2019.12.13

毛穴の開きにクリームが良いって本当?原因別最強ケアで毛穴開きを撃退しよう!

  • 毛穴
  • クリーム
  • スキンケア
  • 毛穴ケア
毛穴の開きにクリームが良いって本当?原因別最強ケアで毛穴開きを撃退しよう!

「毛穴の開き」に悩んでいるという方は、想像以上に多いはず…。「開き毛穴」のケアといえば、クレンジングや化粧水、乳液などのスキンケアが代表的です。しかし、実はこれだけでは毛穴の開きを改善するのに十分とはいえません。
毛穴ケアで忘れてはいけないのは、「保湿」。しかしこの「保湿ケア」を適当に済ませてしまっているという方も多いのではないでしょうか。毛穴の開きにより効果的な「保湿ケア」を行うなら、最後の仕上げにクリームを使うのがおすすめです。化粧水や乳液によって与えた潤いをクリームの油分で閉じ込めることで、毛穴の開きをじわじわと目立たなくしてくれます。
そこで本記事では、毛穴の開きに有効な「クリーム」によるケアと、毛穴が開く原因とケア方法についてご紹介します。

毛穴の種類によっては「クリーム」ケアがおすすめ

毛穴の種類によっては「クリーム」ケアがおすすめ

「毛穴の開き」は、その種類により適したケアの方法が変わってきます。でも、どの種類にも共通しているのは、「保湿」が重要ということ。「クリーム」は、化粧水や乳液によって肌に浸透した潤いを逃げないように閉じ込めてくれるため、保湿効果が期待できます。ここからは、毛穴の種類別に有効な「クリーム」ケアについて見ていきましょう。

「たるみ毛穴」にはエイジングケアを!

「たるみ毛穴」には、エイジングケア成分を配合するクリームが有効です。「たるみ毛穴」は、年齢とともに肌の新陳代謝の機能が鈍くなり真皮におけるコラーゲンやエラスチンなどの肌の弾力を保つ成分の生成量が減少することで起こる症状。
「たるみ毛穴」を改善するには、加齢によって減少するコラーゲンやエラスチンの生成量を増やす必要があります。そこで活躍するのが、「レチノール」と「ビタミンC誘導体」などのエイジングケア成分。
「レチノール」や「ビタミンC誘導体」には加齢により減少するコラーゲンやエラスチンの生成量を増やす役割があるため、「たるみ毛穴」をはじめ、しわやほうれい線などの加齢を要因とした肌トラブルの改善に最適です。


「乾燥毛穴」は油分が必要!

肌や角層の水分量が低下することで起こる「乾燥毛穴」には、油分が欠かせません。肌が乾燥するとハリがなくなり、「毛穴の開き」が目につくようになります。また乾燥によって肌の新陳代謝機能が乱れるため、古い角質が毛穴にたまって皮脂が詰まり、ニキビトラブルを引き起こすこともあるでしょう。
「乾燥毛穴」の改善には、クリームによる油分の補給がおすすめです。化粧水で肌を潤した後にクリームで毛穴に油分を与えることで、肌の水分バランスが整いしっかり保湿ができます。


「たるみ毛穴」「乾燥毛穴」を同時にケアできる<オンリーエッセンス>

マナラの<オンリーエッセンス>は、「たるみ毛穴」と「乾燥毛穴」のケアの両方を叶えてくれるすぐれものです。「たるみ毛穴」には、エイジングケアに有効な6種類の「加水分解コラーゲン」のほか、セラミドやプラセンタなどの58種類の「美容成分」で徹底アプロ―チ。肌に弾力を与え、ピーンとしたハリ肌を実現します。
一方「乾燥毛穴」には、マナラが日本で初めて採用した新成分「ケアナリア」で徹底抗戦。「ケアナリア」は毛穴を攻撃する「悪玉皮脂」を抑え、肌のうるおいを保つ「善玉皮脂」の働きにアプローチして、毛穴をキュッと引き締めます。
しかもマナラの<オンリーワンエッセンス>は化粧水、乳液、美容液、クリームが一緒になった「オールインワン美容液」だから、手軽でとってもおすすめです。

毛穴が開く原因は?

毛穴が開く原因は?

毛穴が開いてしまう原因はひとつではありません。代表的な「開き毛穴」の原因は、「加齢」「乾燥」「皮脂・汚れ」の3つです。
それぞれの「開き毛穴」の特徴を知ることで、自分にとって最も効果的な毛穴ケアを選ぶことができます。ここからは、「毛穴が開く」3つの原因について見ていきましょう。

原因1. 加齢

加齢により肌に弾力がなくなると、重力の影響に勝てず、毛穴が縦に広がります。その結果、本来は丸い形をしている毛穴が、楕円やしずく状に開いてしまいます。「たるみ毛穴」は、肌の弾力を保つ機能を担う「真皮のコラーゲン」や「エラスチン」が減少することで起こる毛穴トラブルです。
肌の老化現象は、20代後半くらいから段階的に進行します。20代では「毛穴が詰まっている」程度にとどまっていた肌トラブルも、30代からは「肌のたるみ」の症状が加わるため、年齢に応じた本格的なエイジングケアが必要です。


原因2. 乾燥

あらゆる肌トラブルを引き起こすことから「肌の天敵」として何かと耳にすることの多い「乾燥」は、開き毛穴の原因のひとつです。乾燥により肌のキメがなくなったり、皮脂の過剰分泌が起こったりすることで、毛穴の開きが目立つようになります。
乾燥することで最初に起こるのが、肌を紫外線や摩擦などの外的刺激から守るバリア機能の低下です。
バリア機能が低下すると、肌は機能を改善しようと皮脂を過剰に分泌します。大量の皮脂が肌表面を覆うことにより、余分な皮脂が詰まって毛穴の出口が広がってしまい、開き毛穴を形成してしまうのです。
乾燥を放置すると、角質がはがれ肌のたるみへと進行する悪循環にはまってしまいます。症状を自覚したら、早期に対処するようにしましょう。


原因3. 皮脂・汚れ

丸い形をした「開き毛穴」の多くは、皮脂や汚れが毛穴に詰まっていることが原因です。毛穴に白い角栓が詰まっていたり、酸化して角栓が黒ずみになっていたりする場合は、洗顔不足の可能性があります。
洗顔不足による開き毛穴の場合には、クレンジング・洗顔でしっかりと皮脂や汚れを洗い落とすことが大切です。とはいえ、洗顔をし過ぎてしまうと肌を乾燥させて皮脂の過剰分泌を招くこともあります。肌の潤いを保ちつつ、皮脂汚れを取り除いてくれるスキンケアアイテムを選ぶようにしましょう。

皮脂・汚れによる「毛穴の開き」をケアするには?

皮脂・汚れによる「毛穴の開き」をケアするには?

毛穴汚れを落とすためには、 毛穴を広げる「角栓」は、皮脂や汚れがもととなってできます。クレンジングや洗顔をしっかりとしているのに皮脂・汚れが落としきれていないという方は、 今までとは違うスキンケアを取り入れてみるというのもひとつの手です。ここでは、 皮脂・汚れによる「開き毛穴」のおすすめケアをご紹介します。

毎日の洗顔やクレンジングで落とすようにする

パックリと開いてしまった毛穴の改善には、皮脂や汚れをため込まないことが重要です。毎日行う洗顔やクレンジングで、その日の皮脂汚れをしっかりと洗い落とすようにしましょう。より効果的に皮脂汚れを落としたいなら、クレンジング・洗顔前に「蒸しタオル」を使うのがおすすめです。
適温に温めた「蒸しタオル」を顔にのせることで毛穴が開き、皮脂汚れを落としやすくなります。またクレンジング前に行えば、蒸しタオルからの熱によってやわらなくなった皮脂がクレンジング剤となじむため、クレンジング効果はさらに高まります。

皮脂・汚れには<ホットクレンジングゲル>がおすすめ!

頑固な皮脂汚れもしっかり落としてくれるマナラの<ホットクレンジングゲル>は、温感ゲルが毛穴や角質をゆるめて、皮脂汚れを根こそぎつかんで取り除いてくれます。
<ホットクレンジングゲル>の構成成分は91.3%を美容液成分で占めているため、汚れを落としながら同時に美容液と同等の保湿効果が期待できます。使うたびにもちもちとした弾力のある肌を実感できるでしょう。

まとめ

毛穴開きの改善には、「保湿」が必要不可欠。入念な保湿ケアをすることで、毛穴開きはどんどん目立たなくなっていきます。保湿効果を最大限に高めるためには、化粧水や乳液で与えたうるおいが逃げないよう「クリーム」の油分で蓋をしてあげましょう。
「たるみ毛穴」や「乾燥毛穴」などの毛穴トラブルには、エイジングケア成分を配合したクリームによるケアがおすすめです。
また皮脂汚れが詰まったことによる毛穴開きには、クレンジングや洗顔も重要なポイント。これらのスキンケアは蒸しタオルなどで毛穴を開かせてから行うと、より高い洗浄効果が期待できるでしょう。
肌に負担をかけずに毛穴の開きを改善したいという方は、マナラの<ホットクレンジングゲル>をぜひご利用ください。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン