2019.12.24

毛穴トラブルの対処法!ブツブツや赤みの原因は?

  • 毛穴
  • 毛穴トラブル
毛穴トラブルの対処法!ブツブツや赤みの原因は?

「鼻の頭やTゾーンの毛穴のブツブツが気になるけど、どうやってケアすればいいかわからない!」ということ、ありますよね。
毛穴のブツブツができる理由やケア方法がわかれば、美肌をキープしたり、ブツブツ毛穴になりにくい習慣を身につけたりできます。毛穴ケアができるクレンジングや洗顔料などを使うのもおすすめです。
この記事では、 毛穴のブツブツができてしまう原因、毛穴トラブルの種類、毛穴トラブル予防のポイントをご紹介します。 ?

毛穴のブツブツや赤みの原因は?

毛穴汚れの原因はこの3つ!

長い間毛穴のブツブツに悩まされている人、毛穴のあたりが赤くなりやすい人は、角栓の詰まりや炎症が起きているかも・・。ここでは、毛穴のブツブツや赤みの原因をご紹介します。

ブツブツの正体は皮脂と汚れによる「角栓」

「角栓」は、毛穴に皮脂や古い角質、落としきれていないメイクの汚れなどが詰まったものです。ある程度の「角栓」なら毛穴に菌が入るのを防ぐ役目がありますが、詰まった「角栓」が毛穴を広げて飛び出すことでブツブツに見えたり、酸化したり紫外線を浴びることで黒ずんで見えたりします。
小鼻やTゾーンなどのブツブツ毛穴が気になる人は、汚れが詰まって「角栓」になってしまっているのが原因かもしれません。


赤みは皮脂による「炎症」

小鼻や頬などの毛穴周りに「赤み」がある場合、皮脂が空気に触れて酸化した結果、肌が炎症を起こしてしまっていることがあります。「角栓」によって毛穴が詰まり、その中で菌が増殖している状態のため、ニキビなどの原因にもつながるでしょう。
ニキビの炎症が原因で皮膚組織が壊れ、修復できない場合「瘢痕(はんこん)」という跡が残ることもあります。その場合、毛穴は開いた状態になっているため、その部分が目立ってしまうケースもあります。

【あなたはどれ?】毛穴トラブルは色で見分けよう!

【あなたはどれ?】毛穴トラブルは色で見分けよう!

女性に多い毛穴の悩みには、「毛穴が白く見える」「黒ずんでいて目立つ」「毛穴周りが赤くなっている」などがあります。ここでは、色別の毛穴トラブル、なぜ毛穴トラブルが起きてしまうのかを見ていきましょう。

白い毛穴

Example image

「白い毛穴」は、鼻やあご、Tゾーンなど、皮脂分泌が多い場所にできやすい毛穴です。古い角質が皮脂と混ざり合ってできた「角栓」が原因で、白く見えます。洗顔で汚れを落としきれていないと、「角栓」が大きくなり毛穴を押し広げてしまい、ブツブツの白い毛穴になることがあります。
Tゾーンに触れたときにザラつきがあったり、毛穴の汚れが取りきれていなかったりする人は、白い毛穴ができてしまっているかもしれません。

黒い毛穴

Example image

「角栓」の表面が空気に触れると酸化し、毛穴が黒くなることがあります。そのため、最初は「白い毛穴」だったものが、やがて「黒い毛穴」に変わっていた…ということもあります。 毛穴が詰まっていなくても、「黒い毛穴」に見えることがあります。紫外線を浴びたり、肌を強くこすったりしたことでメラニン色素が増えた結果、「黒い毛穴」に見えるというパターンです。「黒い毛穴」は鼻の頭や小鼻の脇のほか、Tゾーンやあごなどにもできやすいです。

赤みを帯びた毛穴

Example image

「赤みを帯びた毛穴」は、小鼻の脇から頬にかけて多く見られます。皮脂が空気に触れて酸化したことによって肌が炎症を起こしている可能性が高く、「白い毛穴」から「黒い毛穴」へと変化した後、炎症が起きて「赤みを帯びた毛穴」になるのです。炎症が進行すると、「赤ニキビ」などになることもあります。 毛穴が赤みを帯びている場合、炎症が悪化してしまうこともあるので、できるだけ肌に触れないほうがよいでしょう。

毛穴トラブルが起きたときは?

毛穴汚れを落とす正しい洗顔方法

毛穴の汚れや黒ずみ、赤みなどを悪化させないために、早めにケアをしましょう。
ただし、自分で毛穴を触ったり汚れを取ろうとしたりすると、悪化してしまうことも…。ここでは、毛穴トラブルが起きたときの対処方法をご紹介します。

まずは炎症を鎮める

炎症が気になるときの対策として、冷却・消炎・鎮静効果のあるスキンケア用品を使うのがおすすめです。たとえば、抗炎症作用のあるビタミンCが配合されたスキンケア用品などを使用してみてはいかがでしょうか。 洗顔の際は優しく洗う、低刺激のスキンケア用品を使用するなど、炎症を悪化させてしまわないよう注意しましょう。炎症が続き改善されない場合には、早めに皮膚科などの専門医に相談しましょう。

むやみに触らない

毛穴のブツブツや黒ずみ、ザラつき、赤みなどがあるとつい気になって触ってしまうという人もいるかもしれません。しかし、それはできる限り避けましょう。手で触れることで、毛穴トラブルが拡大したり悪化したりすることがあるからです。 毛穴をむやみに触ると、肌に刺激を与えてしまうことにもなります。指で角栓を押し出そうとしたり、爪で引っかいたりするのはやめましょう。一時的に角栓が取れても、また新たな角栓ができてしまうこともあります

毛穴トラブルを予防するには?

毛穴汚れを落とす正しい洗顔方法

毛穴トラブルはすぐに起きるわけではなく、日々の汚れなどが蓄積した結果として起きてしまうケースも多いです。また、保湿をしたり、規則正しい生活をしたりするなど、肌トラブルになりにくい習慣をつけることできれいな肌や毛穴をキープできます。ここでは、毛穴トラブルを予防するポイントをご紹介します。

皮脂や汚れをきっちり落とす

毛穴トラブルを起こさないためには、毛穴に詰まった皮脂やメイク汚れなどを毎日きちんと落とすことが大切です。特別なことをしなくても顔や毛穴に汚れを残さないようにケアすることで、結果として毛穴の詰まりや炎症なども起こりにくくなります。
クレンジングや洗顔料を選ぶ際は、毛穴ケアもできるタイプのものをおすすめします。洗浄力の弱いものや細かい汚れを落としにくいものは、できれば避けたほうがよいでしょう。

しっかり保湿する

保湿を行うことで、肌の「バリア機能」を整えることが可能です。「バリア機能」は、肌の潤いをキープするために大切な役割を持っています。「バリア機能」が低下すると、肌が刺激を受けやすい状態になり、乾燥や肌トラブルを招いてしまうことがあります。
肌の「保湿成分」は、「バリア機能」を保つのに役立ちます。「保湿成分」が不足しないようにするためには、日々の保湿が重要です。化粧水や乳液、美容液などでケアするほか、保湿成分が含まれたクレンジングや洗顔料を使うのもおすすめです。

生活習慣を見直す

肌が生まれ変わるサイクルのことを「ターンオーバー」と呼びます。「ターンオーバー」のサイクルが短いと肌のバリア機能が低下したり、長くなると肌の乾燥につながったりすることも。肌トラブルがある人は、ターンオーバーの周期が乱れてしまっているかもしれません。
正常な肌サイクルを取り戻すためには、生活習慣を整えることが大切です。睡眠不足や偏った食事、お酒の飲みすぎやタバコなどは、肌トラブルを起こしたり、悪化につながったりすることもあります。栄養バランスのとれた食事や質の高い睡眠、適度な運動などを心がけましょう。

まとめ

毛穴トラブルを予防するには、日々のクレンジングや洗顔でメイクを落とすだけでなく、皮脂や毛穴の汚れもしっかり取り去ることが大切です。
マナラの〈ホットクレンジングゲル〉は、毛穴ケアもできるクレンジングです。温感ゲルで肌を温めながら、メイクや毛穴の汚れをすっきりと落とします。美容液成分が含まれているため、肌ケアも同時にできるのが大きなメリットです。
ダブル洗顔不要で肌にも優しく、使い続けやすいクレンジングです。毛穴のブツブツが気になる方は、ぜひマナラの〈ホットクレンジングゲル〉をご利用ください。