毛穴の開きがおこる原因と毛穴ケアの方法

毛穴の開きがおこる原因と毛穴ケアの方法

毛穴は、肌や顔の印象を左右することがあります。というのも、毛穴が目立つと、実年齢より老けて見られてしまったり、清潔感を欠いた印象を与えてしまうことがあるからです。

ここでは、開き毛穴はどうやってケアしていけばいいのかを詳しく解説します。毛穴が開いてしまう原因や開き毛穴を目立ちにくくする方法についてもお教えしますので、開き毛穴に悩まされている人は必見です。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン

毛穴の開きが起こる原因5つ

毛穴の開きが起こる原因5つ

毛穴の開きは、肌老化や毎日の間違ったスキンケア、生活習慣など幅広い原因により生じます。原因を理解することが改善につながります。ここでは5つの原因をご紹介しますので、当てはまるものがないかチェックしてみてください。

1  加齢や酷い乾燥による肌のハリ・弾力の低下

個人差はありますが、肌は20代から乾燥しやすくなり、30代、40代と年齢を重ねるにつれて乾燥の度合いがひどくなったり、乾燥肌の人が増えてきます。乾燥が深刻化したり、肌のハリ・弾力が低下すると、シワやたるみといった年齢サインが出てきやすくなり、老けた印象に見えてしまいます。
そうすると、丸だった毛穴も楕円状になり、毛穴がより目立つようになってしまいます。これは、たるみ毛穴と呼ばれるタイプで、頬などによく見られます。斜め上に引っ張ると目立たなくなるのが、たるみ毛穴の特徴です。


2  肌の乾燥

20代以降になると、皮脂の分泌量が徐々に減少し、乾燥が気になり始める人が多くなります。肌が乾燥すると、キメが乱れて肌の柔軟性が失われることによって毛穴が目立ってくることがあります。


3  皮脂の過剰分泌

ホルモンバランスの関係で皮脂が大量に出やすい10代の人やオイリー肌の人は、過剰に分泌される皮脂によって毛穴に皮脂や古い角質などが詰まって毛穴が目立ちやすくなります。主にTゾーンの毛穴が目立ちやすいという特徴があります。
過剰に皮脂が分泌されると、それを頻繁に取り除きたくなりますが、やりすぎると更なる皮脂の分泌を招くことに。そのため1日2回の洗顔、または、朝の洗顔と夜のクレンジングを丁寧に行うことを基本に、あぶらとり紙の多用などは避けましょう。


4  ターンオーバーの乱れ

加齢や季節の変わり目などが原因で、肌のターンオーバーが乱れることがあります。そうすると、毛穴に古い角質が溜まって角栓ができやすくなります。できてしまった角栓は放置しておくと大きくなり、毛穴から飛び出るほどのサイズになって毛穴の出口を広げてしまうことがあります。そして、開き毛穴がどんどん進行していくことにつながります。


5  食生活の乱れやストレスなど

食生活の乱れやストレスなどは、毛穴のトラブルには少なからず関係があります。お菓子や脂っこい食事などは皮脂の分泌量を増やしてしまいます。
また、ストレスはホルモンバランスを乱し、その結果、女性ホルモンより男性ホルモンが優位に立つこともあります。その男性ホルモンには、皮脂の分泌量を増やす作用があると言われています。

原因別の毛穴開きのケア方法

原因別の毛穴開きのケア方法

ここまでご紹介した開き毛穴になってしまう5つの原因のなかに、当てはまるものはありましたか?ここからは、先ほど紹介した原因別に最適な開き毛穴のケア方法をご紹介します。ぜひ実践してみてください。

1  加齢や酷い乾燥による肌のハリ・弾力の低下が原因なら・・

加齢や酷い乾燥などによって肌のハリ・弾力が低下することによってあらわれる、楕円状のたるみ毛穴が気になるなら、まず基礎化粧品を見直しましょう。保湿成分や肌のハリ・弾力をアップしてくれる成分が含まれている化粧品を使用することが大切です。
保湿成分は、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどいくつもの種類があります。それらが豊富に配合されている基礎化粧品を選びましょう。中でも、コラーゲン は、肌のハリを高める効果が期待できる成分として注目したいところです。
また、肌のハリ・弾力を高める効果がある成分としては、ビタミンC誘導体があります。これらの成分が配合されている基礎化粧品を積極的に使用していきましょう。


2  肌の乾燥が原因なら・・

肌が乾燥してキメが乱れ、肌の柔軟性が失われることによって毛穴が目立つなら、保湿に特化したケアを行いましょう。上記のように基礎化粧品の見直しで、保湿成分が配合された基礎化粧品を使うことが大切です。
それに加えて、クレンジングや洗顔を見直しましょう。使用する商品そのものを保湿力の高いものにするほか、正しい方法でケアをすることも重要となります。
また、乾燥が酷い場合には、肌が敏感に傾きやすくなります。そのため肌に刺激を与えないよう注意する必要があります。添加物が多いものは肌へ負担をかける恐れがあるため、添加物の少ない低刺激のクレンジング剤や洗顔料を選びましょう。


3  皮脂の過剰分泌が原因なら・・

10代の肌は、ホルモンバランスの影響で過剰に皮脂が分泌されがちです。そのため気になって1日に何度も洗顔をしたり、頻繁にあぶらとり紙を使って皮脂を取りたくなるかもしれません。しかし、そのような行為は更なる皮脂の分泌を招くことにつながります。
洗顔は1日2回までとし、日中皮脂が気になった時はティッシュで抑えるのがおすすめです。


4  ターンオーバーの乱れが原因なら・・

加齢や季節の変わり目などによってターンオーバーの乱れが生じることが原因なら、ターンオーバーを整える効果がある基礎化粧品を取り入れたり、季節に応じてスキンケアの方法を変えたりすることが大切です。
また、季節の変わり目に一時的に敏感肌になってしまうこともあるでしょう。そんな時は、敏感肌でも使える低刺激の化粧品で優しくケアすることも大切です。


5  食生活の乱れやストレスなどが原因なら・・

食生活が乱れているのであれば、まずは食事の栄養バランスを見直しましょう。脂質・糖質の多い食事をしていると過剰な皮脂分泌につながる恐れがあります。毛穴や皮脂分泌が気になるなら、脂質や糖質を多く含む食品の摂取に気をつけることも大切です。
過剰な皮脂分泌を身体の内側から抑えたいなら、皮脂分泌を抑える作用があるとされるビタミンB2やB6が含まれる食品を摂ることがおすすめです。ターンオーバーを整えるとされるビタミンAも良いでしょう。
また、週に数回はストレスを発散できるような趣味を持つのもおすすめです。ストレスの発散方法が運動ならより効果的です。なぜなら、体を動かすことによって代謝が促進される効果が期待できるからです。

すべての原因に効果的なのは正しいクレンジングと洗顔

どんな原因の場合も毛穴ケアの基礎ともいえるクレンジングと洗顔です。それらを正しい方法で行うことが重要です。
正しいクレンジングや洗顔をするときに気を付けておきたいのが、洗顔時のお湯の温度です。お湯の温度は冷たすぎると皮脂を落としきれず、熱すぎると必要な皮脂まで落としてしまいます。 乾燥肌・敏感肌・インナードライ肌は30〜32℃、普通肌・オイリー肌は32〜35℃前後のぬるま湯で洗いましょう。
洗顔後にタオルで肌を拭くときは、ゴシゴシこすらないように注意が必要です。強くこするとタオルの摩擦によって肌が傷ついてしまいます。タオルをは、肌に優しくあてて水分を吸収するように拭きましょう。

開き毛穴に効果的にケアはほかにも

毛穴開きのケアは継続が大切

一度開いてしまった毛穴は簡単には戻らず、長くケアしていく必要があります。コツコツケアを続けていけば徐々に毛穴に変化が訪れます。ケアの方法は、下記の通りです。毛穴の変化を楽しみながらケアを継続していきましょう。

簡単で効果的な表情筋エクササイズ

加齢による肌のハリ・弾力の低下を実感しているなら、表情筋を鍛えるエクササイズも実践してみましょう。エクササイズをすることでリフトアップ効果や小顔効果が期待できます。

目・鼻・口など顔の全パーツを中心に寄せる

  1. 目・鼻・口など顔の全パーツを顔の中心に寄せます。
  2. 1の状態からパッと元の状態に戻します。
  3. 口角を上げて笑顔を作り、頬を下から軽く持ち上げます。

それぞれの手順を10秒ほどかけて行いましょう。朝晩の習慣にしてみてください。

習慣にしたい基礎化粧品の塗り方

基礎化粧品を塗る時には、毛穴の開きに逆らって塗るのがおすすめです。そして、たるみ毛穴が気になる頬は、斜め上に軽く引き上げるようにして基礎化粧品を塗ることを習慣にすることでリフトアップ効果が期待できます。

血行を良くするピアノタッチ

たるみ毛穴が気になる場合は、特に血行をよくするようなケアを行うことも効果的です。化粧水などを浸透させた後に、ピアノをタッチするような力加減で、肌をトントンと叩くように軽く刺激します100回ほどを目安に、テレビを観ながらなど何かの合間に行っておきましょう。

毛穴の開きの改善方法、目立たなくする方法

毛穴の開きの改善方法、目立たなくする方法

開いてしまった毛穴を改善したい人におすすめのアイテムがあります。 特にオイリー肌の人は必見です。 また、毛穴ケアをしているけれど、メイクで毛穴を目立ちにくくさせたいという人に実践してほしいメイク方法についてもお教えします。

部分用下地を利用する

毛穴ケアを始めてもすぐに改善できるわけではありません。そのため毛穴が目立たなくなるまでは外出時にメイクで毛穴をカバーしましょう。
メイク用品には部分用下地というものがあり、毛穴の凹凸を埋めてフラットな状態に見せる部分用下地を使うことで、開き毛穴をカバーすることができます。その上からファンデーションを重ねれば、毛穴もそれほど気にならなくなるでしょう。
さらに、サラッとしたテクスチャーでテカリ対策もできる部分用下地を選べば、日中の化粧崩れも防止することができ、一石二鳥です。

肌の凹凸にファンデーションをフィットさせる

化粧下地を使っても毛穴を完全にカバーできない場合は、ファンデーションも活用しましょう。ファンデーションにはパウダー・クリーム・リキッド・リキッドバーがありますが、 どのタイプでもスポンジでファンデーションを馴染ませていくことがおすすめです。
毛穴が気になる部分は、スポンジでポンポンと塗り、それ以外の部分は内側から外側に向かってスポンジを滑らせるように塗っていきましょう。また、小鼻や目元などの細部は、スポンジの端で馴染ませると塗りやすいです。
全体的に馴染ませたあと、スポンジで軽く抑えていけば肌への密着度が高まり、より肌がキレイに見えます。

毛穴を目立たせたくないなら根本からケアできるアイテムを選ぼう!

毛穴を目立たせたくないなら根本からケアできるアイテムを選ぼう!

前述では毛穴を目立たせない方法についてご紹介しましたが、やはり毛穴レスで素肌そのものが美しいのに越したことはないですよね。そこで、毛穴を目立ちにくくするための根本毛穴ケアができるアイテムをご紹介します。

メイク落とし×毛穴ケアができる 「ホットクレンジングゲル」

ホットクレンジングゲルはW洗顔不要の温感クレンジングです。オリーブ油やメドウフォーム油がメイク料を浮かせつつ、毛穴汚れを溶かします。カプセル化パパイン酵素が角質を柔軟にしてくれるので、古い角質もメイク料や汚れと一緒にスッキリオフできます。

クレンジングには美容液成分を91.3%も配合。乾燥しがちな肌をしっとりさせるセラミドやスクワラン、ハリのある肌を作ってくれるスーパーマイクロコラーゲン、肌の透明感をアップするハイドロキノン誘導体など、肌に嬉しい効果が期待できる成分を含んでいます。
アーチチョーク葉エキスやマナラ独自成分のケアナリアといった毛穴ケア成分が、健康的な毛穴を目指すためにアプローチ。7つの添加物を除いた無添加処方だから、乾燥肌・敏感肌の人も安心して使えるクレンジングゲルです。


洗浄成分ゼロなのに毛穴スッキリ! 「モイストウォッシュゲル」

洗顔料でありながら、洗浄成分が一切含まれていない嬉しい魅力を持つ洗顔料です。コラーゲンやスクワランなどの美容成分が肌の汚れを包み、シーバムクリアモイスチャライザーが皮脂汚れをオフ。カプセル化パパイン酵素が古い角質を柔軟にし、落としやすくします。

美容液成分を98.8%も配合。美肌のためのケアだけでなく、アーチチョーク葉エキスやケアナリアといった成分が毛穴ケアも同時に行ってくれます。こちらも無添加処方だから、化粧品による肌への刺激を最小限に抑えることができます。
コットンでの拭き取り洗顔ができるため、朝の洗顔に最適。コットンで拭き取ることで汚れが取れていることを実感しやすいですし、拭き取ったあとはすぐにスキンケアができるため、忙しい朝の時短アイテムとしておすすめです。

まとめ

開き毛穴の原因は、世代・肌質などによってさまざまです。それぞれの原因別の対処法を知り、コツコツケアを行いましょう。すべての原因に共通するのは正しいクレンジングや洗顔です。どんな原因で開き毛穴になったとしても、毎日のクレンジングや洗顔は特に丁寧に行いましょう。
毎日のクレンジングや洗顔におすすめなのが マナラの〈ホットクレンジングゲル〉です。オイリー肌にも敏感肌にもおすすめの低刺激の温感クレンジングで、無理なく角栓を落としてくれます。美容液成分も配合しているため、メイク落としながらスキンケア効果も期待できます。
W洗顔不要なのも〈ホットクレンジングゲル〉の魅力です。毛穴のお悩みを抱えている方は、ぜひ一度お試しください。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン

監修者プロフィール

美容ライター遠藤 幸子
  • エイジング美容研究家
  • 美容ライター

1976年生まれ。美容ブログの開設やアットコスメの編集部公認ビューティストに認定されたのをきっかけに、月刊誌への連載やウェブでのコラム執筆などの活動をスタート。その後記事の執筆・監修のほか、企業のインフォマーシャルや雑誌、ラジオ、広告、新聞などへ出演するなど幅広い活動を行なっている。

【資格】

  • 日本抗加齢医学会正会員
  • JAM アンチエイジングアドバイザー
  • スキンケア協会 スキンケアアドバイザー