2020.09.01

間違ったケアに注意!毛穴レス肌を手に入れるための基本の「き」

  • 毛穴
  • 毛穴レス
  • 毛穴ケア
>間違ったケアに注意!毛穴レス肌を手に入れるための基本の「き」

毛穴の目立ちは、多くの方が抱える肌悩みです。毛穴レス肌を叶えるためにはスキンケアが大切ですが、正しいケア方法を知っているという方は意外に少ないのではないでしょうか。
そこで本記事では、毛穴レス肌を実現する正しいスキンケア方法とスキンケアアイテムについて徹底的にご紹介します。本記事を最後まで読んでいただければ、毛穴レス肌まで最短ルートでたどり着けることでしょう。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン

毛穴レス肌を手に入れるための基本の「き」

毛穴レス肌を手に入れるための基本の「き」

毛穴の開きや目立ち、黒ずみなどで悩んでいる方は多いことでしょう。毛穴レス肌は、すべての女性の憧れといってもよいかもしれません。ここでは、毛穴レスな美肌を実現するための基本中の基本ともいうべきスキンケアの方法について解説します。

方法1 クレンジングでメイク汚れをしっかり落とす

毛穴に汚れがたまるとニキビなどの原因となるため、汚れはしっかり落とすことが大切です。特に普段メイクをする方は、クレンジングでしっかりとメイクや肌の皮脂汚れを落とす必要があります。
クレンジングがいい加減で汚れが十分に落とせていないと、毛穴に汚れが残ってしまい毛穴トラブルを引き起こしかねません。毛穴の開きの原因のひとつである角栓は、クレンジングで落としきれずに残ったメイク汚れや皮脂、古い角質などによって生まれます。
自分の肌質やメイクの濃さなどに応じて適したクレンジングを選び、汚れを十分に洗い落とすようにしましょう。アイメイクを濃いめな方は、フェイス用のクレンジングでは落ちないこともあります。アイメイク用のクレンジングを活用するのがおすすめです。

方法2 洗顔で毛穴の中の汚れまでキレイにする

スキンケアというと、ついクレンジングにばかり目が行きがちかもしれません。しかし、毛穴レス肌には洗顔もとても大切な要素です。メイクをしていないときでも洗顔は必須であり、肌に付着した皮脂汚れや毛穴に詰まった古い角質をしっかり落とす重要な役割を担っています。
ただし洗浄力が強すぎる洗顔フォームを使うと、肌が乾燥してしまい皮脂の過剰分泌を引き起こすことがあるため注意が必要です。肌にダメージを与えないよう、自分の肌質に合った洗浄力の洗顔フォームを選びましょう。
手のひらでしっかりと泡立た洗顔フォームを使って、手ではなく「泡で汚れを落とす」イメージをしながら洗顔するのが効果的です。洗顔は適度に行えば効果が得られますが、過剰に行ってしまうと逆に肌トラブルを引き起こすことがあります。
洗顔は最低1日1回、皮脂汚れが気になる場合のみ朝晩の2回程度の頻度で行うのがよいでしょう。

方法3 保湿をして乾燥を予防する

乾燥は毛穴にとって大敵です。クレンジングや洗顔によって肌が乾燥すると、毛穴の周りが凹み黒く目立つことがあります。乾燥を予防するためには、クレンジング・洗顔のあとに必ず保湿ケアを行いましょう。
保湿ケアは最低でも「化粧水+乳液のセット」で行うのがおすすめです。化粧水は肌に水分を与え乳液は水分を閉じ込める役割を果たすため、2種類セットで使うようにしましょう。
また継続して行うことが何よりも大切です。化粧水と乳液を使う際には、効果を増長させたいからと多く出して使うこともあるかもしれません。しかし保湿ケアは多すぎでも少なすぎても十分な効果は得られためた、使い過ぎには注意しましょう。化粧水と乳液は、そのアイテムの適量を守って使うのが効果的です。

毛穴レスな肌を作るためのポイント

毛穴レスな肌を作るためのポイント

毛穴の目立たない美肌を実現するためには、皮脂コントロールを徹底して行うことが大切です。皮脂はニキビや毛穴の詰まりの原因になる「悪者」というイメージがあるかもしれませんが、実は肌をダメージから守る重要な役割を担っています。 ここでは、皮脂をうまくコントロールしながら毛穴レス肌を作るポイントを見ていきましょう。

ポイント1 蒸しタオルなどでクレンジング前に毛穴を開かせる

毛穴を開かせた状態でクレンジングや洗顔を行うと、毛穴の奥の汚れまでしっかり落とせます。毛穴を開かせるためには、クレンジングの前に蒸しタオルや半身浴で肌を温めるのが効果的です。
ただし蒸しタオルを使う際には、火傷をしないよう熱しすぎないように心がけましょう。蒸しタオルは熱すぎると乾燥しやすくなってしまうため、人肌程度の温かさがベストです。
蒸しタオルを用意してケアする時間がない方は、温感ジェルによって毛穴を開かせ汚れを取り除く<ホットジェルクレンジング>を使うことをおすすめします。

ポイント2 洗顔と保湿後に肌を冷やし引き締める

洗顔、保湿ケアをしたあとに肌を冷やして毛穴を引き締めると、毛穴が引き締まって小さくなり汚れが入りづらくなります。毛穴の冷却方法として「保冷剤」に注目が集まっていますが、保冷剤は肌を冷やしすぎてしまうおそれもあります。
肌を冷やしすぎると、それが刺激となって皮脂の過剰分泌を促してしまいます。また肌が冷えたことで血流が悪くなると、たるみや乾燥など肌トラブルを引き起こすこともあるでしょう。
適切な冷やし方としては、「冷たい水で顔をすすぐ」「冷やした化粧水かタオルで顔を冷やす」のがおすすめです。保冷剤を使わずとも、適度に冷たい水か化粧水、タオルを使えば毛穴の引き締め効果は十分に得られます。

ポイント3 肌はゴシゴシと刺激しすぎてはいけない

クレンジング・洗顔・化粧水・乳液などのすべてのスキンケアで共通していえることは、「肌をゴシゴシとこすってはいけない」ということです。ゴシゴシこすることによる摩擦刺激は肌にダメージを与え、乾燥や毛穴の開きなどの肌トラブルを引き起こします。
肌に負担を与えないよう、クレンジングや化粧水、乳液は優しく塗るよう心がけましょう。洗顔はしっかりと泡立て、手ではなく泡で洗うことを意識しながら優しく洗うのが効果的です。

ポイント4 規則正しい生活を心がける

毛穴レス肌の実現には、スキンケアだけでなく睡眠や食生活など規則正しい生活習慣を意識することも大切です。睡眠時には肌のターンオーバーを促す成長ホルモンの分泌が起こります。
睡眠不足の状態に陥ると、成長ホルモンの効果を十分に得られません。睡眠不足と同様に肌に影響を与える食生活では、油っこいものや甘いものは避け栄養バランスに配慮した食事を心がけましょう。
抗酸化作用やコラーゲンの生成を促進する「ビタミンC」を含むオレンジやレモン、脂質の代謝を向上する「ビタミンB2、B6」を含む納豆や豚肉、緑黄色野菜などを積極的に食べるとなお効果的です。
また外出時には紫外線に当たりすぎないよう注意しましょう。紫外線に当たると肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが破壊され、乾燥やたるみ肌の直接的な原因となります。

毛穴タイプごとのケアポイント

毛穴タイプごとのケアポイント

毛穴のタイプには、主に4つにわかれます。

  • 開き毛穴
  • 黒ずみ毛穴
  • たるみ毛穴
  • 乾燥毛穴

スキンケアの効果を最大限に引き出すためには、それぞれの毛穴タイプに合ったケア方法を行うことが大切です。ここでは、毛穴タイプごとのケアのポイントをご紹介します。

ポイント1 毛穴開きと黒ずみはケア方法やアイテムを見直す

「毛穴開き」とは肌の乾燥や皮脂の過剰分泌によって皮脂腺が発達し、皮脂の出口も大きくなったことで毛穴が丸く開いた状態のことです。一方「黒ずみ毛穴」は、毛穴に詰まった皮脂や角質、汚れなどが空気に触れて酸化し黒く変色した状態の毛穴を指します。
この2つの毛穴タイプは、スキンケアの方法やアイテムが肌に合っていないことが原因の可能性が高いといえるでしょう。毛穴の開き具合が大きい場合には、ピーリングケアがおすすめです。
角質を取り除くAHA配合の洗顔を使えば、肌のターンオーバーを促して毛穴を小さくなることが期待できます。黒ずみ毛穴ケアでは、皮脂汚れをしっかり落とせる洗顔料を使いましょう。黒ずみは指で押し出してしまいたくなりがちですが、無理に取り除くとかえって毛穴を目立たせてしまいます。
毛穴ケアの際には、タイプにかかわらず必要以上の洗顔はしないことが大切です。また洗顔後には必ず保湿ケアを行いましょう。

ポイント2 「たるみ毛穴」はターンオーバーを促すケアが大事

「たるみ毛穴」の多くは、加齢が原因です。加齢により肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンの生成が減少し、毛穴が重力にしたがって緩みます。その結果、毛穴が楕円形に開いていくのです。
毛穴は一度ゆるむと戻しづらく、もとの状態に戻すことは困難です。そのため、「たるみ毛穴」がある場合はこれ以上ひどくならないようターンオーバーを促すアイテムを使いましょう。特に美容液などを活用して、失ったコラーゲンを増やすのがおすすめです。
ターンオーバーを促すために、マッサージでリンパを流すのも効果が期待できます。ただし過度なリンパマッサージはかえってたるみを増長させることがあるため、注意しましょう。

ポイント3「乾燥毛穴」は保湿ケアを入念に

「乾燥毛穴」とは水分不足によって肌のキメが乱れ、毛穴の周りが凹んで影を作ることで黒ずんで見える状態を指します。「乾燥毛穴」は肌に合わない洗浄力やクレンジング力の強いものを使っていたり、保湿ケアを怠っていたりする場合に生じることの多い毛穴トラブルです。
「乾燥毛穴」は、自分の肌に合う適度な洗浄力をもつクレンジング・洗顔を選ぶこと、また保湿ケアを入念に行うことで改善できます。

ポイント4 黒ずみが気になる「いちご鼻」はピーリング

「いちご鼻」とは、角栓が詰まってできた黒ずみ毛穴が小鼻に集中することで、いちごの表面のように見えてしまっている状態を指します。
「いちご鼻」の改善には、古い角質をしっかりと取り除いてくれるピーリングが効果的です。エステを利用するのもよいですし、自宅でピーリングジェルなどを使ってケアするのもよいでしょう。 ただしピーリングのしすぎは肌への負担となるため、適度な頻度で優しく丁寧に行うのが望ましいです。

毛穴レス肌が遠のくかも!間違ったケア方法

毛穴レス肌が遠のくかも!間違ったケア方法

よかれと思って普段行っているケア方法が、逆に肌にダメージを与える間違ったものだったというのはよくあることです。とはいえ、どのようなケアがどう肌に悪いのかを、具体的に理解できている方は少ないのではないでしょうか。そこでここでは、毛穴レス肌の実現を遠ざける間違ったケア方法について解説していきます。

毛穴の角栓を無理やり出そうとする

いちご鼻などで毛穴の黒ずみが気になると、無理やり手で角栓を取り出そうとする方もいますが、これはよい方法とはいえません。角栓を無理に押し出してしまうと、毛穴を押し広げてしまう上になめらかな肌でなくなる可能性があります。
また毛穴がダメージを受けて、さらに汚れの詰まりやすい毛穴になってしまうでしょう。毛穴の角栓はどれだけ気になっても無理やり取り出すようなことはせず、正しいクレンジングと洗顔によって洗い落とすことが大切です。
毛穴ケアというと代表的なものに「毛穴パック」がありますが、毛穴パックの原理は手で無理やり角栓を取り出すことと変わりありません。そのため肌へのダメージはいうまでもなく、使用は控えることをおすすめします。

スキンケアアイテムを使いすぎるのもよくない

スキンケアアイテムはとても大切ですが、あれもこれもといろいろなものを使いすぎてしまうのはよくありません。中には、自分の肌に合わず負担をかけてしまうものもあります。 スキンケアアイテムは、自分に合うものを厳選して使うのが望ましいでしょう。また量についても同様で、つけ過ぎ、使い過ぎは新たな肌トラブルを引き起こす原因になります。スキンケアアイテムは、適量を適切な頻度で使うことが大切です。

毛穴レス肌に近づきたいなら<ホットクレンジングゲル>がおすすめ

マナラホットクレンジングゲル

「効率的に毛穴レス肌を目指したい」という方におすすめなのが、マナラの<ホットクレンジングゲル>です。<ホットクレンジングゲル>は成分のほとんどが美容液成分であるため、肌に負担を与えることなく効果的に毛穴の汚れを取り除けます。 ここでは、毛穴レス肌への近道となる注目アイテム、<ホットクレンジングゲル>の魅力をご紹介しましょう。

魅力1 W洗顔不要で肌への負担を減らせる

マナラの<ホットクレンジングゲル>は、W洗顔不要のクレンジング剤です。肌への負担を少なくできるため、肌トラブルを引き起こすリスクも低くなります。クレンジング+洗顔の2段回ケアでは、手による摩擦刺激や洗浄による乾燥など、程度は異なるものの肌への負担はどうしても避けられません。
とはいえ、肌に優しいのが魅力のW洗顔不要クレンジングと聞くと、「洗浄力が弱いのでは」と心配になる方もいるかもしれません。。マナラの<ホットクレンジングゲル>では毛穴汚れをしっかり吸着して落としてくれる十分な洗浄力を備えているため、安心してお使いいただけます。

魅力2 温感ゲルで毛穴を優しく開き汚れを落とす

マナラの<ホットクレンジングゲル>では温感ゲルを採用しているため、蒸しタオルや半身浴によって毛穴を開かせる必要がありません。温感ゲルは毛穴や角質を緩めて、頑固な毛穴汚れも肌に負担をかけることなくしっかり吸着してくれる優れものです。
蒸しタオルを使う手間をかけることなく温感ゲルが毛穴をしっかりと開いてくれるため、効率的に毛穴の奥に潜む汚れを洗い流せるでしょう。

魅力3 洗浄だけでなく美容液成分も配合されている

<ホットクレンジングゲル>では洗浄成分だけでなく美容成分を豊富に配合しています。成分中に占める美容成分の配合割合が91.3パーセントと非常に高いのが特徴です。汚れを落としながら、モチモチしたハリ肌を目指せます。
<ホットクレンジングゲル>は肌に潤いを与えてくれるセラミドやヒアルロン酸などのほかにも、肌に弾力を与える6種類のコラーゲンサポート成分、透明感あふれる明るい肌トーンを叶えるハイドロキノン誘導体など、美容成分のエリートたちが集結しています。クレンジング美容液と呼ぶにふさわしいスキンケアアイテムといえるでしょう。

魅力4 無添加処方で肌に優しい

<ホットクレンジングゲル>では代表的な7つの添加物である、着色料・合成香料・鉱物油・石油系界面活性剤・エタノール・パラベン・紫外線吸収剤を一切配合していません。無添加処方は肌に優しく負担をかけにくいため、肌トラブルの原因となる刺激を避けられます。

まとめ

まとめ

毛穴レスな肌作りでは、自分の肌質や毛穴タイプに合ったスキンケア方法を選ぶことが大切です。またスキンケアアイテムは、厳選したアイテムを適度な頻度と量で使うようにしましょう。ゴシゴシ洗いをしないなど間違ったスキンケア方法をしないことも重要です。
「効率的に毛穴レス肌を実現できるスキンケアアイテムが欲しい」という方は、毛穴に詰まった汚れを効果的に取り除き美容成分もたっぷりの、マナラの<ホットクレンジングゲル>をぜひ一度お試しください。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン