毛穴の黒ずみが気になったらすぐにお手入れを始めよう!

毛穴の黒ずみが気になったらすぐにお手入れを始めよう!

毛穴の黒ずみが目立つせいで自分の肌に自信が持てないとお悩みではありませんか。
しつこい黒ずみは、普段の洗顔ではなかなか落ちないという人もいるかもしれません。
ここでは黒ずみ毛穴の基本的なケアやそのために必要な正しい知識についてご紹介します。黒ずみ毛穴以外の毛穴トラブルについても解説していきますので、正しい毛穴ケアを行う参考にしてください。

黒ずみ毛穴ケアには正しい「クレンジング」と「洗顔」が基本

毛穴の黒ずみが気になっている時に見直したいのが 毎日のクレンジングと洗顔です。これらはスキンケアの基礎となる部分で、1日の汚れを落とすために欠かせないケアです。
黒ずみなどの毛穴トラブルにはこの基礎が重要となってきますので、 まずは自分自身が毎日行っているクレンジングと洗顔が正しいかどうかを確認してみましょう。間違っている部分があれば、早速今日から正しい方法に変えてみましょう。

メイクをするほど毛穴にはダメージが・・・

メイクをする時に、下地やファンデーションといったベースメイクは欠かせません。アイメイクはしなくても、ベースメイクは必ず毎日するという人も多いのではないでしょうか。この ベースメイクは、長時間肌に乗せたままにしておくことで肌にも毛穴にも負担がかかります。
下地やファンデーションにはさまざまな成分が配合されています。メイク中は配合成分が肌に密着した状態が続くことになります。メイクをよい状態に保つために含まれている成分でも、肌にとっては刺激になることもあります。
しかし、仕事の関係などでメイクをしないわけにはいかない、という人も少なくないでしょう。その場合は帰宅後にすぐにメイクを落とすことで、なるべく肌に負担をかけないようにしましょう。

クレンジング剤を使ってメイクを落とす

ベースメイクは洗顔料で落とせるものもありますが、多くはクレンジングでしかキレイに落とせません。そのためメイク落としにはクレンジングが必須です。 肌への負担を考えると洗浄力の優しいミルクタイプやクリームタイプのクレンジングがおすすめです。
しかし、洗浄力が弱いものは肌に優しい分、しっかりとしたメイクをキレイに落としきることができないこともあります。メイクを肌に残したままにするのはよくないので、軽めのメイク以外はジェルタイプやリキッドタイプ、オイルタイプのクレンジングを使いましょう。
ウォータープルーフのマスカラを使っている場合は、クレンジングとは別にポイントメイクリムーバーで落としましょう。ポイントメイクリムーバーはウォータープルーフのメイク料もしっかり落とすので、クレンジング後のメイク残りもありません。

必要な皮脂は残す

クレンジング後に洗顔を行うW洗顔は、肌の必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。皮脂を落とし過ぎると肌の乾燥に繋がるため、洗い過ぎはおすすめできません。
必要な皮脂を残し、不要な汚れだけを落とすなら W洗顔不要のクレンジングがおすすめです。W洗顔不要のものはメイク・肌と毛穴の汚れ・余分な皮脂を一度のクレンジングで落とすことができます。
温感タイプのクレンジングや、毛穴の中の汚れを吸着・溶かして落とす成分が含まれているものであれば、黒ずみ毛穴への効果も期待できます。毛穴ケアに特化したクレンジングを選ぶとよいでしょう。

洗顔が終わったら保湿をする理由

洗顔が終わったら保湿をする理由

洗顔が終わった後、ついつい保湿ケアを忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。保湿成分が含まれている洗顔料を使っていれば洗い上がりがしっとりとしますので、すぐに保湿をしなくても大丈夫だろうと油断しがちです。しかし、 保湿ケアを怠ることで思わぬ肌トラブルが出ることもあるのです。

保湿をしないと余分な皮脂が過剰に出てしまう

洗顔後にすぐに保湿をしないと、乾燥から肌を守るために皮脂が多く分泌し始めます。肌を守るために出る皮脂量は通常よりも多く、ベタつきを感じるほどの皮脂が出ることもあります。
また過剰な皮脂は毛穴が詰まる恐れもあります。皮脂は毛穴から出てきますが、大量の皮脂が毛穴から出ていくことで毛穴が開きがちになってしまいます。開いてしまった毛穴には分泌された皮脂があるだけでなく、空気中の汚れも入りやすくなります。
このような状態では角栓ができやすくなるので、できるだけ皮脂の過剰分泌は避けたいところです。洗顔後の肌は乾燥しやすくなっていますので、すぐに保湿ケアしてベタつきのないしっとり肌を手に入れましょう。

洗顔後すぐにべたつく場合は収れん化粧水も効果的

洗顔をしてからすぐに肌のベタつきを感じる人は脂性肌の可能性が高く、皮脂が大量に分泌されることで開き毛穴につながることがあります。また皮脂が多いことで毛穴に角栓もできやすくなるため、黒ずみもできやすくなります。
脂性肌の人は肌を引き締めて皮脂の分泌をおさえることが大事なので、収れん化粧水の使用がおすすめです。肌を引き締める効果があるとされている収れん化粧水は、皮脂の過剰分泌を抑える作用が期待できます。
ただ収れん化粧水の多くにはアルコールが含まれていますので、肌が弱い人にはおすすめできません。乾燥肌・敏感肌の人はアルコールの刺激によって肌がダメージを受け、乾燥の悪化やヒリヒリとした痛みを伴うことがあるので注意が必要です。

黒ずみ毛穴の種類と洗顔以外の対処方法

黒ずみ毛穴の種類と洗顔以外の対処方法

毛穴トラブルには黒ずみだけではなく、開き毛穴やたるみ毛穴もあります。どの毛穴トラブルかによって特徴や対処方法が異なりますので、ここで紹介していきます。 まずは お悩みの症状からどの毛穴トラブルにあてはまるのかを確認し、トラブル別の対処方法を知っていきましょう。

オイリー肌に多い開き毛穴

皮脂がたっぷりと出てベタつきがちなオイリー肌は、開き毛穴が起こりやすい状態にあります。その理由は過剰な皮脂が原因です。皮脂は毛穴から排出されますが、皮脂量が多いと、その分の皮脂を排出すために毛穴の出口を広げてしまいます。
オイリー肌は常に皮脂が出やすく、大量の皮脂が出続けることで毛穴がずっと開いた状態になり、毛穴が目立ちやすくなるのです。まずは余分な皮脂を落とすことが大切なので、クレンジングと洗顔を丁寧に行い、過剰な皮脂を洗い落としましょう。
皮脂が多く出るため1日に何度も洗顔をしてしまう人もいるかと思いますが、何度も洗顔をすると肌負担が大きくなります。 朝は洗顔のみ、夜はW洗顔不要のクレンジングで洗うことで摩擦回数を減らし、肌負担を最小限におさえることができます。


しっかりメイクの人に多い黒ずみ毛穴

肌をキレイに見せたいからと、ベースメイクを徹底している人に多いのが黒ずみ毛穴です。しっかりとベースメイクをしている人は、毛穴に下地やファンデーションが詰まっている恐れがあります。その汚れが角栓となり、黒ずんでしまうのです。
日々のクレンジングと洗顔である程度毛穴をキレイにしても、毎日しっかりベースメイクをすることで、メイク料はどんどん毛穴に蓄積してしまいます。その結果角栓が徐々に大きくり、毛穴から飛び出てしまうのです。
一日の終わりにクレンジングでしっかりと落としきることで、黒ずみは予防することができます。しっかりクレンジングはしているけれど、それでも黒ずみが気になる場合はスクラブやピーリングを取り入れてみてもよいでしょう。


30~40代の人に多いたるみ毛穴

30代以降は肌が乾燥に傾くことが多く、カサつき・たるみといったトラブルが出やすくなります。肌がたるむと頬部分が下に伸びてしまい、それに伴って毛穴も丸から楕円状になってしまいます。これをたるみ毛穴と言い、通常の毛穴よりサイズが大きくなることから非常に目立ちます。
たるみ毛穴のケアには、うるおい補給が必須です。化粧水でうるおいを与え、美容液で補います。最後に乳液かクリームでうるおいを留めるスキンケアを行いましょう。化粧水→美容液→乳液の順でケアをし、まだ肌が乾燥している場合はクリームを仕上げに追加することがおすすめです。
3~4STEPのスキンケアでたるみ毛穴の改善を目指せますが、忙しいときはこの手順でスキンケアができないこともあるかと思います。そんなときは 〈オンリーエッセンス〉のようなオールインワン化粧品を使い、1STEPでケアもおすすめです。

角栓を除去したあとに毛穴ケアをすべき理由

角栓を除去したあとに毛穴ケアをすべき理由

毛穴をケアする化粧品を使う場合は、角栓をしっかり取り除いてから使いましょう。というのも角栓が毛穴の中にある状態でケアしても充分に効果が得られず、他のトラブルを招くことがあるからです。ここでは角栓を除去すべき理由と起こりうるトラブルについて解説します。

毛穴に角栓が詰まっているとパックの効果が薄い

毛穴に角栓がある状態で化粧水などのスキンケアアイテムを使ったり、スペシャルケアとしてパックをしたりしても効果が薄くなってしまいます。毛穴ケア成分が角栓によって邪魔され、奥まできちんと浸透しないからです。
化粧水やパックに含まれる成分は、毛穴全体にしっかり浸透することで毛穴ケアを叶えます。成分をむだにしないためにも、毎日のクレンジングと洗顔で毛穴内の角栓をきちんと取り除いておきましょう。
角栓のないキレイな毛穴には化粧水の成分が浸透しやすく、美容液成分がたっぷり含まれたパックでは美肌効果も期待できます。これは肌のどんなお悩みにも共通することですので、 黒ずみ毛穴以外に悩んでいる人も毎日角栓をキレイに落としきりましょう。


角栓を取り除かないと炎症が起こり、跡が残ってしまうこともある

毛穴に溜まっていく汚れが固まることで角栓となります。角栓は汚れがどんどん蓄積していくことでサイズも大きくなり、いずれは毛穴から飛び出すほどの大きさになってしまいます。角栓はニキビ菌のエサなので、角栓のある毛穴に菌が侵入することで菌が繁殖します。
菌が増えると毛穴内で炎症が起き、痛みと腫れを伴う赤ニキビになってしまうかもしれません。赤ニキビは酷い炎症が起こっている状態で、潰したり触ったりするとニキビ跡として残ることもあります。
ニキビ跡となるとケア方法が変わりますし、長期間のケアが必要です。毛穴トラブルだけでなく、ニキビとニキビ跡のためにも角栓は取り除いておかなければいけません。


毛穴が開けば開くほど閉じるのにも時間がかかる

前述したように角栓は毎日の汚れが蓄積することでどんどん大きくなります。通常の毛穴は出口がキュッと引き締まった状態ですが、 角栓が飛び出ていることで毛穴が開き、その状態が長く続くことで開き毛穴になってしまうことがあります。
開いてしまった毛穴のケアには時間がかかります。毎日徹底した毛穴ケアを行い、肌を健康的に保ってもすぐには改善されないのです。ケアに時間がかかるということは長期間毛穴が目立ってしまうということです。
毛穴が目立つと毎日しっかりとしたベースメイクが必要になるので肌への負担が大きくなりますし、メイク落としも大変です。開き毛穴や乾燥トラブルを招く恐れがあるため、さらなるトラブルを起こさないために1日の終わりに溜まった角栓を落としましょう。

毛穴の黒ずみケアについて正しい知識をつけよう

毛穴の黒ずみケアについて正しい知識をつけよう

毛穴の黒ずみが気になっている人は、早速今日からでもケアを始めたいところです。ケア方法を実践する前に、ケアについての正しい知識を身に付けておきましょう。
正しい知識を覚えておけば間違ったケアをすることもありません。早速具体的に見ていきましょう。

角栓をはぎ取る鼻パックはおすすめできない

鼻にシートを貼り、数分放置して剥がす鼻パックの使用はおすすめできません。手軽に角栓が取れる便利な方法ではありますが、充分に開いていない毛穴から無理に角栓を引き抜くことで毛穴が開いた状態になってしまうからです。
開いてしまった毛穴は出口が引き締まっていないため、空気中の汚れなどが入りやすい状態になります。汚れが毛穴に入り込むと、それがまた角栓の元となってしまい、結局角栓を取った意味がなくなってしまうのです。開き毛穴を改善するには時間もかかりますので、無理に角栓を取ってしまうのはNGです。

無理に角栓をこすると肌を荒らす、傷つける

角栓がある肌はザラザラとした手触りです。この感触が気になる、またはこすることで角栓が取れるのではと考える人もいるかもしれません。しかし指で肌をゴシゴシこすると、肌に摩擦が加わってダメージとなってしまいます。
指についた雑菌が毛穴に入り込み、炎症を起こして毛穴トラブルを悪化させてしまう恐れもあります。それ以外にも爪があたることでひっかき傷ができるため、肌にも毛穴にもよい影響がないのです。

角栓除去後に毛穴が元に戻るのは2週間~1年

角栓を無理に引っこ抜いたり、指でゴシゴシこすったりするとダメージを受けてトラブルが起きやすくなります。ダメージを受けた毛穴は元の健康的な状態に戻るまでに時間がかかり、2週間~1年間の期間を要します。
たった一度の間違いケアのために、毛穴は目立った状態が持続します。早ければ2週間程度で健康的になるものの、人によっては1年間近くその状態が続きます。改善するまでの期間がとても長いため、間違いケアについて知っておいた方がよいでしょう。

角栓が出来上がるまでの期間は約5日間

角栓を無理なく取り除けば、取り除いた後はキレイな毛穴となります。しかしそのキレイな状態はもって5日ほどです。5日後にはまた角栓が毛穴にできてしまっているので、毎日のお手入れで角栓をできにくくする必要があります。
角栓ができにくい毛穴に必要なのは汚れを溜めこまないことです。クレンジングと洗顔を正しい方法で行えば、肌と毛穴に負担をかけずに綺麗な状態を維持できます。肌に負担をかけずに汚れをしっかり落としたい人におすすめのアイテムがありますので、次で紹介します。

保湿効果と汚れの除去に優れた画期的なクレンジング、洗顔とは!?

保湿効果と汚れの除去に優れた画期的なクレンジング、洗顔とは!?

保湿・汚れの除去は毛穴ケアに欠かせませんので、クレンジングと洗顔でどちらも叶えておきたいもの。この2つを叶える画期的なアイテムがありますので、ここで紹介します。 クレンジング・洗顔後におすすめの毛穴ケア成分配合のオールインワン美容液と、美容液成分を贅沢に配合したファンデーションについてもお教えしますので、徹底的に毛穴ケアをしたい人は必見です。

クレンジングしながら保湿ができる!?

毎日の汚れや皮脂、メイク料を無理なく落とすにはクレンジング前に毛穴を開いておくことが大切です。毛穴を開いておくことで毛穴内の汚れを負担なく落とすことができますので、角栓もできにくくなります。
毛穴を開くには蒸しタオルが効果的ですが、毎日蒸しタオルを用意する暇がないという人におすすめなのが マナラの〈ホットクレンジングゲル〉です。
〈ホットクレンジングゲル〉は温感クレンジングで肌に乗せると温まってくるので、蒸しタオルなしで毛穴を開くことができます。
開いた毛穴にクレンジングが入ることで汚れを溶かし、角栓を吸着します。さらにクレンジングに含まれる美容液成分が毛穴をケアしてくれるため、メイク落としと一緒に毛穴のスキンケアもできます。保湿成分が肌のうるおいを守るので、洗い上がりはしっとりとした肌になります。
W洗顔不要なので、1回でクレンジングが終わることも魅力です!


コットンで拭き取るだけの美容液成分たっぷりの洗顔

美容液成分を98.8%も配合した洗顔料、 〈モイストウォッシュゲル〉は拭き取り洗顔ができる便利なアイテムです。コットンに〈モイストウォッシュゲル〉をつけ、肌を拭き取るだけで余分な皮脂や汚れをスッキリ落とせます。 洗浄成分ゼロなので肌への刺激を最小限におさえることができますし、美容液成分が乾燥しがちな肌をうるおしてくれます。忙しい朝も手軽に洗顔ができて、さらに美容液成分を肌にたっぷり与えられる画期的な洗顔料です。


毛穴トラブルにアプローチするオールインワン化粧品

ひらき毛穴のケアはもちろん、エイジングケアもしたいという人におすすめなのが 〈オンリーエッセンス〉です。〈オンリーエッセンス〉にはアーチチョーク葉エキスやケアナリアといった毛穴ケア成分はもちろん、セラミド・ヒアルロン酸やコラーゲンといったエイジングケア成分など数々の美容液成分がたっぷり配合されています。
化粧水・美容液・乳液・クリームの4役を果たしてくれるので、うるおいを与える・補う・守るのすべてが1つで完了。肌と毛穴によい成分が贅沢に配合されていて、スキンケアの時短まで叶えてくれる優秀なアイテムです。


日中の美肌ケアをお任せできる〈BBリキッドバー〉

朝・晩にしっかりとしたケアをするなら、日中もケアをしておきたいかと思います。 〈BBリキッドバー〉は毛穴ケア成分のアーチチョーク葉エキスをはじめ美容液成分を94%も配合しているため、メイクをしながら美肌ケアも叶えてくれます。
SPF35 PA+++配合だから日常レベルの紫外線から肌をガード。紫外線散乱剤不使用なので、肌へのダメージをおさえながらシミ対策ができます。固形タイプですがとても柔らかいため、スポンジで手早く馴染ませることも可能です。

銀座の東急プラザにマナラショップがあり、そちらでマナラの商品をお試しすることができます。オールインワン化粧品のテクスチャーやBBリキッドバーの付け心地を確かめられますので、使ってみたいと思ったらまずはショップでお試しをしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

毛穴の黒ずみケアにはクレンジングと洗顔という基本の他、保湿ケアも大切です。クレンジングと洗顔を正しく行うことで角栓を取り除き、化粧水などに含まれる成分がしっかり浸透するので、毛穴ケアの高い効果を実感できるでしょう。
毎日きちんと角栓を落とすには、肌負担を抑えてケアすることが大切です。マナラの〈ホットクレンジングゲル〉なら優しく角栓を落としてくれるので、黒ずみ毛穴や角栓でお悩みの人のケアにぴったりです。