毛穴の開きがおこる原因と毛穴ケアの方法

毛穴の開きがおこる原因と毛穴ケアの方法

毛穴だけで、肌や顔の印象は変わってきます。毛穴が開いていると実年齢より老けて見られてしまい、ショックを受けたことがある人もいるかもしれません。
ここでは開き毛穴はどうやってケアしていけばいいのかを詳しく解説します。毛穴が開いてしまう原因や開き毛穴を目立ちにくくする方法についてもお教えしますので、開き毛穴に悩まされている人は必見です。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン

毛穴の開きが起こる原因5つ

毛穴の開きが起こる原因5つ

毛穴の開きは、毎日の間違ったスキンケアや生活習慣など幅広い理由により生じます。起こる原因を理解することで、解消を目指すことができるようになります。ここでは5つの原因を紹介しますので、当てはまるものがないかチェックしてみてください。

1  加齢によって肌がたるんでいる

肌は20代から乾燥しやすくなりはじめ、30代、40代と年齢を重ねるにつれて乾燥症状がひどくなっていきます。乾燥が進むとシワやたるみといった年齢サインが出てきやすくなり、老けた印象に見えてしまいます。
肌はたるむと重力に従って下に落ちていきますが、皮膚が下に落ちることで毛穴も下に伸びていきます。丸だった毛穴が楕円状になり、毛穴がより目立つようになってしまいます。
加齢による開き毛穴かどうかは、毛穴の形状が楕円であるかどうかで判別することができます。


2  肌が乾燥してしまって皮脂が過剰分泌されている

10代はホルモンバランスの関係によって皮脂が大量に出やすい肌質であることが多いですが、20代以降では皮脂の分泌量が減少し、乾燥肌になる人が多くなります。 乾燥すると皮脂のべたつきとは無縁になりそうだと考えがちですが、実は乾燥によって皮脂が大量に分泌されることもあります。
乾燥している肌は、外的刺激から肌を守ろうと皮脂を大量に分泌します。この肌質をインナードライと呼び、大量に皮脂が出始めるとその皮脂を毛穴から押し出すため、毛穴の出口が開いてしまいます。これが皮脂による開き毛穴です。
20代以上で皮脂の分泌が多いと感じるなら、肌質チェックをしてみましょう。 洗顔後の肌を触ってみて、しっとりしていればオイリー肌、ツッパリを感じるならインナードライです。インナードライの場合はオイリー肌のケアではなく、乾燥肌のケアをする必要があります。


3  年齢による皮脂の過剰分泌

20代以降の肌は水分量と一緒に皮脂量も減少して乾燥傾向になります。しかし前述したように10代の肌はホルモンバランスの関係で皮脂が大量に出やすく、きちんとケアをしていても皮脂はたくさん出てしまいます。
20代以降で皮脂の分泌が多いオイリー肌の人は、1日に数回洗顔をしてこまめに皮脂を落としておきましょう。皮脂を落とせばベタつきを感じることはありませんし、毛穴が詰まる恐れも少なくなります。
1日に何回も洗顔をすることが難しいなら、日中はティッシュで皮脂を拭き取っておくことがおすすめです。ティッシュで拭き取れば必要な皮脂まで取ってしまうことがないので、取りすぎによってさらに皮脂が大量に出ることもないでしょう。


4  季節の変わり目などでターンオーバーが乱れている

普段は何の問題がなくても、季節の変わり目にだけ肌の調子が悪くなるという人もいるでしょう。季節の変わり目は気温の変化、環境の変化、肌に刺激を与える花粉などの飛来によってストレスを感じやすくなりがちです。
季節の変わり目に、急に乾燥肌や敏感肌になってしまうこともあり、肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が上手く排出されずに肌に蓄積してしまいます。古い角質は蓄積することで大きな角栓となり、毛穴から出るほどのサイズになると毛穴の出口を広げてしまうのです。
出口が広がった状態が長く続くことで、治りにくい開き毛穴へと進行します。特定の季節だけ、いつもの化粧品が使えない、肌が乾燥している、くすみが目立つということがあれば、ターンオーバーが乱れやすい季節性の敏感肌かもしれません。


5  食生活の乱れやストレスなどで皮脂の分泌が乱れている

ファーストフードや脂っこいものばかり食べている、または仕事や人間関係でのストレスがとても溜まっているという人は、常に皮脂によるベタつきを感じていませんか。脂っこい食事は皮脂の分泌量を増やしてしまいます。
ストレスはホルモンバランスを乱し、その結果、女性ホルモンより男性ホルモンが優位に立つこともあります。男性ホルモンには皮脂の分泌量を増やす作用があると言われています。
まずは毎日の自分の食生活を見直してみましょう。脂っこいものなどに偏っている場合は食事によって皮脂がたくさん出ているかもしれません。仕事などで疲れが溜まっている時に皮脂が出やすいのであれば、ストレスによる皮脂で毛穴詰まりを起こしていることもあります。

原因別の毛穴開きのケア方法

原因別の毛穴開きのケア方法

ここまでご紹介した開き毛穴になってしまう5つの原因のなかに、当てはまるものは見つかりましたか。原因がなんとなくでもつかめたら、その原因を解消するための方法を知りましょう。
ここからは、先ほど紹介した原因別に最適な開き毛穴のケア方法をお教えします。当てはまるもののケアを実践してみてください。

1  加齢によるたるみと年齢に合った基礎化粧品選び

加齢によって肌がたるみ、それに伴って楕円状の大きな毛穴が目立つのであれば基礎化粧品を見直しましょう。30代、40代の人におすすめなのが高保湿成分や肌のハリをアップしてくれる成分が含まれている化粧品です。
この世代の肌は根本が乾燥しているため、強い保湿効果が必要です。たっぷりのうるおいで満たすことで肌はふっくらとしますので、保湿効果がより高く、さらに成分の配合量が多いものを選んでください。コラーゲンなどの肌のハリにアプローチする成分も見逃せません。
肌に欲しい成分がたっぷりと含まれている基礎化粧品は価格も高い傾向にありますが、価格以上の効果が期待できるものも少なくありません。開き毛穴への効果も期待できますので、今使っている基礎化粧品を見直してみてください。


2  乾燥による皮脂の過剰分泌には保湿が効果的

乾燥によって皮脂がたくさん出てしまうインナードライは、オイリー肌に見えますが根本原因は乾燥です。インナードライ肌も高保湿効果が期待できる基礎化粧品を使いましょう。
基礎化粧品以外にもクレンジングや洗顔を見直してみることがおすすめです。どちらも正しい方法でケアをすることが大切です。また肌に刺激を与えない配合成分であるかどうかもチェックしておいてください。 肌に刺激を与える成分を毎日肌につけると、肌が乾燥してしまう恐れがあります。添加物が多いものはそれだけ肌負担が大きいため、添加物の少ない低刺激のクレンジングや洗顔料を選びましょう。


3  ティーンなどの年齢による皮脂の過剰分泌には洗顔がおすすめ

10代の肌は皮脂がたっぷり出やすいオイリー肌であることが多いですが、原因は成長に伴うホルモンバランスの変化であるため、原因の改善は難しいと言えます。しかし大量に分泌する皮脂の対処をすることで、過剰皮脂による開き毛穴の対策を行うことができます。
オイリー肌は常に皮脂がたっぷり出てしまうため、皮脂をこまめに落とすことが最も重要です。
洗顔料は皮脂への効果が期待できるものを選ぶことがおすすめです。過剰な皮脂を洗い落としてくれるため、皮脂による毛穴詰まりと開き毛穴も起きにくくなるでしょう。


4  季節によって毛穴ケアの方法を変える

季節の変わり目など特定の時期にだけ肌質が変わる人は、 季節に合わせて毛穴ケアの方法やケアアイテムを変える必要があります。普通肌と敏感肌では最適な成分が異なりますし、場合によっては化粧品によってトラブルが出ることがあるからです。
季節の変わり目は気温の変化がとても激しく、肌は皮脂量や汗を調節しながらその日の気温に適応していきます。しかし、気温の上がり下がりが激しいと対応しきれず、一時的に敏感肌になってしまいます。
季節の変わり目は敏感肌でも使える化粧品で毛穴を優しくケアし、それ以外の季節は保湿と毛穴ケア成分を重視した化粧品でケアしましょう。敏感肌の時期は肌への優しさを第一に化粧品を選んでください。


5  生活習慣による毛穴の開きは生活習慣の見直しをしよう

食生活が乱れているのであれば、まずは食事の栄養バランスを見直しましょう。皮脂を出しやすい脂質・糖質類の摂取をできるだけ避け、皮脂分泌を抑える作用があるとされるビタミンB2・B6が含まれる食品を摂ることがおすすめです。ターンオーバーを整えるとされるビタミンAも良いでしょう。
また、週に数回はストレスを発散できる趣味を楽しみましょう。運動不足は新陳代謝を下げてしまうため、肌のターンオーバーの乱れに繋がります。睡眠不足もターンオーバーを乱れさせる一因です。
生活習慣の乱れを正し、規則正しい習慣を身に着けることで体が健康になり、結果として肌にも表れます。ターンオーバーが正常に整うと古い角質が蓄積することもありません。毛穴詰まりも起きにくくなるでしょう。

すべての原因に効果的なのは正しい洗顔の仕方

どんな原因も詰まり毛穴になる恐れがあり、詰まった汚れや皮脂が角栓になることで毛穴が開いてしまいます。原因別の対処法を実践することは大切ですが、 毛穴ケアの基礎ともいえる洗顔も正しい方法で行うことが重要です。
正しい洗顔をするときに気を付けておきたいのが洗顔時のお湯の温度です。お湯の温度は冷たすぎると皮脂を落としきれず、熱すぎると必要な皮脂まで落としてしまいます。 乾燥肌・インナードライ肌は30℃、普通肌・オイリー肌は35度前後のぬるま湯で洗いましょう。
洗顔後にタオルで肌を拭くときは、ゴシゴシこすらないように注意が必要です。強くこするとタオルの摩擦によって肌が傷ついてしまいます。タオルを肌に優しくあてるだけで水分は吸収されますので、肌へのダメージを抑えられます。

毛穴開きのケアは継続が大切

毛穴開きのケアは継続が大切

一度開いてしまった毛穴は簡単には戻らず、長くケアしていく必要があります。早ければ2週間ほど、長い人では1年ほどと個人差が大きいですが、コツコツケアを続けていけば徐々に毛穴に変化が訪れます。毛穴ケア方法を教えますので、少しずつ変わっていく毛穴を楽しみながらケアをしていきましょう。

毛穴のたるみには保湿・洗顔・リフトアップが効果的

加齢による肌のたるみでできた毛穴のたるみは通常よりも毛穴が大きくなっているため、空気中の汚れが入りやすくなっています。メイクをすればメイク料が毛穴にしっかり入り込むため、クレンジングと洗顔で1日の汚れをきちんと落としておかなければいけません。
きちんと洗うことで角栓が発生しにくくなり、角栓による開き毛穴への対策もできます。洗顔後は早めに保湿ケアをしましょう。高保湿成分が配合されている化粧水→乳液→クリームの順でケアをし、肌にたっぷりのうるおいを与えてあげてください。
高保湿効果の他に注目しておきたいのがリフトアップ成分です。コラーゲンやプラセンタなどの成分を浸透させれば、肌のハリ効果が期待できます。スキンケアだけでなくエクササイズもおすすめなので、次で紹介します。

簡単で効果的な表情筋エクササイズも人気

加齢によるたるみを実感しているなら、表情筋を鍛えるエクササイズも実践してみましょう。エクササイズをすることでリフトアップ効果や小顔効果が期待できますし、方法も簡単なので誰でも手軽に挑戦できます。

  1. 鼻から息を吸いながら、目・鼻・口など顔の全パーツを中心に寄せる
  2. 寄せた状態で口から息を吐く
  3. 息を吐き終わると同時に寄せていたパーツを外に伸ばす

2と3の手順それぞれ10秒ほどかけて行いましょう。これを朝と晩に3~5回行うことでエクササイズ効果が期待できます。顔のパーツだけを動かすだけなので、何かの合間にサッとできることも魅力です。

習慣にしたい化粧水の塗り方

毎日化粧水でのケアは欠かさないという人も多いでしょうが、 化粧水は肌にしっかり浸透させないと意味がありません。サッと馴染ませるだけでは浸透せず、肌表面で蒸発してしまうため化粧水の効果を存分に実感できないのです。
化粧水を馴染ませる時は化粧水適量を手のひらに出し、両手で温めてから肌全体に軽く馴染ませます。その後手のひらを肌にあてて化粧水を肌の奥に浸透させるイメージで優しく押し込んでいきます。
リンパの流れを良くしたり、肌を引き締めたりしたい場合はタッピングがおすすめです。肌の上から下に向かって軽くペチペチたたいて化粧水を浸透させます。肌に刺激を与えない程度の力で行いましょう。

血行を良くする毛穴ストレッチ

化粧水の浸透率を上げ、さらに血流の流れを良くする効果が期待できるのが 毛穴ストレッチです。浸透率を上げることで毛穴ケア成分が浸透しやすくなりますし、血流を良くすれば肌が明るくなって健康的に見えるでしょう。
毛穴ストレッチは肌をトントンと叩くだけの簡単なストレッチ方法です。推奨される回数は100回ほどで、軽く毛穴部分を叩くだけです。テレビを見ながらでもできますので、何かの合間に行っておきましょう。

小鼻と頬で美容液の塗り方を変える

毛穴トラブルはどこにでも出るものですが、頬と小鼻で悩んでいる人は特に多いのではないでしょうか。小鼻は皮脂量が多いことから開き毛穴になりやすく、頬は乾燥によってたるみ毛穴ができがち。この2つは毛穴の形状が異なるため、美容液の塗り方を変えることがおすすめです。
頬に出やすいたるみ毛穴は毛穴によって形状がバラバラです。どの毛穴にも美容液が浸透するように、こめかみを外側に引っ張った状態で指をクルクル回して浸透させます。小鼻は指で×を描くようにして塗りこんでいきましょう。
塗り方を変えることで毛穴トラブルに合わせたケアができるでしょう。

毛穴の開きの改善方法、目立たなくする方法

毛穴の開きの改善方法、目立たなくする方法

開いてしまった毛穴を改善したい人におすすめのアイテムがあります。 特にオイリー肌の人におすすめですので、見ていきましょう。
また、毛穴ケアをしているけど、誰に見られても良いように毛穴を目立ちにくくさせたいという人に実践してほしいメイク方法についてもお教えします。

部分用下地を利用する

毛穴ケア中はケアの段階なのでまだ毛穴は目立つ状態です。家にいる時は良いものの、誰かに会うとなればやはり隠しておきたい気持ちも出てくるかもしれません。 開き毛穴をカバーするには、メイクは欠かせません。
メイク用品には部分用下地というものがあり、開き毛穴をカバーするものもあります。開き毛穴をカバーしてくれるものは毛穴部分に下地が入ることで、毛穴を目立ちにくくしてくれます。さらにファンデーションを重ねれば、毛穴も気にならなくなるでしょう。
部分用下地は肌の赤みやテカリ対策にも効果的です。赤み部分に馴染ませることで赤みを目立ちにくくしてくれますし、皮脂を抑えたり吸収したりする成分が含まれていれば日中のテカリ対策にも役立ちます。

肌の凹凸にファンデーションをフィットさせる

化粧下地を使っても毛穴を完全にカバーできない場合はファンデーションも活用しましょう。ファンデーションにはパウダー・クリーム・リキッド・リキッドバーがありますが、 どのタイプでもスポンジでファンデーションを馴染ませていくことがおすすめです。
ファンデーションを肌全体に乗せたら、スポンジを使って肌に密着させていきます。頬や額といった広いところはスポンジの面積が多い部分で馴染ませ、小鼻や目元などの小さなところはスポンジの端で馴染ませましょう。
全体的に馴染ませたあと、スポンジで軽く抑えていけば肌への密着度が高まり、より肌がキレイに見えます。毛穴が気になる部分はファンデーションもう一度重ね、カバー力をアップさせましょう。

毛穴を目立たせたくないなら根本からケアできるアイテムを選ぼう!

毛穴を目立たせたくないなら根本からケアできるアイテムを選ぼう!

前述では毛穴を目立たせない方法についてご紹介しましたが、やはりきれいな肌で魅せるほうが嬉しいですよね。毛穴を目立ちにくくするための根本毛穴ケアができるアイテムを紹介します。

メイク落とし×毛穴ケアができる 「ホットクレンジングゲル」

ホットクレンジングゲルはW洗顔不要の温感クレンジングです。オリーブ油やメドウフォーム油がメイク料を浮かせつつ、毛穴汚れを溶かします。カプセル化パパイン酵素が角質を柔軟にしてくれるので、古い角質もメイク料や汚れと一緒にスッキリオフできます。

クレンジングには美容液成分を91.3%も配合。乾燥しがちな肌をしっとりさせるセラミドやスクワラン、ハリのある肌を作ってくれるスーパーマイクロコラーゲン、肌の透明感をアップするハイドロキノン誘導体など、肌に嬉しい効果が期待できる成分を含んでいます。
アーチチョーク葉エキスやマナラ独自成分のケアナリアといった毛穴ケア成分が、健康的な毛穴を目指すためにアプローチ。7つの添加物を除いた無添加処方だから、乾燥肌・敏感肌の人も安心して使えるクレンジングゲルです。


洗浄成分ゼロなのに毛穴スッキリ! 「モイストウォッシュゲル」

洗顔料でありながら、洗浄成分が一切含まれていない嬉しい魅力を持つ洗顔料です。コラーゲンやスクワランなどの美容成分が肌の汚れを包み、シーバムクリアモイスチャライザーが皮脂汚れをオフ。カプセル化パパイン酵素が古い角質を柔軟にし、落としやすくします。

美容液成分を98.8%も配合。美肌のためのケアだけでなく、アーチチョーク葉エキスやケアナリアといった成分が毛穴ケアも同時に行ってくれます。こちらも無添加処方だから、化粧品による肌への刺激を最小限に抑えることができます。
コットンでの拭き取り洗顔ができるため、朝の洗顔に最適。コットンで拭き取ることで汚れが取れていることを実感しやすいですし、拭き取ったあとはすぐにスキンケアができるため、忙しい朝の時短アイテムとしておすすめです。

まとめ

開き毛穴の原因は、世代・肌質によってさまざまです。原因別の対処法を知り、コツコツケアしていきましょう。すべての原因に共通するのは正しい洗顔です。どの原因で開き毛穴になったとしても、毎日の洗顔は丁寧に行いましょう。
毎日の洗顔におすすめなのが マナラの〈ホットクレンジングゲル〉です。オイリー肌にも敏感肌にもおすすめの低刺激の温感クレンジングで、無理なく角栓を落とします。美容液成分を配合しているため、メイク落としと一緒にスキンケアも可能です。

W洗顔不要なのも〈ホットクレンジングゲル〉の魅力です。毛穴のお悩みを抱えている方は、ぜひ一度お試しください。

ホットクレンジングゲルを
初めてお試しの方限定のキャンペーン

ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン ホットクレンジングゲルを初めてお試しの方限定のキャンペーン