毛穴ケアで黒ずみから毛穴を守る方法を徹底解説

毛穴ケアで黒ずみから毛穴を守る方法を徹底解説

黒ずみ毛穴が目立ち、自分自身の肌に自信が持てないという人は多いのではないでしょうか。メイクをしている時はファンデーション等でカバーできるためそこまで目立たないものの、スッピンになると落ち込んでしまう事もあるかもしれません。
そんな黒ずみ毛穴にお悩みの人は、毛穴ケアを始めてみましょう。ここでは黒ずみ毛穴をケアする方法について詳しくお伝えしますので、ぜひ実践してみてください。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン

毛穴ケアの基礎のひとつは「クレンジング」

毛穴ケアの基礎は「クレンジング」

毛穴ケアの基礎のひとつとなるのは、毎日のクレンジングです。夜のクレンジングで毛穴汚れをスッキリ落とすことで、汚れの蓄積を防ぐことができます。ここで正しいクレンジング方法、注意しておきたいポイントについて紹介しますので、自分のクレンジング方法が正しいかどうかをチェックしてみましょう。

肌負担をおさえるクレンジング剤を選ぶ

クレンジング剤を選ぶときに見ておきたい2つのポイントがあります。 1つは添加物が少なく、美容液成分がたっぷり含まれているかどうか、もう1つは肌への負担をよりおさえられる仕様かどうかです。
実はクレンジング剤には、石油系界面活性剤やパラベンなどの添加物が含まれているものが多くなっています。
しかし添加物は肌に負担をかける可能性がありますし、成分によっては毎日の使用で肌が乾燥傾向に陥ってしまうことがあります。そのため、肌と毛穴を守るためには添加物の少ない無添加処方のクレンジング剤を使うことがおすすめです。
美容液成分がたっぷり含まれているものは、スキンケア効果が高く、洗い上がりの肌もしっとりとしていて乾燥を防いでくれます。クレンジング後のつっぱりを感じることも少ないでしょう。
肌負担を少なくするためにおすすめしたいクレンジング剤のひとつが、ダブル洗顔不要のものです。「クレンジング→洗顔」の2STEPは肌への摩擦回数が多くなってしまうため、肌と毛穴に負担をかけることがあります。
ダブル洗顔不要であれば1STEPでケアが終わるため、肌負担をおさえるだけでなくケアの時短もできます。


メイクをクレンジングで落とす

女性の中には毎日欠かさずメイクをするという人も多いでしょう。メイクをした日は、 大抵の場合クレンジングが必要となります。肌質に合ったクレンジング剤で優しくメイクを落としていくことで、毛穴に詰まった皮脂や汚れをキレイに落としましょう。
毛穴に詰まった皮脂や汚れは、黒ずみ毛穴の一因となります。リキッドやクリームファンデーションを使っている場合は、メイク料も毛穴に詰まりやすいため、毎日しっかりと落とさなければ 黒ずみ毛穴になってしまう恐れがあります。
クレンジング剤を肌全体、特にザラザラ感が気になる部分は入念に馴染ませることで、毛穴に詰まった角栓やメイク料、汚れを落とすことができます。こういった丁寧なクレンジングを毎日習慣にすることで黒ずみ毛穴もできにくくなるでしょう。


肌を温めておけば無理なく汚れが取れる

クレンジング前に肌を温めておけば、毛穴汚れをスッキリ落としやすくなります。毛穴は元々キュッと引き締まった状態になっているので、どんなクレンジングを使っても引き締まった状態の毛穴汚れはすべて落としきることが難しいのです。
そこで 蒸しタオルを使って事前に毛穴を温めておけば、毛穴が開いてクレンジング剤の洗浄成分が毛穴内に入り込みやすくなります。汚れを溶かし・浮かせ・吸着してオフできるので、毛穴をキレイな状態に導いてくれます。
メイクをしている肌に蒸しタオルはちょっと・・と思われる方も多いかもしれません。その場合は、温感クレンジングがおすすめ。温感クレンジングは肌に乗せることでじんわり温かくなり、毛穴を開くことができます。蒸しタオルを作る手間もありませんし、すぐに肌が温まるので時間の短縮も可能です。


洗顔後はしっかりと保湿する

毛穴ケアには洗顔後の保湿も大切です。肌と毛穴にうるおいをしっかり与えることで、健康的で柔らかな毛穴になり、クレンジング・洗顔時に角栓が取れやすいのです。また乾燥による皮脂の過剰分泌を防ぐこともでき、開き毛穴へのケア効果も期待できます。
保湿ケアにはコットンを使いましょう。コットンに化粧水や乳液を馴染ませ、優しく肌に押し当てて、肌の奥に成分を浸透させましょう。
馴染ませる時に力を入れ過ぎると摩擦で肌を傷めることに。力を入れ過ぎないよう注意が必要です。また肌への優しさを考えるなら、オーガニックコットンの使用がおすすめです。こだわりの素材を使用したコットンであれば、肌に負担をかけにくいでしょう。

クレンジングをする際の4つの注意点

クレンジングをする際の4つの注意点

「クレンジングは毛穴ケアの基礎となる」とお話ししましたが、ただ顔を洗えばいいというわけではありません。 クレンジングのときに気を付けておきたいポイントがいくつかあり、そこを間違ってしまうと肌と毛穴に負担がかかる恐れがあります。
ここではクレンジングをする際に気を付けたい4つのポイントをご紹介しますので、ご自分のクレンジング方法を見直してみましょう。

1  強めにこすって洗う

肌の汚れや角栓をきちんと落とそうと、強く肌を擦るのはNG。肌を強く擦ると摩擦によって肌と毛穴にダメージが加わり、乾燥や毛穴トラブルなどを引き起こす恐れがあります。
肌の汚れをしっかり落とす洗浄成分や、汚れを落とすための工夫がされているクレンジング剤を使えば無理なく毛穴汚れは落とすことができます。クレンジング剤を毛穴部分に馴染ませ、クルクルとマッサージをするように指を優しく回すだけでザラザラ感が徐々になくなっていくでしょう。


2  すすぎ残しがある

クレンジング剤で肌全体を洗ったら、その後は水かぬるま湯で泡を落としきります。このときにすすぎ残しがあると、 すすぎ残しが肌の汚れとなり、毛穴に詰まってしまいます。
完全にクレンジング剤を洗い流してから、加えて1~3回すすぐのがおすすめです。すすぐときは肌に摩擦を与えないよう、やさしく行うことを心掛けてください。


3 クレンジングに時間をかけすぎている

時間をかけて丁寧にクレンジングをすれば、汚れを完全に落とせるのではないかと考えがちですが、実はクレンジングに時間をかけすぎるのはよくありません。それだけ肌への負担が大きくなるからです。
クレンジングからすすぎ終わるまでの時間を合わせて、30~60秒ほどがおすすめです。この時間内にクレンジングを済ませ、すぐに保湿ケアをしてください。


4  タオルでごしごし顔をこすっている

クレンジング後は肌の水分を拭き取るためにタオルを使いますが、タオルでごしごし顔を擦ると肌に強いダメージを与えてしまいます。クレンジング後の肌はとてもデリケートな状態なので、摩擦を与えることで乾燥状態を悪化させてしまったり、肌を傷める恐れがあるのです。
タオルで水分を拭き取るときは、水分をタオルに吸収させるように優しくあてていきましょう。タオル生地がごわついていたり固くなっていたりすると、肌にとって負担になってしまうため、柔らかく清潔なタオルを使ってください。

毛穴の役目と黒ずみ毛穴のでき方

毛穴の役目と黒角栓のでき方

毛穴は肌にたくさんあるため、黒くなってしまうとポツポツと目立ちます。目立ってくると「どうしてこんなに毛穴があるの」と嫌な気持ちになってしまいますが、 実は毛穴は、肌にとってとても大切な役目を持っているのです。ここでは毛穴が持つ役目と、黒ずみ毛穴になってしまう原因についてご紹介していきます。

毛穴の役目は皮脂を出すことによって肌を守ることにある

毛穴は「毛穴から皮脂を出す」という大事な役目を持っています。皮脂は肌を乾燥などの外的刺激から守る働きを持っており、さらに肌内部のうるおいを外に逃がさずにとどめておいてくれます。
皮脂が不足すると、ダメージを受けやすい乾燥・敏感肌へと肌質が変化するだけでなく、バリア機能が低下してトラブルが起きやすい肌になってしまいます。 肌は一定量の皮脂があることで健康な状態を維持でき、その皮脂を排出するために毛穴があるのです。

黒ずみ毛穴は皮脂と古い角質、埃や取り切れなかったメイクが固まったため

角栓は毛穴の中でファンデーションのようなメイク料、皮脂、古い角質が固まることによって発生します。毎日の汚れをどんどん蓄積することで大きくなり、最初は毛穴の中に収まるサイズだったものが、毛穴から飛び出すほどになってしまうこともあります。
毛穴から飛び出てしまうほどになると、飛び出た部分が空気に触れ、酸化していきます。 酸化すると角栓はどんどん黒ずんでいきます。これが黒ずみ毛穴の正体です。

黒ずみ毛穴と生活習慣

黒くなってしまった角栓、いわゆる黒ずみ毛穴は、毎日のクレンジングや洗顔不足や間違ったケア方法によってできてしまいますが、原因はそれだけではありません。 睡眠不足やストレスといった生活習慣も大きく影響するといわれています。
ストレスや睡眠不足は、肌の代謝率を下げてしまいます。代謝が下がると肌の古い角質が落ちずに蓄積されてしまい、毛穴が詰まることで角栓の原因になるのです。また肌のターンオーバーが正常に行われないことで、乾燥やくすみトラブルも引き起こす恐れがあります。

年齢によって必要なケアは変わってくる

年齢によって必要なケアは変わってくる

肌質は年齢によって少しずつ変わっていきます。若い頃は健康的で何の問題もない肌だったとしても、20代、30代になるたびにトラブルが起きやすくなってくるため、年齢に合わせた適切なケアを行うことが大切です。ここでは世代別にしておきたいケアをご紹介します。

10代に多い毛穴トラブルと対処法

10代の肌は、ホルモンバランスの変化によって皮脂の過剰分泌が多く見られます。皮脂がたくさん出ることで皮脂が毛穴を詰まらせ、それが角栓になってしまいます。角栓ができた後もニキビ菌のエサである皮脂は出続けるため、菌が繁殖してニキビが多発しやすいでしょう。
ホルモンバランスが原因で皮脂が過剰分泌されるため、原因の改善は難しいのですが、 日中に気になった皮脂をティッシュオフする、朝と晩の洗顔をしっかり行うといったことを実践することで、余分な皮脂が溜まりにくい肌に導くことができます。
それでもニキビがたくさんできてしまう場合は、一度皮膚科の医師に診察してもらうのもおすすめです。

20代に多い毛穴トラブルと対処法

20代に入ると、10代よりも皮脂分泌がおさまり、反対に乾燥気味の肌に変わってくる人も増えてきます。 肌が乾燥すると毛穴も固くなり、毛穴内の汚れが取りにくい状態になります。それに加えて汚れは毎日蓄積するので、汚れによってどんどん毛穴が詰まる悪循環へと陥りがちです。
乾燥をケアするための保湿対策は必須ですが、それと同時に肌の汚れを毎日落としきることも大切です。正しい洗顔はもちろんのこと、長時間肌に乗せることで負担になるメイク料は帰宅後すぐに落とすようにし、同時に丁寧なクレンジングを心がけましょう。

30、40代に多い毛穴トラブルと対処法

30代以降は20代よりも乾燥が進み、肌に元々あるコラーゲンも減少します。これによって 肌のハリが失われ、皮膚が下に伸びることで楕円形の毛穴になる「たるみ毛穴」になります。 たるみ毛穴は毛穴が大きく見えるため、角栓よりも目立ちやすくなってしまいます。そのため、 30代以降はたるみケアも行いましょう。保湿成分だけでなく、ハリに貢献するとされるコラーゲンも肌に与えてください。乾燥しがちな肌は皮脂不足ですので、化粧水後の乳液やクリームも欠かせません。

毛穴の黒ずみが気になる時にはクレンジング剤を見直してみる

毛穴の黒ずみが気になる時にはクレンジングを見直してみる

毎日正しいクレンジング方法で肌を洗っているのに、一向に黒ずみが取れない・・。そんな人は 使用しているクレンジング剤を見直してみましょう。クレンジング剤を見直すことで、黒いポツポツが目立たなくなるかもしれません。
黒ずみ毛穴の原因が角栓の酸化したものなら角栓を溶かす・かきだす・吸着する成分が配合されているものがおすすめです。
メラニン色素の沈着によって黒ずんでしまっているならハイドロキノン誘導体やビタミンC誘導体といった美白作用を持つ成分配合のものが良いでしょう。
ただ自分の黒ずみ毛穴が角栓・メラニン色素の沈着どちらかわからないという人も多いかと思います。原因がわからないからクレンジング剤も選べないとお困りの人におすすめのクレンジングがありますので、次で詳しく紹介しましょう。

毛穴ケアができる「ホットクレンジングゲル」のおすすめポイント3つ

毛穴ケアができる「ホットクレンジングゲル」のおすすめポイント3つ

毛穴のお悩みを持つ人におすすめなのが マナラの〈ホットクレンジングゲル〉です。毛穴ケア成分が配合されているだけでなく、肌と毛穴に嬉しいポイントがいくつもありますので、詳しく解説していきます。

1  ダブル洗顔不要の温感クレンジング

〈ホットクレンジングゲル〉は名前の通り温感クレンジングで、ダブル洗顔不要となっています。クレンジング1STEPでケアが終わるため、クレンジング後に洗顔をする必要はありません。肌への摩擦回数を減らすことができますので、肌負担をおさえながらメイクを落とせます。
クレンジングはオイルタイプが最も洗浄力が強く、メイク料をスッキリ落とせますが、その分肌への負担が大きくなっています。ホットクレンジングはゲルタイプだから肌により優しい仕様になっています。
伸びの良いゲルですが、クッションの役割をしっかり果たしてくれるので指による肌への摩擦を最小限におさえます。毛穴トラブルや肌の乾燥といった症状を予防することができます。

2  こだわりの洗浄成分&美容液成分

〈ホットクレンジングゲル〉はカプセル化パパイン酵素・オリーブ油・メドゥフォーム油・グリセリンゲルを配合。温感ゲルが肌を温めることで毛穴が開き、オリーブ油とメドゥフォーム油が汚れを溶かします。
グリセリンゲルが毛穴内の汚れをクルクル回して外に出してくれるので、毛穴に汚れが残ることもありません。カプセル化パパイン酵素は角質を柔らかくする効果があるため、古い角質を落とすことで汚れの蓄積を防ぐことができます。
保湿や保水効果のあるセラミド・ヒアルロン酸、ハリのある肌を作り上げるスーパーマイクロコラーゲン・ダイズ種子エキスを配合。メラニン色素による黒ずみにはハイドロキノン誘導体と油溶性ビタミンC誘導体が働きかけ、透明感のある肌へと導いてくれます。

3  肌に優しい無添加処方

クレンジング剤に含まれる石油系界面活性剤やエタノール、パラベンなどの添加物は品質を安定させる目的で配合されていますが、肌に良い影響があるとは言えません。特に刺激に弱い乾燥肌・敏感肌は添加物によって肌状態が悪化する恐れもあります。
特に刺激に弱くない普通肌・脂性肌であっても、成分による刺激が毎日加われば乾燥傾向に陥ることもあります。どんな肌質であっても添加物が極力含まれていないクレンジング剤の使用がおすすめです。
〈ホットクレンジングゲル〉は、石油系界面活性剤・エタノール・パラベン・鉱物油などの7つの添加物を含んでいません。無添加処方となっていることから添加物による肌への刺激が少ないため、どんな肌質でも安心して使えるクレンジングになっています。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン

まとめ

毛穴の黒ずみは毎日正しくクレンジングと洗顔を行うことで、少しずつキレイになっていきます。肌に負担をかけないポイントを守って汚れを落とし、それから保湿ケアを行いましょう。
肌への負担を最小限に抑えたいのであれば、 ダブル洗顔不要の〈ホットクレンジングゲル〉が最適です。優しく角栓を落とすだけでなく、美容液成分が肌を美しくしてくれるので、黒ずみ毛穴が気にならない美肌を実現することができるでしょう。

監修者プロフィール

美容ライター遠藤 幸子
  • エイジング美容研究家
  • 美容ライター

1976年生まれ。美容ブログの開設やアットコスメの編集部公認ビューティストに認定されたのをきっかけに、月刊誌への連載やウェブでのコラム執筆などの活動をスタート。その後記事の執筆・監修のほか、企業のインフォマーシャルや雑誌、ラジオ、広告、新聞などへ出演するなど幅広い活動を行なっている。

【資格】

  • 日本抗加齢医学会正会員
  • JAM アンチエイジングアドバイザー
  • スキンケア協会 スキンケアアドバイザー