たなくなる食生活とは

毛穴が目立たなくなる食生活とは

食事から栄養を摂取することも、毛穴を目立たせなくするには大切です。毛穴を目立たなくする効果も期待できる「肌トラブルを改善してくれる栄養素」があります。
バランスよく食事に取り入れることで、毛穴が目立たない肌を手に入れられるでしょう。スキンケアに効果があるからといって、そればかり食べていては栄養に偏りが出てしまいます。バランスのとれた食事になるように心がけましょう。

オイリー毛穴には「ビタミンB2」「不飽和脂肪酸」「食物繊維」

オイリー肌で毛穴に悩む方には、次の栄養素を摂取することをおすすめします。

ビタミンB2
成長促進に欠かせないビタミンであり、別名「発育ビタミン」とも呼ばれています。皮膚、髪の毛、粘膜などの細胞再生を助ける働きがあります。肌の正しいターンオーバーが期待できるでしょう。ビタミンB2はレバーやアーモンドなどに多く含まれています。
不飽和脂肪酸2
脂肪酸の一種で、サバ、オリーブオイルなどに多く含まれています。血管を柔らかく保つ働きや、細胞壁の構成に使用される栄養素です。「肌の細胞を作るために必要な栄養素」だといえるでしょう。不飽和脂肪酸は人間の体内で作り出せない栄養素ので食事から摂取しなければなりません。
食物繊維
食物繊維は、水分を吸着して便を柔らかくする効果があります。食物繊維により便の量が増えることで、腸が刺激されて便意が起きやすくする効果も期待できる栄養素です。食物繊維は大豆製品や、きのこなどに多く含まれています。

黒ずみ毛穴には「カロテノイド」「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」「亜鉛」

毛穴が黒ずむ原因のひとつに酸化があげられます。肌のターンオーバーが正常に行われないと、角栓の酸化が進む原因となるでしょう。皮脂の分泌が増加すると角栓の量も増えることがあるので、毛穴が大きく開く原因だといわれています。 こちらは毛穴の黒ずみに対する効果が期待できる栄養素です。

カロテノイド
活性酸素による攻撃から肌の細胞を守る効果をもっている栄養素です。「毛穴の黒ずみを防ぐ」だけではなく、「肌の細胞を守るアンチエイジング効果」も期待できます。カロテノイドが含まれている食品は、パプリカ(赤)やホウレンソウなどです。
ビタミンA
目や皮膚の粘膜を健康に保つ働きや、抵抗力を高くする効果のある栄養素です。「肌のターンオーバーを活性化」する効果もあります。ビタミンAが多く含まれている食品は、鶏レバーやウナギなどです。
ビタミンC
肌を作るために必要な「コラーゲンを作るサポート」をしてくれる栄養素です。コラーゲンの材料となるタンパク質と合わせて摂取したい栄養素だといえます。
抗酸化作用もあるので、活性酸素の働きを抑える効果も期待できるでしょう。ビタミンCが多く含まれている食品は、イチゴやブロッコリーなどです。
ビタミンE
肌のバリア機能を高める」効果があります。「抗酸化作用」もあるので、活性酸素の働きを抑えるアンチエイジング効果にも期待できる栄養素です。皮脂の酸化を防げるので、毛穴の黒ずみの改善につながるでしょう。ビタミンEを多く含む食材は、イワシやアーモンドなどです。
亜鉛
亜鉛には抗炎症作用があり、「ニキビの炎症を抑えて肌の免疫力を高めてくれる効果」があります。「肌の余分な皮脂を減らす効果」もあるので、毛穴詰まりを予防する効果も期待できるでしょう。亜鉛を多く含む食材は、肉や乳製品などです。

乾燥毛穴には「タンパク質」「セラミド」「ビタミンA」

肌の乾燥は、水分を保てなくなることが原因のひとつだといわれています。肌のターンオーバーのサイクルも乱れることから、古い角質が溜まりやすく「角栓が大きくなる」原因だといえるでしょう。 こちらの栄養素は、肌の乾燥を改善する効果が期待できます。

タンパク質
身体を作り、健康を保つ働きのある栄養素です。「肌を作る材料」にもなります。タンパク質が多く含まれている食品は、肉や卵などです。
ビタミンA
目や皮膚の粘膜を健康に保つ働きや、抵抗力を高くする効果のある栄養素です。「肌のターンオーバーを活性化」する効果もあります。ビタミンAが多く含まれている食品は、鶏レバーやウナギなどです。
セラミド
セラミドには、「肌の水分量を保ち、バリア機能を高める」作用があるといわれています。セラミドは加齢とともに減少していくので、積極的に摂取しましょう。セラミドが多く含まれる食品は、ヨーグルトやこんにゃくなどです。
抗酸化作用もあるので、活性酸素の働きを抑える効果も期待できるでしょう。ビタミンCが多く含まれている食品は、イチゴやブロッコリーなどです。
ビタミンA
ビタミンAには「皮脂の分泌を改善する機能」があります。肌にうるおいを与えてくれる効果も期待できるため、積極的に摂取しましょう。ビタミンAは、卵や緑黄色野菜などに多く含まれています。

たるみ毛穴には「ビタミンB1」「ビタミンB6」「ビタミンC」

肌のたるみによる毛穴の開きは、肌のハリがなくなることが原因です。人間は年齢を重ねると体内の活性酸素が増加します。増加した活性酸素は「必要な細胞を酸化させる」ことにより、肌や毛穴をたるませてしまうこともあるでしょう。「抗酸化作用」のある栄養素を摂取することで、活性酸素の働きは抑制できます。
こちらの栄養素は肌の乾燥を改善する効果が期待できるため、日々の食生活のなかに取り入れていきましょう。

ビタミンB1
「肌のターンオーバーを促進」する働きがあります。体内で糖質がエネルギーに変わる際にフォローする働きもあるようです。ビタミンB1は、豚肉やタラコなどに多く含まれています。
ビタミンB6
ビタミンB6も体の新陳代謝を活性化する働きがあり、「肌のターンオーバーを活性化する働き」があります。ほかにも脂肪の分解をコントロールする働きもしています。ビタミンB6はレバーやニンジンなどに多く含まれている栄養素です。
ビタミンC
ビタミンCは「活性酸素の働きを抑える抗酸化作用」があります。ほかにも「過酸化脂質を作る働きを抑制する効果」も期待できるでしょう。ビタミンCは、鶏レバーやウナギなどに多く含まれています。

毛穴が目立たなくなる表情筋エクササイズは「たるみ毛穴」さんにぴったり!

表情筋を鍛えることも毛穴のトラブルを改善する方法のひとつです。表情筋は顔の皮膚と直接つながっているので、「表情筋が衰えると皮膚も一緒にたるんでしまいます。」
表情筋エクササイズは日常生活の中に取り入れやすいので、実践してみましょう。ご紹介する表情筋トレーニングは、顔のたるみ抑制に効果を期待できます。

表情筋エクササイズの方法(「あいうえお」発音トレーニング)

顔全体を動かすことを意識しながら実践しましょう。エクササイズごとに10秒間表情をキープすることがポイントです。

  1. 「あ」
    「あ」と発音する口の形のまま、さらに口を大きく開きましょう。同時に「目を見開く」ことで、目の周りの表情筋も一緒に鍛えられます。
  2. 「い」
    い」の形に口を開き、ぐっと口角を横に広げましょう。「頬の高い部分の筋肉も合わせてあげるように意識する」のがポイントです。
  3. 「う」
    「う」の口の形のまま、唇を前に突き出すようにします。このとき、一緒に「顔全体を真ん中に寄せるようにして唇を突き出す」のがポイントです。
  4. 「え」
    「「え」と発音する口の形のまま、口角をぐっと上にもち上げるように開きましょう。慣れない場合は、指で口角を上にぐっともち上げるようにすると簡単です。「口角と頬の表情筋を意識」しましょう。
  5. 「お」
    「お」と発音する口の形のまま、さらに縦に開いてみましょう。「ほうれい線や頬のたるみを伸ばすように意識する」と表情を作りやすいでしょう。
  6. エクササイズが終わったら、顔から力を抜いてリラックスさせます。

まとめ

まとめ

毛穴レスの肌にたどりつく期間は、人それぞれに個人差があります。2週間で改善する方もいれば、半年ほどかかる方もいるようです。肌の状態は人によって異なるので、毛穴の開きが改善しないからといって焦る必要はありません。
ゆっくりと時間をかけて肌がきれいになっていく方もいます。毛穴の開きを改善するには、「自分の肌に合うスキンケアを継続する」ことが重要です。正しいスキンケアと規則正しい生活習慣や食生活を意識して、毛穴レス肌を手に入れましょう。 マナラのスキンケアアイテムはお肌にストレスを与えずに毛穴ケアができるものがそろっています。肌にやさしく毛穴ケアを実践したい方はマナラのスキンケアアイテムをぜひお試しください。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン