毛穴の黒ずみが気になったらすぐにお手入れを始めよう!

毛穴の黒ずみが気になったらすぐにお手入れを始めよう!

毛穴の黒ずみが目立つせいで自分の肌に自信が持てないとお悩みではありませんか。
しつこい黒ずみは、普段の洗顔ではなかなか落ちないという人もいるかもしれません。
ここでは黒ずみ毛穴の基本的なケアやそのために必要な正しい知識についてご紹介します。黒ずみ毛穴以外の毛穴トラブルについても解説していきますので、正しい毛穴ケアを行う参考にしてください。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン

黒ずみ毛穴ケアには正しい「クレンジング」と「洗顔」が基本

毛穴の黒ずみが気になっている時に見直したいのが 毎日のクレンジングと洗顔です。これらはスキンケアの基礎となる部分で、1日の汚れを落とすために欠かせないケアです。
黒ずみなどの毛穴トラブルにはこの基礎が重要となってきますので、 まずは自分自身が毎日行っているクレンジングと洗顔が正しいかどうかを確認してみましょう。間違っている部分があれば、早速今日から正しい方法に変えてみましょう。

メイクや汚れはしっかりと落とす

メイクをする時に、下地やファンデーションといったベースメイクアイテムを使用するのが一般的です。下地やファンデーションを肌にぬると、毛穴を塞ぐことになります。
毛穴を塞いだ下地やファンデーションは、しっかりとクレンジングや洗顔などで落とすことが大切です。それができなければ、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルを引き起こす可能性があります。
また、長時間メイクをしていると、肌に負担をかけることにつながります。そのため帰宅後はすぐにメイクを落とし、なるべく肌に負担をかけないよう心がけましょう。

メイクや肌状態に応じてクレンジング剤を選ぶ

洗顔料で落とすことができるメイクアイテムもありますが、ほとんどのメイクアイテムは、クレンジング剤を必要とします。クレンジング剤には、ミルク、クリーム、オイル、バーム、ジェル、リキッド、ローションなど様々な種類があります。それぞれの特徴を把握して、メイクや肌状態にあったクレンジング剤を選びましょう。
落ちにくいメイクはあまりせず、肌の乾燥が特に気になる人は、ミルクタイプやクリームタイプのクレンジング剤がおすすめです。
逆に、しっかりメイク派の人は、ジェルタイプやリキッドタイプ、オイルタイプ、バームタイプのクレンジングがいいでしょう。
ウォータープルーフなど落ちにくいメイクアイテムを使っている場合には、通常のクレンジング剤とは別にポイントメイク用のリムーバーであらかじめポイントメイクを落としておきましょう。ただし、肌に刺激を与えないように、コットンにリムーバーをたっぷりと含ませてから目元などに当て、メイクとなじませてから拭うように優しく拭き取ることが大切です。

肌にとって必要な潤いを奪わないよう注意すること

洗浄力の高いクレンジング剤は、メイクや汚れをスッキリと落とすことができる反面、肌に必要な潤いまでも奪ってしまう可能性があります。そのため洗浄力の高いクレンジング剤を常用することはおすすめできません。
また、クレンジング後に洗顔を行うW洗顔は、肌の必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。そのためW洗顔が必要なアイテムを使う場合には、洗浄力が高すぎず、保湿力が高いものを選びましょう。
温感タイプのクレンジング剤や、毛穴の中の汚れを吸着・溶かして落とす成分が含まれているクレンジング剤であれば、1本でもしっかりとメイクや汚れを落とすことができる商品が充実しています。黒ずみ毛穴や詰まり毛穴などにも効果が期待できるので、そういう商品を試してみるのもおすすめです。

クレンジングや洗顔が終わったら必ず保湿が必要な理由

洗顔が終わったら保湿をする理由

クレンジングや洗顔が終わった後、ついつい保湿ケアを忘れてしまう人もいるかもしれません。というのも、保湿成分が豊富に含まれているクレンジング剤や洗顔料を使っていれば洗い上がりがしっとりするため、すぐに保湿をしなくても大丈夫だろうと油断しがちだからです。
しかし、 保湿ケアを怠ることで肌トラブルを招いたり、肌悩みが進行したりすることがあります。そのためクレンジングや洗顔の後は、しっかりと保湿しましょう。

保湿をしないと肌が乾燥する

クレンジングや洗顔後に肌を保湿せずに長時間放置すると、肌がどんどん乾燥します。そして、乾燥から肌を守るために、過剰な皮脂分泌を招く恐れがあります。そのような状況から新たな毛穴トラブルを招くことがないようにするためにも、クレンジングや洗顔の後の保湿は欠かすことができません。

黒ずみ毛穴の種類と洗顔以外の対処方法

黒ずみ毛穴の種類と洗顔以外の対処方法

毛穴トラブルには黒ずみだけではなく、開き毛穴やたるみ毛穴もあります。どの毛穴トラブルかによって特徴や対処方法が異なりますので、ここで紹介していきます。 まずは、お悩みの症状からどの毛穴トラブルにあてはまるのかを確認し、トラブル別の対処方法を知っていきましょう。

オイリー肌に多い開き毛穴

皮脂がたっぷりと出てベタつきがちなオイリー肌は、開き毛穴が起こりやすい状態にあります。その理由は過剰に分泌される皮脂が原因です。皮脂は毛穴から排出されますが、皮脂量が多いと、その分の皮脂を排出すために毛穴の出口を広げてしまいます。
オイリー肌は常に皮脂が出やすく、大量の皮脂が出続けることで毛穴がずっと開いた状態になり、毛穴が目立ちやすくなるのです。まずは余分な皮脂を落とすことが大切なので、クレンジングと洗顔を丁寧に行い、過剰な皮脂を洗い落としましょう。
皮脂が多く出るため1日に何度も洗顔をしてしまう人もいるかと思いますが、何度も洗顔をすると肌負担が大きくなるだけではありません。肌に必要な皮脂やうるおいまでも奪うことになるので、それを補おうとして更なる皮脂分泌を招くことに。 朝は洗顔のみ、夜はW洗顔不要のクレンジングで洗うことで肌負担を最小限におさえましょう。


毎日メイクする人に多い黒ずみ毛穴

毎日メイクする人に多く見られがちなのが、黒ずみ毛穴です。特に毛穴の凹凸を埋めるようなプライマー(化粧下地)やファンデーションを使用している人は、毎日のクレンジングでそれらをしっかりと落としきれずにいることがあります。それも黒ずみ毛穴の要因のひとつです。
日々のクレンジングと洗顔を丁寧に行っていれば、本来黒ずみ毛穴はできません。それだけに日々のクレンジングと洗顔が重要な鍵を握ります。
自分では丁寧なクレンジングと洗顔を心がけているつもりでも黒ずみ毛穴が気になる場合は、スクラブ剤やピーリング剤などを取り入れてみましょう。


30~40代の人に多いたるみ毛穴

30代以降の肌は、乾燥や肌のハリ・弾力の低下などによって、毛穴も丸から楕円状になってしまいます。これをたるみ毛穴と言い、通常の毛穴よりサイズが大きくなることから非常に目立ちます。
たるみ毛穴には、うるおい補給のほか、肌のハリや弾力を高めるようなケアが必要となります。保湿や肌のハリ・弾力を高める効果が期待できる化粧品を使用しましょう。ステップとしては、化粧水→美容液→乳液の順でケアをし、保湿力が物足りない場合にはクリームを追加することがおすすめです。
3~4STEPのスキンケアでたるみ毛穴の改善を目指せますが、忙しいときはこの手順でスキンケアができないこともあるでしょう。そんなときは 〈オンリーエッセンス〉のようなオールインワン化粧品を使い、1STEPでケアするのもおすすめです。

角栓を除去したあとに毛穴ケアをすべき理由

角栓を除去したあとに毛穴ケアをすべき理由

毛穴をケアする化粧品を使う場合は、角栓をしっかり取り除いてから使いましょう。というのも角栓が毛穴の中にある状態でケアしても充分に効果が得られず、他のトラブルを招く恐れもあるからです。ここでは角栓を除去すべき理由と起こりうるトラブルについて解説します。

毛穴に角栓が詰まっているとパックの効果が薄い

毛穴に角栓がある状態で毛穴ケアをしても効果があまり期待できません。毛穴ケア成分が角栓によって邪魔されて本来の効果を得られない可能性があるからです。
また、他のスペシャルケアやスキンケアも同様です。日頃のスキンケアをむだにしないためにも、毎日のクレンジングと洗顔で毛穴内の角栓をきちんと取り除いておきましょう。
角栓のないキレイな毛穴には化粧水などの成分が浸透しやすく、美容液成分がたっぷり含まれたパックでは美肌効果も期待できます。角栓を含む汚れを落とすことは美肌を育む上での土台となります。毎日丁寧なクレンジングと洗顔を行うことで、角栓をキレイに落としきりましょう。


角栓を放置しておくと肌トラブルを引き起こす可能性がある

毛穴に古くなった角質や余分な皮脂などが排出されずに溜まることで角栓となります。角栓は放置しておくとサイズも大きくなり、いずれは毛穴から飛び出すほどの大きさになってしまいます。角栓はニキビ菌のエサなので、角栓のある毛穴に菌が侵入することで菌が増殖します。
ニキビができてしまってそれを潰したり触ったりすると、ニキビ跡として残ることもあります。ニキビ跡ができると、長期間のケアが必要となり、それがシミになってしまうこともあります。そのためできてしまった角栓は放置せず、気がついた時に取り除くケアをすることが大切です。


毛穴が開けば開くほど閉じるのにも時間がかかる

前述したように角栓は毎日の汚れが蓄積することでどんどん大きくなります。通常の毛穴は出口がキュッと引き締まった状態ですが、 角栓が飛び出ていることで毛穴が開き、その状態が長く続くことで開き毛穴になってしまうことがあります。
開いてしまった毛穴のケアには時間がかかります。毎日徹底した毛穴ケアを行い、肌を健やかに保ってもすぐには改善されません。ケアに時間がかかるということは長期間毛穴が目立ってしまうということです。
毛穴が目立つと毎日のベースメイクでそれをカバーしようと凹凸を埋めることになるので、それがまたクレンジングで落とし切れないと新たな角栓を招くなどして悪循環を引き起こします。だからこそ日々のスキンケアでしっかりと余分な皮脂や汚れ、古い角質などを落とすことが大切なのです。

毛穴の黒ずみケアについて正しい知識をつけよう

毛穴の黒ずみケアについて正しい知識をつけよう

毛穴の黒ずみが気になっている人は、早速今日からでもケアを始めたいところです。ケア方法を実践する前に、ケアについての正しい知識を身に付けておきましょう。
正しい知識を覚えておけば間違ったケアをすることもありません。早速具体的に見ていきましょう。

角栓をはぎ取る鼻パックはおすすめできない

鼻にシートを貼り、数分放置して剥がす鼻パックの使用はおすすめできません。手軽に角栓が取れる便利な方法ではありますが、肌を傷める恐れがあるからです。

無理に角栓を引っ張ったりこすったりすると肌を荒らす、傷つける

角栓がある肌はザラザラとした手触りです。この感触が気になるあまりピンセットで引っ張ったり、指などでゴシゴシとこすったりすることで角栓が取れるのではと考える人もいるかもしれません。しかし、どちらの行為も摩擦などで肌にダメージを与えることにつながります。
それだけでなく、雑菌が毛穴に入り込み、炎症を起こして毛穴トラブルを悪化させてしまう恐れさえあるのです。

角栓を取り除いても正しいケアを続けなければ・・

角栓を無理なく取り除けば、取り除いた後はキレイな毛穴となります。しかしそのキレイな状態が永遠に続くわけではありません。正しいケアを続けなければ、また新たな角栓ができることにつながります。
角栓ができにくい毛穴に必要なのは汚れを溜めこまないことです。クレンジングと洗顔を正しい方法で行えば、肌と毛穴に負担をかけずに綺麗な状態を維持できます。肌に負担をかけずに汚れをしっかり落としたい人におすすめのアイテムがありますので、次で紹介します。

保湿効果と汚れの除去に優れた画期的なクレンジング、洗顔とは!?

保湿効果と汚れの除去に優れた画期的なクレンジング、洗顔とは!?

保湿・汚れの除去は毛穴ケアに欠かせませんので、クレンジングと洗顔でどちらも叶えておきたいもの。この2つを叶える画期的なアイテムがありますので、ここで紹介します。 このほか、クレンジング・洗顔後におすすめの毛穴ケア成分配合のオールインワン美容液と、美容液成分を贅沢に配合したファンデーションについてもお教えしますので、徹底的に毛穴ケアをしたい人は必見です。

クレンジングしながら保湿ができる!?

毎日の汚れや皮脂、メイク料などを無理なく落とすにはクレンジング前に毛穴を開いておくことが大切です。あらかじめ毛穴を開いておくことで毛穴内の汚れを負担なく落とすことができます。
毛穴を開くには蒸しタオルが効果的ですが、毎日蒸しタオルを用意する暇がないという人におすすめなのが マナラの〈ホットクレンジングゲル〉です。
〈ホットクレンジングゲル〉は温感クレンジングで肌に乗せると温まってくるので、蒸しタオルなしで毛穴を開くことができます。
開いた毛穴にクレンジングが入ることで汚れを溶かし、角栓を吸着します。さらにクレンジングに含まれる美容液成分が毛穴をケアしてくれるため、メイク落としと一緒に毛穴のスキンケアもできます。保湿成分が肌のうるおいを守るので、洗い上がりはしっとりとした肌になります。
W洗顔不要なので、1回でクレンジングが終わることも魅力です!

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン

コットンで拭き取るだけの美容液成分たっぷりの洗顔

美容液成分を98.8%も配合した洗顔料、 〈モイストウォッシュゲル〉は拭き取り洗顔ができる便利なアイテムです。コットンに〈モイストウォッシュゲル〉をつけ、肌を拭き取るだけで余分な皮脂や汚れをスッキリ落とせます。 洗浄成分ゼロなので肌への刺激を最小限におさえることができますし、美容液成分が乾燥しがちな肌をうるおしてくれます。忙しい朝も手軽に洗顔ができて、さらに美容液成分を肌にたっぷり与えられる画期的な洗顔料です。


毛穴トラブルにアプローチするオールインワン化粧品

ひらき毛穴のケアはもちろん、エイジングケアもしたいという人におすすめなのが 〈オンリーエッセンス〉です。〈オンリーエッセンス〉にはアーチチョーク葉エキスやケアナリアといった毛穴ケア成分はもちろん、セラミド・ヒアルロン酸やコラーゲンといったエイジングケア成分など数々の美容液成分がたっぷり配合されています。
化粧水・美容液・乳液・クリームの4役を果たしてくれるので、うるおいを与える・補う・守るのすべてが1つで完了。肌と毛穴によい成分が贅沢に配合されていて、スキンケアの時短まで叶えてくれる優秀なアイテムです。


日中の美肌ケアをお任せできる〈BBリキッドバー〉

朝・晩にしっかりとしたケアをするなら、日中もケアをしておきたいかと思います。 〈BBリキッドバー〉は毛穴ケア成分のアーチチョーク葉エキスをはじめ美容液成分を94%も配合しているため、メイクをしながら美肌ケアも叶えてくれます。
SPF35 PA+++配合だから日常レベルの紫外線から肌をガード。紫外線散乱剤不使用なので、肌へのダメージをおさえながらシミ対策ができます。固形タイプですがとても柔らかいため、スポンジで手早く馴染ませることも可能です。

銀座の東急プラザにマナラショップがあり、そちらでマナラの商品をお試しすることができます。オールインワン化粧品のテクスチャーやBBリキッドバーの付け心地を確かめられますので、使ってみたいと思ったらまずはショップでお試しをしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

毛穴の黒ずみケアには、クレンジングと洗顔という基本の他、保湿ケアも大切です。クレンジングと洗顔を正しく行うことで角栓を取り除き、化粧水や美容液などに含まれる成分がしっかり浸透します。毛穴ケア効果が高い化粧品を使った場合も同様に効果を実感しやすくなるでしょう。
毎日きちんと角栓を落とすには、肌負担を抑えてケアすることが大切です。マナラの〈ホットクレンジングゲル〉なら優しく角栓を落としてくれるので、黒ずみ毛穴や角栓でお悩みの人のケアにぴったりです。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン

監修者プロフィール

美容ライター遠藤 幸子
  • エイジング美容研究家
  • 美容ライター

1976年生まれ。美容ブログの開設やアットコスメの編集部公認ビューティストに認定されたのをきっかけに、月刊誌への連載やウェブでのコラム執筆などの活動をスタート。その後記事の執筆・監修のほか、企業のインフォマーシャルや雑誌、ラジオ、広告、新聞などへ出演するなど幅広い活動を行なっている。

【資格】

  • 日本抗加齢医学会正会員
  • JAM アンチエイジングアドバイザー
  • スキンケア協会 スキンケアアドバイザー