2020.10.06

毛穴を消すために見直すべき食生活とは?

  • 毛穴
  • 毛穴開き
  • 毛穴スキンケア
毛穴を消すために見直すべき食生活とは?

毛穴の目立ちを改善したくて、毎日スキンケアを頑張っているけれど、なかなか効果が出ない…という方もいるのではないでしょうか?
きちんとスキンケアをしているのに効果が感じられないのは、「食生活」が原因かもしれません。毛穴が目立つ原因はいくつかあるので、原因に合わせた栄養素を食生活に取り入れることがおすすめです。
この記事では、毛穴レスの肌を手に入れるために食生活に取り入れたい栄養素についてご紹介します。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン

今スグチェック!毛穴が目立つ悪習慣とは?

今スグチェック!毛穴が目立つ悪習慣とは?

まずは、ご自身の食生活を振り返って、肌に悪い食生活をしていないかをチェックしてみましょう!毛穴が目立つ食生活の悪習慣に思いあたる点があれば、今日から改善することをおすすめします。

[CHECK 1.] つい甘いものを食べてしまう

仕事で疲れたときなどに甘いものをついつい食べ過ぎてしまうという方もいるのではないでしょうか。甘いもののほとんどに含まれている糖分は、身体の中でタンパク質や脂質と結びつき、「糖化反応」が起こします。
糖化反応が起きて生まれる物質の「糖化最終産物(AGEs)」は、たるみの原因のひとつです。糖化最終産物はコラーゲンを傷つけます。コラーゲンは肌の水分を蓄え、肌のハリを保たせる機能があることを知っている方も多いでしょう。糖化最終産物が多く作られ過ぎると、肌のハリがなくなり、「肌のたるみ」、「しわ」、「シミ」の原因になるといわれています。

[CHECK 2.] 揚げものが大好き!

揚げものの食べ過ぎは、肌荒れを招きます。揚げものに含まれる脂質は、「皮脂の材料」です。揚げものを食べ過ぎると、体内の中に多く脂質が存在する状態になってしまいます。
皮脂が多く分泌されると、「ニキビ」などの肌トラブルを招く原因となるでしょう。しかし、肌トラブルが気になるからといって、まったく脂質を摂取しなければ肌は乾燥します。
皮脂の役割は、肌を紫外線や乾燥から守る「バリア機能を作る」働きです。皮脂の材料となる脂質が不足すると肌のバリア機能が低下して、肌トラブルの原因になるかもしれません。揚げものが好きな方は、適度を心がけましょう。

[CHECK 3.] コーヒーを1日に何杯も飲む

コーヒーの中に含まれるカフェインは、「交感神経を刺激する」働きがあります。カフェインを摂取し過ぎると、自律神経のバランスを崩す恐れがあるため気をつけましょう。自律神経の乱れは、「睡眠の質の低下」や「消化器官系の機能の低下」を招きます。睡眠の質が下がると肌のターンオーバーが乱れ、肌荒れを招くでしょう。
カフェインの利尿作用も肌荒れの原因のひとつです。肌に必要な栄養素である「ビタミンC」は「水に溶けやすい性質」があるため、トイレの回数が増える分ビタミンCは体外へ排出されてしまいます。
カフェインには「胃酸の分泌を促す」効果もあります。胃酸の過剰分泌は栄養の吸収を悪くして、肌に必要な栄養分を十分に摂取できず、肌荒れを招いてしまうでしょう。

[CHECK 4.] インスタントやレトルト食品をよく食べる

手軽に食べられるインスタントやレトルト食品の便利さに、ついつい頼りがちな食生活の方もいるのではないでしょうか。インスタントやレトルト食品も肌荒れを招く原因のひとつです。
インスタントやレトルト食品に多く含まれている「食品添加物」は、腸内の環境のバランスを壊してしまいます。食品添加物の多い食品に含まれている「酸化した油脂」は、「悪玉菌」の餌です。インスタントやレトルト食品を食べ過ぎると、腸内の悪玉菌が増えて腸内環境が乱れてしまうでしょう。
乱れた腸内環境から生まれた有害物質は、毛穴から排出されるといわれています。その際に、肌の角質や皮脂などと結合して肌のバランスを崩し、ニキビなどの肌トラブルの原因となるでしょう。

[CHECK 5.] アルコールや香辛料が好き!

アルコールや香辛料なども摂取し過ぎれば、肌トラブルの原因となるでしょう。アルコールは体内の中に入ると、酸化して「アセトアルデヒド」という物質に変化します。
アセトアルデヒドは毒素を含んでおり、肝臓で体内の水分を使用して分解しなければなりません。アセトアルデヒドの「毒素分解には大量の水が必要」です。「肌の水分も肝臓に集まるので、肌は乾燥状態」になるでしょう。
香辛料などの刺激物の過剰摂取は、皮脂の分泌を促進します。過剰に皮脂が分泌されて肌荒れやニキビなどの肌トラブルの原因となるため、摂取のし過ぎに注意しましょう。

毛穴を消すために摂るべき食べものとは?

毛穴を消すために摂るべき食べものとは?

毛穴のケアに効果のある栄養素を食事から摂取することで、身体の内側からも毛穴ケアができます。肌の外側と内側の両方から毛穴のケアをすれば、より高い効果が期待できます。 ここでは、毛穴を消すために摂取したい栄養素と、その栄養素が多い食べもの、調理方法をご紹介します。

1.緑黄色野菜に含まれる「ビタミンA」

緑黄色野菜に多く含まれる「ビタミンA」は、肌のターンオーバーを促し、肌のハリやうるおいを保つ働きがあります。ほかにも紫外線から肌を守る働きがあるので、「シミやしわの発生を防ぐ」効果も期待できるでしょう。ビタミンAが不足すると、肌は乾燥しやすくなります。
ビタミンAが多く含まれている食材は、ニンジンやカボチャなどに多く含まれているため普段の食事に取り入れてみてください。
ビタミンAは「脂溶性ビタミン」といって、油に溶けやすい性質をもっています。オイルでさっと炒めたり、生で食べる場合はオイルの入ったドレッシングをかけて食べたりすると吸収しやすくなるしょう。
ビタミンAを過剰摂取し過ぎると、頭痛などの健康被害を招くおそれがあります。ビタミンAが配合されたサプリメントを併せて摂取した場合、過剰摂取をしてしまうかもしれません。バランスよくビタミンAを摂取しましょう。

2.豚肉に含まれる「ビタミンB1」

ビタミンB1には、「皮脂の過剰な分泌を抑制する」働きがあります。「皮膚や粘膜の健康を保つサポートをする働き」や「肌の代謝を促す」働きもあるため、肌のたるみの予防や改善の効果も期待できるでしょう。
ビタミンB1は豚肉や大豆、たらこなどに多く含まれています。「水溶性ビタミン」に分類されるビタミンです。水溶性ビタミンとは水に溶けやすいビタミンのことをいいます。蒸して食べることで、ビタミンB1を逃がさずに摂取できるでしょう。
ビタミンB1は身体の中で水とくっついて排出されていきます。体内に蓄積されにくいビタミンですが、過剰摂取には気をつけましょう。

3.レバーや卵・乳製品に含まれる「ビタミンB2」

ビタミンB2は、「美容ビタミン」と呼ばれているビタミンです。細胞の成長を促進する効果があるため、「発育のビタミン」ともいわれています。皮膚、粘膜の再生を助けるので、細胞の健康を維持できるでしょう。
皮膚のターンオーバーを正常に促してくれるので、「美肌や毛穴の開き改善」の効果が期待できます。「アンチエイジングにも効果のある」栄養素だといえるでしょう。
ビタミンB2は、レバーや卵、乳製品などに多く含まれています。ビタミンB2も「水溶性ビタミン」です。調理をする際には、蒸したり、炒めたりする調理方法がおすすめです。バランスよく摂取して、美肌を目指しましょう。

4.忘れてはいけない「ビタミンC」!

ビタミンCも、きれいな毛穴にするために摂りたいビタミンです。ビタミンCのもつ「抗酸化反応」は、メラニンの生成を抑制する効果があります。
ビタミンCはコラーゲンを作る栄養素です。コラーゲンは肌のハリを支える働きがあるので、「肌のたるみを改善する効果」も期待できるでしょう。細胞を傷つけて老化を促進する「酸化作用」を防ぐ「抗酸化作用」は、肌を正常に戻す作用があるため、シミやしわ、肌荒れに対しての効果も期待できます。
ビタミンCが多く含まれている食材は、ピーマン、パプリカ、ゴーヤなどです。ビタミンCもまた、「水溶性ビタミン」に分類されます。効率的にビタミンCを摂取する調理方法は、蒸す調理方法と煮込む調理方法です。
蒸す調理方法は、水溶性ビタミンを逃がさずに調理できます。煮込む調理方法の場合、ビタミンCはスープに溶けこむため、「スープに溶けだしたビタミンCを摂取」しましょう。

【毛穴が目立つ原因別】おすすめの食べものとは?

【毛穴が目立つ原因別】おすすめの食べものとは?

毛穴の目立つ理由はいくつかあり、その理由によっておすすめの食材があります。 まずはご自身の毛穴が目立つ原因を知りましょう。

1.毛穴が目立つ3つの原因とは?

毛穴が目立つ原因は、「皮脂の過剰分泌」、「肌の乾燥」、「肌のたるみ」の3つだといわれています。3つの原因について詳しく見ていきましょう。

■皮脂の過剰分泌
皮脂が過剰分泌する原因は、「年齢」、「偏った食生活」、「ホルモンバランスの崩れ」、「ストレス」、「気温の上昇」など、さまざまな要因があります。皮脂が過剰分泌されると、毛穴の中に溜まった皮脂の量が増え続けてしまうこともあるでしょう。毛穴に溜まりきらなくなった皮脂は、「毛穴を押し広げて外に出る」ため、毛穴が目立ちます。
■肌の乾燥
肌の表面の水分が少なくなると、「肌のバリア機能が低下」します。肌のバリア機能は、皮脂と水分が混ざり合ってできた「皮脂膜」によるものです。肌はバリア機能を再生しようと皮脂を分泌しますが、肌が乾燥していると必要な水分が不足して皮脂膜ができません。皮脂膜が作られないので、肌は皮脂を分泌し続けます。過剰分泌した皮脂が毛穴を目立たせるでしょう。
■肌のたるみ
開いた毛穴が涙型のような縦に長い毛穴の場合、「肌のたるみ」が原因のひとつです。肌の弾力やハリがなくなると、肌は下方向にたれます。毛穴も引っ張られるので、毛穴が目立ちやすくなるでしょう。

2.3つの原因におすすめの食材とは?

毛穴の開く原因が分かったら、原因を改善する食材を積極的に摂取しましょう。

①「皮脂の過剰分泌」には、ビタミンB1・B2(ビタミンB6や不飽和脂肪酸、食物繊維)
ビタミンB1には「皮脂の過剰分泌を防ぐ」効果があります。ビタミンB1を多く含む食材は、豚肉や豆類です。
ビタミンB2は、「皮膚の健康を維持する助け」をしたり、「皮脂の分泌をコントロールしたりする」働きがあります。ビタミンB2を多く含んでいる食材は、レバーや納豆などです。
ビタミンB1・B2と合わせて「ビタミンB6」、「不飽和脂肪酸」、「食物繊維」を摂取しましょう。ビタミンB6には、「細胞の働きを活発」にし、「肌荒れを防ぐ」効果があります。ビタミンB6が多く含まれている食材は、バナナやニンニクです。
不飽和脂肪酸は、皮脂の材料である「脂質を分解」する働きがあります。不飽和脂肪酸は、オリーブオイルやサバなどに多く含まれている栄養素です。食物繊維は、「脂質をエネルギーに変える」ので、皮脂の材料となる脂質の蓄積を防げるでしょう。食物繊維の多い食材は、ワカメやゴボウなどです。

②「肌の乾燥」には、ビタミンA(タンパク質やセラミド)
ビタミンAは、肌のターンオーバーを促し、「乾燥肌を予防する」働きがあります。ビタミンAの多い食材は、ニンジン、カボチャなどです。
タンパク質は、「肌のうち側の保湿」に深く関係しています。角質層内には、水分を保つために「天然保湿因子」があり、タンパク質はこの「天然保湿因子の材料」になるといわれています。タンパク質の多い食材は、肉や大豆などです。
セラミドも肌のうるおいを保つために必要な栄養素だといえます。セラミドは、「肌のうるおいを保ち、肌を守るバリア機能をもっている」からです。セラミドは、こんにゃく、しらたきなどに多く含まれています。

③「肌のたるみ」には、ビタミンC(コラーゲン)
加齢が原因の肌のたるみには、ビタミンCが有効です。ビタミンCには「抗酸化作用」があるので、活性酸素の働きを抑制して肌を正常に戻す働きを期待できるでしょう。
コラーゲンも肌のたるみに効果的です。肌のハリを支えているコラーゲンが不足すると、肌は支えをなくしてしまいます。「コラーゲンの不足がたるみの原因」のひとつだといえるでしょう。コラーゲンは、牛スジ、手羽先などに多く含まれています。

3.毛穴レス肌に導くスキンケア&メイク方法とは?

毛穴レス肌を目指すためには、スキンケアとメイク方法が重要です。ここでは、毛穴レスに効果的なスキンケアやメイク方法についてご紹介します。

①クレンジングで丁寧にオフする

メイクの洗い残しは、毛穴の中で皮脂などと混ざり合い、角栓を作る材料になってしまいます。「角栓が大きくなると毛穴も大きく開く」ので、メイクの洗い残しがないように気をつけましょう。 マナラの<ホットクレンジングゲル>は、温感ジェルが肌を温めて、毛穴を緩めます。配合されている「カプセル化パパイン酵素」が角質や毛穴の奥の汚れまで絡め取って、きれいにメイクを落とせるでしょう。 石油系界面活性剤を使用しておらず、「植物性由来の界面活性剤」が最小限配合されています。洗浄力は抜群で、ダブル洗浄は必要ありません。美容液成分が91.3%配合されており、「美容液で顔を洗うような贅沢なクレンジング」です。 正しい使用方法を守ることで、<ホットクレンジングゲル>の効果をより実感できるでしょう。<ホットクレンジングゲル>の正しい使用方法の動画をぜひご覧ください。

②スキンケアは毛穴の開きにアプローチするものを!

毛穴の開きが気になる方は、「毛穴の開きに効果があるスキンケア化粧品」を使用するとよいでしょう。 マナラの<オンリーエッセンス>は、毛穴ケアに強い味方のオールインワン美容液です。<オンリーエッセンス>に配合されている「ケアナリア」は、悪玉皮脂を抑制して善玉皮脂が働く環境を整える働きをします。ほかにも58種類の美容成分が配合されているため、毛穴を引き締めたり、肌を柔らかくしたりする効果を期待できるでしょう。
毛穴ケアに効果的な<オンリーエッセンス>を使った正しい肌のお手入れ方法を動画で説明します。

③ファンデは塗り方が大事!

毛穴レス肌にするには、ファンデーションの塗り方も重要です。間違った方法でファンデーションを塗ると、「毛穴を目立たせる」場合もあります。正しい塗り方を実践することで、化粧の仕上がりがワンランクアップするでしょう。
マナラの<BBリキッドバー>は、リキッドファンデーションのカバー力とBBクリームの手軽さをもっています。「30秒」で「毛穴」だけではなく、「シミ」や「くすみ」を隠すファンデーションです。<BBリキッドバー>は簡単な2ステップで、ツヤ肌ベースメイクが完成します。

<BBリキッドバー>の塗り方

  1. BBリキッドバーを5ミリメートルほど出しましょう。顔の中心から外へ向かって、リキッドバーを密着させたまま、肌の上を滑らせます。頬に2本~3本、額に1本滑らせましょう。
  2. スポンジか手を使い、リキッドを顔全体に馴染ませます。鼻の周りはスポンジや手に残っているものを使ってしっかりと伸ばしましょう。

<BBリキッドバー>の正しい塗り方がさらに詳しく分かる動画をご紹介します。

まとめ

まとめ

「毛穴」に効果的なスキンケアをしても、あまり効果が感じられないという方は、「食生活」を見直しましょう!毛穴の目立ちにつながるような食習慣を見直し、「毛穴ケア」に効果のある栄養素を積極的に摂り、バランスのよい食事を心がけることが重要です。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン