2019.12.19

【毛穴ケアに最適!】毛穴タイプ別におすすめの化粧水をご紹介!

  • 毛穴ケア
  • 毛穴の黒ずみ
  • クレンジング
  • 毛穴のたるみ
  • 洗顔
  • ナチュラルメイク
【毛穴ケアに最適!】毛穴タイプ別におすすめの化粧水をご紹介!

毛穴が目立つ原因は、人によってさまざま。中には、 毛穴トラブルの原因が分からず、今のスキンケアが自分に合っているのかが不安な方もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、 毛穴トラブルにおすすめの化粧水を毛穴タイプ別にご紹介していきます。自分の毛穴タイプに合った化粧水を使えば、効果的なスキンケアにつながるはずです。

【毛穴トラブル別】おすすめの化粧水タイプとは?

毛穴ケアの基礎は「クレンジング」

一口に毛穴トラブルといっても、そのトラブルの内容や原因は人によってさまざま。トラブルの中身が異なれば、お手入れに使う化粧水も当然変わってきます。
そこでここからは、代表的な4つの毛穴トラブル 「たるみ毛穴」「開き毛穴」「クレーター毛穴」「メラニン毛穴」におすすめの化粧水タイプをご紹介していきます。

「たるみ毛穴」にはエイジングケア化粧水が効果的

毛穴が楕円や滴形をしている「たるみ毛穴」は、加齢によって引き起こされので、「エイジングケア化粧水」が適しています。 「たるみ毛穴」は、肌の老化現象の初期に起こる症状のひとつです。30歳を過ぎると多くの女性が悩みはじめますが、実は20代からひっそりと症状は進行しています。
たるみの原因は、加齢にともなって起こる真皮のコラーゲンやエラスチンという繊維状タンパク質の減少です。表皮の内側にあり皮膚の構成組織の多くを占める真皮は、肌の形やハリ、弾力を保つ役割をしています。
加齢によって崩れてしまった真皮の機能を正常化するためには、コラーゲンやエラスチンなどの美容成分が豊富に含まれている 「エイジングケア化粧水」が効果的です。「エイジングケア化粧水」を使うことで、失われていた弾力やハリが肌に戻り、「たるみ毛穴」の進行を予防できます。

皮脂過剰分泌の「開き毛穴」には皮脂分泌抑制・毛穴の収れん効果がある化粧水がおすすめ

皮脂が過剰に分泌されることで起こる「開き毛穴」には、皮脂分泌を抑制し、毛穴を小さくする収れん効果のある化粧水が適しています。 「開き毛穴」は、乾燥肌や脂性肌の人が陥ることの多い毛穴トラブルのひとつです。
洗顔のしすぎや十分な保湿ケアを行わないと、毛穴から不要な老廃物を排出するデトックス機能のバランスが崩れ、皮脂の過剰分泌を招きます。これにより 余分に排出された皮脂が汚れとなって毛穴に詰まり、毛穴が開いた状態に陥ってしまうのです。
「開き毛穴」には、皮脂の過剰分泌を抑え、開いてしまった毛穴を引き締めてくれるタイプの化粧水が最適です。そのため、皮脂分泌の抑制効果を持つビタミンC誘導体を含む化粧水や、肌のタンパク質を収縮させることで、 毛穴を引き締める収れん効果を持つ化粧水がおすすめです。

ニキビ跡が目立つ「クレーター毛穴」には抗炎症作用のある化粧水がおすすめ

肌の油分が多い脂性肌の人に頻繁に見られるのが、ニキビ跡がクレーターのような状態になってしまう 「クレーター毛穴」です。ニキビを無理やり指でつぶしてしまったり、過剰なケアをしたりすると、真皮の組織が傷つき、肌表面に凹凸ができます。
そのため「クレーター毛穴」には、 抗炎症作用のある下記の成分や、ニキビ跡の改善に有効なビタミンCが含まれる化粧水を選ぶとよいでしょう。

  • アラントイン
  • グリチル酸2K
  • グリチルレチン酸ステアリル
  • ビタミンC・ビタミンC誘導体

毛穴自体が黒くなっている「メラニン毛穴」にはビタミンC配合の化粧水がおすすめ

角栓となった古い角質や皮脂汚れなどが空気に触れることで酸化し、黒ずみとなってしまう 「メラニン毛穴」には、ビタミンが配合された化粧水が適しています。特にビタミンCには、過剰に生成されたメラニンの排出を促す作用があるため、黒く色素沈着した「メラニン毛穴」を効果的にケアできるでしょう。
そのほかにも「アスタキサンチン」や「アルブチン」などの美容成分も有効です。メラニンの生成は、紫外線を浴びることで促進されるため、化粧水によるスキンケアはもちろんのこと紫外線対策もしっかりと行うようにしましょう。

【間違ってない?】毛穴の悩みを解決する化粧水の使用法

【間違ってない?】毛穴の悩みを解決する化粧水の使用法

毛穴悩みを解決するためには、化粧水を正しく使うことが大切です。化粧水の使用手順は、適量の化粧水を手またはコットンにとり、一定の方向に向かって浸透させていくというものですが、実はステップごとに隠されたポイントがあります。 ここからは、毛穴悩みを効果的に解決するための化粧水の正しい使い方をご紹介します。

化粧水のつけ方

CASE.1化粧水を手にとって使う
適量の化粧水を手のひらにとって広げ、顔全体に両手でやさしく押し込むように浸透させます。そしてさらに化粧水を適量手にとり、同様の手順で重ね付けをしていきましょう。
化粧水の使用量はあくまでも目安ですので、そのときの肌の状態に合わせて、しっとり感が得られるまでたっぷりと使いましょう。
CASE.2化粧水をコットンにとって使う
コットンのメリットは、小鼻の脇や目の際など指や手のひらでは、均一につけしにくい部分に化粧水を浸透させられる点です。適量の化粧水をコットンに染み込ませたら、顔の内側から外側へすべらせるように優しく浸透させていきましょう。 その際コットンで肌表面をこすりすぎたり、過度にパッティングしたりすると、肌に刺激を与えてしまう可能性があるので、十分に気をつけましょう。

化粧水をつける方向

化粧水は 「顔の中心から外側にかけて」つけていくのが基本です。化粧水を手のひらにとったら、顔の中心から外側へやさしくなでるように広げていきましょう。次に指の腹を使って、頬→耳の前→目の下→おでこ→あごの順番で、化粧水を押し込むように浸透させていきます。
この流れを最低でも5回以上繰り返すと、より化粧水の浸透度が高まるためおすすめです。ついつい怠りがちな目の際や小鼻の脇の部分にも、指を使ってしっかりと化粧水をつけるようにしましょう。


化粧水だけつけて満足していませんか?

化粧水だけでは、肌の潤いは保てません。化粧水の構成成分のほとんどが水なので、、塗布してから時間が経つと乾いてしまいます。肌の潤いを保つためには、その後の保湿ケアも大切です。
保湿クリームや美容液は、化粧水に含まれる水分を肌内部に閉じ込める役割を担っています。化粧水の効果を損なうことなく、最大限引き出すためにも、保湿クリームや美容液を合わせて使うようにしましょう。

化粧水の使い方Q&A

化粧水の使い方Q&A

毎日の習慣として使っている化粧水。その使い方について意外と自信がないという方が多いのではないでしょうか。自分では問題ないと思っていても、実は深刻な肌トラブルを招いているケースもあります。
そこでここからは、 化粧水の使い方に関する疑問をひとつひとつ検証し、解決していきましょう。

Question.1
パッティングしないと肌に入っていかないのでは?

Answer.1
化粧水の過度なパッティングは、赤ら顔やシミの原因になるため、パッティングしないと化粧水が肌に浸透しないというのは、誤った認識です。あらゆる肌トラブルを誘発させる最大の外的要因は、摩擦による刺激です。 毛穴が目立つからと繰り返し同じ箇所をたたいても、化粧水の浸透レベルは変わりません。それよりもパッティングの刺激によって、肌に負担を与えることのほうが、毛穴トラブルの原因になります。そのことをしっかり認識して、やさしく適度なお手入れを心がけましょう。


Question.2
開封後いつまで使えるの?

Answer.2
開封後の使用期限はメーカーによって違いはあるものの、一般的には開封後約6か月、未開封で約3年が目安といえるでしょう。使用期限が切れた化粧水は、酸化が起こっていたり、雑菌が繁殖していたりと、肌トラブル因子の温床です。
使用期限切れの化粧水を使うと、かぶれやかゆみなどを引き起こすリスクがあるため、開封したら、そのときのシーズンが終わる頃を目途に使いきるようにしましょう。また未開封の化粧水を保管する際は、品質の劣化を防ぐため、温度や湿度が低い場所を選ぶことをおすすめします。


Question.3
使用を中止すべき症状とは?

Answer.3
肌がひりひりする、赤みやかゆみが出る、白斑などの色抜けが起こっているなどの症状が出たら、ただちに化粧水の使用を中止しましょう。化粧水は徹底した品質管理のもとで作られていますが、以下のようなさまざまな要素が原因で肌トラブルにつながることがあります。

  • 季節
  • 食品
  • 病気やストレス
  • 年齢

紫外線が強い時期や花粉が多く飛び交う季節は、肌が不安定になりがちです。また食事で栄養がバランスよくとれなかったり、ストレスや病気などによる健康状態が悪くなったりするのも、肌トラブルの原因になります。
化粧水で肌トラブルが起きないように、初めて使うときや季節の変わり目には、パッチテストを行うことをおすすめします。


化粧水の種類と使用法

化粧水の種類と使用法

化粧水には、大きく分けて5種類あります。ここでは 「一般的な化粧水」「美白化粧水」「収れん化粧水」「ふき取り化粧水」「薬用化粧水」の特徴と効果、使い方を詳しく見ていきましょう。

一般的な化粧水の効果と使用法

一般的な化粧水として広く販売されている「柔軟化粧水」や「保湿化粧水」は、角質層に水分や美容成分を浸透させ、肌のやわらかさと保湿効果を得ることを目的として作られています。
一般的な化粧水の中には、コラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体などのエイジングケア成分を配合したものもあり、美容効果をさらに強化しています。一般的な化粧水の使い方は以下の通りです。

  1. 手のひらまたはコットンに適量をとり、頬やおでこなど顔の広い部分から順になじませる
  2. 顔の内側から外側に向かってなでるように化粧水をのばしていく
  3. 指の腹を使って、小鼻の周りや口元、あごの下のくぼみ、目頭、目尻など塗りこぼしの 多い細かい部分に押し込むように化粧水を入れ込んでいく
  4. 最後に手のひらで顔全体をやさしく覆い、肌のしっとり感が得られるまで1~4を繰り返す

美白化粧水の効果と使用法

「美白化粧水」とは、その名の通り美白効果に特化して作られた化粧水のことです。この「美白」とは、肌を白くすることではなく、その人が持つ本来の肌を取り戻すことを意味します。 美白化粧水の効果は、主に「紫外線によるメラニンの生成抑制」「シミやくすみ、そばかすのケア」「色素沈着による毛穴の黒ずみケア」の3つです。
そのため 「美白化粧水」には、これらの効果を持つ「ビタミンC誘導体」や「トラネキサム酸」、「アルブチン」などの美容成分が含まれています。「美白化粧水」を選ぶ際には、どのような成分が配合されているのか成分表をチェックしてみるとよいでしょう。
「美白化粧水」は、シミやくすみの気になる箇所だけに重点的に塗布するのではなく、一般的な化粧水同様に、顔全体になじませていくのがポイントです。塗りこぼしのないよう、均一に伸ばしていきましょう。
その後、気になる箇所には重ね塗りすることをおすすめします。美白ケアは1年を通して継続して行うようにしましょう。

収れん化粧水の効果と使用法

「収れん化粧水」とは、皮脂の過剰分泌を抑制して、毛穴を引き締める化粧水のことです。ニキビや肌のテカリ、角栓、毛穴の黒ずみ、メイク崩れなどに効果があります。不要な皮脂分泌を抑える効果があるため、夏場の暑い時期や脂性肌の人には特におすすめです。
「収れん化粧水」には、肌の引き締め効果があることから、乾燥を防ぐために十分に保湿した状態で塗布していきます。したがって 洗顔後、化粧水→乳液→収れん化粧水の順番で使いましょう。
また「収れん化粧水」は、手ではなくコットンを使ったパッティングによって浸透させていきます。皮膚が薄い目の周りなどは避けて、やさしく馴染ませましょう。

ふき取り化粧水の効果と使用法

「ふき取り化粧水」とは、クレンジングや洗顔で取り除けなかったメイクや皮脂汚れなどの残骸をふき取る化粧水のことです。保湿を行いながらふき取るため、その後につける乳液や美容液の浸透力が高まります。
ただし、ふき取り化粧水を使う際には、コットンで肌表面を強くこすりすぎないように気を付けましょう。「ふき取り化粧水」は、肌表面をやさしくなでるようにふき取っていくことが大切です。乾燥しやすいため、ケアが終わったら、すぐに保湿をしてください。

薬用化粧水とはどのようなものか

「薬用化粧水」とは、「医薬部外品」として認可を受けているものを指します。具体的には、にきびや肌荒れ、日焼けによるシミやそばかすを防ぐ作用を持つ化粧水のことです。「薬用化粧水」の中には、「薬用」の表記がないものもありますが、その場合はパッケージに「医薬部外品」の表記があるかどうかで判断できます。
「薬用化粧水」には、厚生労働省が認めた効果・効能に有効な成分が配合されていて、そのほかの化粧水よりも高いスキンケア効果が期待できます。ただし、中には肌の乾燥を招いたり、刺激を与えてしまったりするものもあるため、使用前にはパッチテストを行うようにしましょう。

化粧水だけだと効果が半減?!洗顔・クレンジングと合わせて毛穴を目立たなくする

化粧水だけだと効果が半減?!洗顔・クレンジングと合わせて毛穴を目立たなくする

化粧水だけでは、十分な毛穴ケアの効果は得られません。毛穴目立ちを改善させるためには、洗顔やクレンジングを合わせることが大切です。ここでは 化粧水+クレンジング+洗顔で、スキンケア効果を最大限に高めるためのポイントを見ていきましょう。

毛穴が目立つ原因はカバー力の強いファンデかも!?

「詰まり毛穴」の場合、毎回のクレンジング時にメイク汚れが十分に落ちていない可能性があります。カバー力の強いファンデーションは、肌への密着度が高く、通常のクレンジングではなかなか落としきれません。
メイク汚れの洗い残しは、皮脂の過剰な分泌を招き、余分な皮脂が角栓となって、毛穴に詰まっていきます。詰まり毛穴を隠すために、ファンデーションをさらに厚塗りするという悪循環を断つためにも、クレンジングの方法を見直して、メイク汚れを完全に落とすようにしましょう。

「洗顔・クレンジング+自分に合った化粧水」で効果的な毛穴対策

毛穴に汚れが詰まったままの状態で、化粧水をつけても十分な効果は得られません。詰まった毛穴に化粧水を入れ込んでしまうと、さらに事態を悪化させる可能性もあります。効果的な毛穴対策をするためには、クレンジングと洗顔によって、汚れを完全に落としきることが何よりも大切です。
きれいになった毛穴に自分の肌質に合った化粧水を浸透させることで、毛穴ケアの効果を最大限に享受できるでしょう。

正しいクレンジング・洗顔の方法

毛穴ケアの効果をより一層引き出すためには、今行っているクレンジング・洗顔方法を見直してみるとよいでしょう。ここでは、正しいクレンジングと洗顔の方法をステップごとにご紹介していきます。

蒸しタオルで毛穴を開かせる

毛穴が閉じていると汚れが落ちにくくなります。なのでまずは、クレンジング前に蒸しタオルを作って、顔全体を覆うように乗せ、毛穴を開かせましょう。蒸しタオルを使うと肌表面のメイク汚れが水分を含んでふやけ、毛穴に詰まったしつこい角栓も落としやすくなります。

STEP.1クレンジングをする

クレンジングにはさまざまな種類があるため、自分の肌質に合ったものを使うようにしましょう。蒸しタオルによって毛穴汚れが落ちやすい状態にあるため、肌に負担をかけない比較的洗浄力のやさしいタイプのクレンジングがおすすめです。

STEP.2洗顔をする

洗顔料は手のひらでしっかりと泡立ててから、顔全体を包み込むようにやさしく塗布していきましょう。泡立てるのが苦手という人には、効率よくきめの細かい泡ができる泡立てネットがおすすめです。

STEP.3保湿する

洗顔が終わったら、素早く保湿を行いましょう。適量の化粧水を丁寧に顔全体に浸透させ、水分が逃げないように、乳液や美容液でふたをするようなイメージです。

蒸しタオルをレンジで簡単に作る方法

蒸しタオルは、レンジで簡単に作れます。方法はとっても簡単、「水を含ませたタオルをレンジに入れて約1分加熱する」だけです。その後、蒸しタオルを開いて、熱すぎないかどうか確かめた上で、顔に乗せるようにしましょう。

蒸しタオルをするのが面倒だという人に画期的なクレンジング

マナラの〈ホットクレンジングゲル〉は、じんわりと肌を温める温感ゲルによってやさしく毛穴を開き、奥底に詰まった汚れまでも、しっかり取り除いてくれる画期的なクレンジングゲルです。
さらに 配合成分の91.3%が美容成分であるため、クレンジングするたびにもちもちしたハリのある美肌へと導いてくれます。毎回蒸しタオルを作るのが面倒だという人は、美容液とクレンジングの機能をあわせ持つ マナラの〈ホットクレンジングゲル〉を使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

蒸しタオルをするのが面倒だという人に画期的なクレンジング

肌のお手入れは、毎日の積み重ねが大切です。毛穴の悩みを改善するために、ご自身の肌にあった、使いやすいスキンケア商品を選びましょう。
マナラの〈ホットクレンジングゲル〉は、目立つ毛穴のケアに最適なクレンジングです。クレンジングと美容液両方の効果をあわせ持っているため、「しっかりと汚れを落とすけれど、肌にやさしいものがほしい」という人はぜひ使ってみてください。