2020.10.06

【黒ずみ毛穴でお悩みの方限定】自分のタイプを知って最適なケアを!

  • 毛穴
  • 毛穴の黒ずみ
  • クレンジング
【黒ずみ毛穴でお悩みの方限定】自分のタイプを知って最適なケアを!

小鼻を含むTゾーンや、頬の「毛穴の黒ずみ」に悩んでいる方は多いはず…。そんな美の大敵「毛穴の黒ずみ」を撃退するには、自分の「毛穴の黒ずみ」がどのような種類のもので何が原因でできたのかを知ることが先決です。
そこで本記事では「毛穴の黒ずみ」のタイプと、それに適したケア方法について解説します。自分の黒ずみのタイプを知って、より効果的なスキンケアを始めましょう。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン

【まずは】「毛穴の黒ずみ」をよ~く観察しましょう!

【まずは】「毛穴の黒ずみ」をよ~く観察しましょう!

「毛穴の黒ずみ」というと、「皮脂や汚れが詰まって毛穴自体が黒ずんでいるもの」と思われがちですが、原因はそれだけではありません。
「自分の毛穴がなぜ黒ずむのか?」を知るためには、ご自身の「毛穴の状態」を見ることで確認できます。この章を読んでいただくことで、黒ずむ原因を正確に知ることができます。ご自身の毛穴と照らし合わせながら、まずは原因を見つけましょう!

【毛穴の状態1】「頬」の黒ずみが気になる・・

「頬」のあたりの黒ずみが目立つ場合は、「開いた毛穴」による影の可能性が・・。「開いた毛穴」は周囲が凹んでいるため、光が当たると影ができ、まるで毛穴が黒ずんでいるかのように見えます。「頬」の黒ずみが気になる方は、「毛穴が開いていないかどうか」チェックしてみましょう!

【毛穴の状態2】「鼻の毛穴」が黒く見える・・

「鼻の毛穴」が黒く見える原因は「毛穴」から生えている「産毛」かも。その産毛が肌より色が濃いと、どうしても毛穴が黒く見えてしまいがちです。とはいえ産毛は細いので、特に女性であれば本来気にするような存在ではありません。
しかし毛穴に角栓が詰まっている状態だと、ターンオーバーによって抜け落ちるはずの産毛が外に出られません、すると産毛は角栓と一緒に毛穴に詰まり、黒くなってしまうことがあります。産毛が原因の黒ずみ解消にも、毛穴のお手入れが必要です。

【毛穴の状態3】「毛穴の周り」だけが黒い・・

毛穴の周りが黒ずんでいる場合は、日焼けが原因かも。紫外線によってダメージを受けた皮膚は、炎症を起こします。炎症が起こるとメラニン色素が多く発生し、毛穴の外側が茶色くなります。
この「メラニン毛穴」は、日焼け対策が不十分な方によく見られる毛穴トラブルのひとつ。「メラニン毛穴」は日焼けに限らず摩擦刺激や間違ったスキンケアでも起こるため、肌に刺激を与えないよう日頃から注意しましょう!

【毛穴の状態4】「角栓」が詰まって黒く見える・・

肌表面を触ってザラザラしている黒ずみは、「角栓」の詰まりが原因。「角栓」は皮脂や古い角質、メイク汚れが混ざり合ってできる汚れのことです。「角栓が大きくなり毛穴表面に頭を出すと、空気に触れた部分が酸化して黒く見えます。
「角栓」による黒ずみ毛穴は、小鼻や額などの皮脂分泌の多い箇所によくできるのが特徴です。メイク汚れが残っていたり間違ったスキンケアを行っていたりすると、過剰な皮脂分泌が起こって皮脂が毛穴に蓄積しやすくなります。

「毛穴の黒ずみ」原因別!今すぐ見直したいケア方法とは?

「毛穴の黒ずみ」原因別!今すぐ見直したいケア方法とは?

「黒ずみ毛穴」を改善するためには、自分の毛穴の状態に適したスキンケア方法を日々継続して行うことが大切です。習慣化しているケア方法を少し見直すだけでも、黒ずみを効果的に防げます。
ここでは、「毛穴の黒ずみ」の原因別に見直すべきポイントを紹介します。

「角栓」による「黒ずみ毛穴」の人は洗顔料・クレンジング剤を見直すべし!

メイクが落としきれていないことによる「角栓詰まり」には、洗顔料とクレンジング剤の見直しが効果的。特にクレンジング剤は、メイクの濃さや肌質によって適した洗浄力をもつものを選ぶ必要があります。
クレンジング剤の主な種類は「クリームタイプ」「オイルタイプ」「ジェルタイプ」です。洗浄力はそれぞれ違うため、以下で詳しくご紹介します。

1.クリームタイプ

おすすめの肌質:乾燥肌
「クリームタイプ」の洗浄力は中程度で、肌に優しいのが魅力。ナチュラルメイクの方にぴったりです。クリームが水分を豊富に含んでいるため、しっとりとした洗い上がりを感じられます。保湿効果も◎。

2.オイルタイプ

おすすめの肌質:オイリー肌
「オイルタイプ」はクレンジングの中で最も洗浄力が強く、濃いメイクであってもしっかり落とせます。高い洗浄力をもつことから、皮脂分泌の盛んなオイリー肌の方にもおすすめです。
オイルタイプは洗浄力が強く、乾燥肌や敏感肌の方にはあまり適していません。とはいえ、中には肌質の弱い方でも使える刺激の少ないオイルクレンジングもあります。自分の肌質に合っているか、前もってチェックするとよいでしょう。

3.ジェルタイプ

おすすめの肌質:乾燥肌~オイリー肌まで
「ジェルタイプ」の種類はとても豊富で、洗浄力の強いものから肌に優しいものまでさまざま。中でも最近話題の<ホットクレンジングジェル>は温感効果で毛穴を開いた上で洗浄するため、毛穴汚れの改善が期待できます。濃いメイクからナチュラルメイクまで、幅広い方におすすめです。

<ノンケミカル処方で叶えた高い紫外線カット力と最高の使い心地>

ノンケミカル処方で叶えた高い紫外線カット力と最高の使い心地

洗顔料とクレンジング剤を使う際は、使用量をしっかり守って使うことが大切。使用量が少なすぎると汚れを落としきれないだけでなく、手で直接こすり洗いをしてしまうことに。その結果、摩擦によるダメージを肌に与えてしまいます。
とはいえ、使用量は多ければよいというわけではありません。多すぎると本来肌にとって必要な皮脂までも洗い落としてしまうため、肌が乾燥する原因になりえます。 正しい使用量で「毛穴の黒ずみ」をケアしましょう。

「開き毛穴」の人は洗顔後の保湿方法を見直すべし!

クレンジング・洗顔だけで満足していませんか?クレンジング・洗顔が終わったら、すぐに保湿ケアを行うことが重要です!。保湿を忘れると、乾燥によって皮脂の過剰分泌が起こることがあります。「開き毛穴」の原因にもなる皮脂の過剰分泌は、とにかく早めの保湿が大切。 保湿ケアを行う際には、化粧水だけでなく乳液も忘れずに塗るようにしましょう。乳液は、化粧水で与えた潤いが外に逃げないよう、ふたをする重要な役割を担っています。保湿ケアは、最低でも化粧水+乳液のセットで行いましょう。

「メラニン毛穴」の人は日焼け対策を見直すべし!

日焼けによって肌がダメージを受けると、水分が蒸発し乾燥します。乾燥によって肌のバリア機能が乱れると自己防衛として皮脂の過剰分泌が起こるため、紫外線を浴びないように対策が大切です。
夏場は紫外線量が多いことから、日焼け止めを使っている方も多いはず。しかし、実は冬でも紫外線は降り注いでいます。日焼け止めは、夏・冬関係なく一年中使うのがおすすめです。

<ノンケミカル処方で叶えた高い紫外線カット力と最高の使い心地>

ノンケミカル処方で叶えた高い紫外線カット力と最高の使い心地

「毛穴の黒ずみ」ケアに効果的な洗顔方法とアイテムの選び方

「毛穴の黒ずみ」ケアに効果的な洗顔方法とアイテムの選び方

「毛穴の黒ずみ」ケアとしては、肌に負担をかけない方法で毛穴の汚れを落としやすい状況を作るのがおすすめです。ここでは、「毛穴の黒ずみ」ケアで効果が期待できる洗顔方法をご紹介します。

蒸しタオルで毛穴を開く

汚れを落としやすくするため、クレンジングの前に顔に蒸しタオルを当てて毛穴を開かせましょう。蒸しタオルには毛穴を開くだけでなく血行を促進させる効果もあるため、肌のターンオーバー機能の向上にもつながります。
蒸しタオルを用意する際は、熱すぎない人肌程度の温度に調整することが大切です。蒸しタオルには皮膚の油分や角質を取り除く効果もあるため、熱すぎると肌を乾燥させてしまいます。

クレンジング剤でメイクを溶かし落とす

ファンデーションや化粧下地、口紅などのメイクアイテムは、肌への密着度を高めるために油性成分を多く配合しています。クレンジング剤は油分を溶かす洗浄成分を含むため、クレンジングの際はメイクにクレンジング剤ををしっかりなじませた上で洗い流すようにしましょう。
クレンジングは普段のメイクの濃さや肌質に応じて、適したタイプのものを選ぶことが大切。その中でも肌への負担が少ないW洗顔不要のマナラの〈ホットクレンジングゲル〉がおすすめです。気になる方はこちらからご確認ください。

洗顔料で毛穴の中からキレイにする

洗顔料には、毛穴の中に詰まっている皮脂や古い角質を取り除く働きがあります。洗顔料の洗浄メカニズムは、泡を毛穴の中に行き渡らせ汚れを浮かして洗い落とすというもの。
洗顔の際には、しっかりと泡立てることを意識しましょう。泡の分子が大きいと、毛穴の中に入っていきません。水の量を加減しながら、弾力のあるキメの細い泡を作ることが大切です。
十分な泡立ちができれば、泡の弾力によって肌に摩擦刺激を与えずに済みます。塗る際には、泡を顔の上で転がすようになじませていきましょう。
ちなみに頑固な角栓が詰まった黒ずみ毛穴には〈ツルリナウォッシュ〉がおすすめ。詳細はこちらから!

化粧水・クリームでしっかり保湿をする

クレンジング・洗顔が終わったら、失った水分を補うために化粧水や乳液、クリームでしっかり保湿ケアを行います。保湿ケアは洗顔後すぐに行うことが大切です。
テカリや皮脂が気になる夏場は、ついつい化粧水のみのケアになってしまう方もいますよね。しかし夏場であっても、エアコンの風や紫外線によって肌の内側は乾燥している可能性があります。保湿ケアでは、化粧水によって与えた潤いを閉じ込める働きのある乳液やクリームの使用もプラスしましょう。

【即効性あり】毛穴の黒ずみ角栓を綿棒とオイルでケアする方法

【即効性あり】毛穴の黒ずみ角栓を綿棒とオイルでケアする方法

「綿棒+オイル」を使ったケア方法は、毛穴に負担をかけずに黒ずみがすっきり取れると評判です。ここでは、綿棒とオイルによる毛穴の黒ずみケアの方法を詳しくご紹介します。

使用できるオイルの種類

使用するオイルは、普段使っている美容オイルで基本的には構いません。使えるオイルの種類として、代表的なものを以下に挙げました。ただしオイルは肌に直接塗るため、香料などの添加物を含まないものがおすすめです。

  • オリーブオイル
  • ココナッツオイル
  • ホホバオイル
  • グレープシードオイル
  • ベビーオイル

綿棒を使ったオイルマッサージの方法

まずは綿棒にオイルを染み込ませます。黒ずみ角栓は油とよくなじむため、オイルはたっぷり含ませましょう。
十分な量のオイルが染み込んだ綿棒を、黒ずみの気になる箇所にクルクルと転がすように当てていきます。汚れを落としたいからと力を入れてこするようなことはせず、あくまでも「優しくマッサージする」ことを意識して。オイルの量が足りなくなってきたら、綿棒に再度染み込ませるか直接肌にオイルを塗ってもよいでしょう。

毛穴を開かせる一工夫でさらに効果がアップ

綿棒ケアでより効果的に黒ずみ角栓を取り除きたいなら、ケアの前に蒸しタオルで毛穴を開かせる一工程を取り入れるのがおすすめです。蒸しタオルを用意したらそっと顔にかぶせるように当て、しばらく時間を置きましょう。するとじんわりと毛穴が開いていきますよ。

蒸しタオルの簡単な作り方

蒸しタオルの作り方はとても簡単で、流れは以下のとおりです。

  1. タオルを水で濡らして「軽めに」絞る
  2. 絞ったタオルを電子レンジで数十秒温める

無理やり角栓を押し出したり、角栓パックを使って剥がしたりするのはNG

無理やり角栓を押し出したり、角栓パックを使って剥がしたりするのはNG

黒ずみが気になるからと角栓を無理に指で押し出したり、角栓パックを頻繁に使って剥がしたりするのはおすすめできません。角栓を無理やり取り除いてしまうと、毛穴に雑菌が入って炎症を起こしたり、取り除く前にあった角栓の形のまま毛穴が大きく開いてしまったりする可能性があります。
角栓が抜けた跡がポッカリと空いて、その穴にメイク汚れが蓄積してしまうと、さらなる毛穴トラブルの温床にもなりかねません。角栓は力任せに取り除くのではなく、丁寧なスキンケアで優しくじんわりと落としていきましょう。

毛穴の黒ずみケアの効果が出るまでには数か月がかかる

毛穴の黒ずみケアの効果が出るまでには数か月がかかる

肌のターンオーバーには周期があるため、黒ずみケアの効果を実感するまでには数週間から数か月程度はかかります。ターンオーバーの周期は年齢によっても異なり、若ければ若いほど周期は短くなることに。 黒ずみケアは肌のターンオーバー機能を促進させるよう、スキンケアだけでなく栄養バランスの整った食事や十分な睡眠時間の確保などにも心がけつつ、気長に続けていくことが大切です。

まとめ

まとめ

毛穴の黒ずみケアは、自分の毛穴の状態を知り黒ずみの原因を探ることから始めましょう。原因が分かったら、自分に合った適切な方法でケアをして。肌のターンオーバー期間は決まっているため、角栓が原因の黒ずみの場合は解消するのに時間が必要です。
黒ずみケアを気長に続けていくためには、手間がかかる方法よりも効率的に効果が上がる自分に合ったスキンケアアイテムを選ぶとよいでしょう。毛穴の黒ずみに悩んでいる方は、ぜひマナラのクレンジング・洗顔料をお使いください。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン