2020.10.06

【綿棒で毛穴の黒ずみを取るのはやめて!】意外と知らない毛穴の黒ずみの原因と予防法とは?

  • 毛穴
  • 黒ずみ
  • 綿棒

「綿棒+オリーブオイル」の組み合わせで行う毛穴ケアが効果的と評判を集めています。毛穴の黒ずみが気になっている方のなかには、「試してみたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。
しかし実は綿棒による毛穴ケアは肌にダメージを与える危険性が高く、あまりおすすめできません。そこでこの記事では、綿棒で毛穴の黒ずみを取る危険性と黒ずみの原因、予防方法についてご紹介します。 正しい黒ずみ対策を知って、毛穴によるストレスからいち早く抜け出しましょう。

【綿棒で毛穴の黒ずみを取るのはやめて!】意外と知らない毛穴の黒ずみの原因と予防法とは?

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン

綿棒で「毛穴の黒ずみ」を取るのは危険!

綿棒で「毛穴の黒ずみ」を取るのは危険!

どこにでも売っている綿棒で毛穴の黒ずみがケアできると聞けば、飛びつきたくなるのは当然のこと。しかし「綿棒」で毛穴の黒ずみを取ってしまうと、かえって毛穴の症状を悪化させるおそれがあるので注意が必要です。
ここでは、綿棒で毛穴の黒ずみを取ることで起こるおそれのある肌トラブルを具体的に解説していきます。

理由1.角栓の増加につながる

綿棒を使った毛穴ケアとは、「黒ずみのもととなる角栓を綿棒で引きはがす」ということです。綿棒で角栓を引きはがすと角栓とともに必要な皮脂まで取り去ってしまい、皮脂の過剰分泌を引き起こします。
余分な皮脂が毛穴に詰まり角質が増えれば、新たな角栓となって黒ずみをさらに生み出してしまいます・・。

理由2.肌へのダメージがある

肌はダメージを受けると自分自身を守ろうとして「メラニン色素」の生成を促進させます。メラニン色素は黒色の色素であり、肌の黒ずみが発生する原因のひとつです。綿棒による毛穴ケアでは、綿棒と肌との間で起こる物理的な摩擦やオイルに含まれる成分が肌にダメージを与えることも少なくありません。
綿棒による毛穴ケアで生じたメラニン色素が沈着すると、ケアを行う前より黒ずみが悪化することもあるため十分に注意しましょう。

理由3.逆に毛穴が目立つ

綿棒で角栓が取れても毛穴は開いたままです。綿棒によって角栓を無理やり引きはがした毛穴は通常よりも広がった状態で目立ちやすく、当然皮脂やメイクの汚れも詰まりやすいと言えます。
また大きく開いた毛穴には汚れと同様に雑菌も侵入しやすいとされています。ニキビや炎症などの肌トラブルの原因にもなります。

理由4.根本的な解決にならない

綿棒による毛穴ケアは、あくまでも一時的に角栓を取り除くだけの行為です。角栓は完全に不要な物質というものではなく、毛穴を外部の刺激から守る重要な役割を果たしています。角栓は肌のターンオーバーによって常に形成されるもので、綿棒にはこの形成自体を予防する効果はありません。

「毛穴の黒ずみ」の原因って一体何?

「毛穴の黒ずみ」の原因って一体何?

毛穴の黒ずみを見つけるとそのケアにばかり目が行きがちですが、黒ずみができる原因とは一体何なのでしょうか?黒ずみができる原因を理解することで、より効果的な毛穴ケアができるようになります。ここからは、毛穴の黒ずみが起こる原因について詳しく見ていきましょう。

原因1.角栓が酸化している

毛穴の黒ずみが起こる原因としてまず挙げられるのが、詰まった皮脂や汚れを放置したことによる「角栓の酸化」です。肌が乾燥すると肌の水分量を維持するために皮脂が分泌されるのですが、必要量以上に分泌されることもあります。
過剰に分泌された皮脂が取り除かれずに長時間放置されると、空気に触れた皮脂が酸化し毛穴の黒ずみの原因になります。またクレンジング不足によってメイク汚れが肌表面に残ると、皮脂や古い角質を混ざり合って毛穴の詰まりが悪化することも少なくありません。

原因2.メラニン色素

メラニン色素とは日焼けや摩擦などの物理的刺激により肌内部が深刻なダメージを受けることを避けるために生成される物質です。このメラニン色素が毛穴周辺に蓄積して沈着すると黒ずみの原因になることもあります。
特に毛穴の黒ずみに悩む方の多い部位である鼻は、日光に当たる機会が多くメラニン色素の生成・沈着が起こりやすいとされています。日光に含まれる紫外線はメラニン色素の生成を促す働きをする活性酸素を発生させます。日光が当たりやすい部位である鼻は特にメラニン色素の生成が起こりやすくなっているといえるでしょう。
また鼻は顔の中で最も高い位置にあることから摩擦などの物理的な刺激を受けやすい部位ともいえます。摩擦などの刺激によってもメラニン色素の生成が促進されるため、鼻の黒ずみが目立ちやすくなると考えられます。

原因3.毛穴に生えている毛

顔の産毛を処理していないと毛穴が黒ずんでいるように見えることがあります。産毛は毛穴が詰まっていると角栓がふたとなってしまって外に脱落できません。産毛が角栓の中に詰まると毛穴が黒ずんで見えやすくなります。そして徐々に皮脂や角質、産毛などが詰まって角栓が大きくなると毛穴が広がり、より一層黒ずみが目立ってしまいます。
鼻をはじめとしてあごや眉毛の間は特に産毛と角栓による黒ずみが発生しやすい部位といわれています。念入りにケアする必要があるでしょう。

「毛穴の黒ずみ」を予防するには?

「毛穴の黒ずみ」を予防するには?

毛穴の黒ずみを予防するためには適切な毛穴ケアと肌にストレスを与えないよう生活習慣を整えることが大切です。肌に気になるトラブルがあるとどうしてもその部位に対するケアのみを考えてしまいがちですが、毛穴のトラブル改善には体の全体的なケアが欠かせません。
ここでは、毛穴の黒ずみの予防方法として「スキンケア」「肌サイクルの正常化」の2つのポイントをご紹介します。しっかり確認して黒ずみの少ない肌を目指しましょう。

ポイント1.しっかり皮脂・汚れを落とす

毛穴の黒ずみ予防として最も重要なことのひとつが毛穴に詰まった皮脂やメイク汚れをきれいに洗いあげて除去することです。汚れ除去に有効なクレンジングや洗顔料を選ぶようにしましょう。
ケア用品だけでなくケアの方法にも気を付けましょう。クレンジングや洗顔の前に蒸しタオルを使って肌表面の毛穴を広げると効果的に汚れを落とせます。蒸しタオルには血行をよくして肌のターンオーバーを改善する効果もあるためおすすめです。

ポイント2.生活習慣を見直して肌サイクルを整える

正常な肌サイクルを取り戻すためには食生活を見直すとともに睡眠不足や運動不足を解消することが大切です。食生活の乱れや睡眠不足・運動不足は、肌のターンオーバーを乱すおそれがあります。
肌のターンオーバーが正常に機能すれば古い角栓が自然と脱落するため、毛穴の黒ずみに悩むことも少なくなるでしょう。タンパク質やビタミンなどの必要な栄養素をバランスよく含んだ食生活を心がけつつ、十分な睡眠と運動を取るよう生活習慣を見直すことが大切です。

まとめ

まとめ

綿棒による毛穴の黒ずみのケアは肌にダメージを与え、さらなる肌トラブルを招く危険性があるため控えるようにしましょう。毛穴の黒ずみを改善するためには、日々の洗顔やクレンジングをしっかり丁寧に行うことが重要です。
マナラの<ホットクレンジングゲル>は、肌を温めて毛穴を広げ毛穴の汚れを取り除ける画期的なクレンジングです。配合成分のうち美容液成分が91.3%を占めており、エタノールやパラベンといった肌への刺激になりやすい成分を含まないため、肌に大きな負担をかけずに毛穴の黒ずみを解消することが期待できます。
マナラのホットクレンジングゲルはいつものメイク落としのタイミングで使用でき、ダブル洗顔の必要もありません。毛穴の黒ずみに悩んでいる方は、毛穴ケアを手軽かつしっかりと行えるマナラのホットクレンジングゲルをぜひ試してみてください。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン