• manara
  • どんな製品?
  • どんな会社?
  • マナラ創業物語
  • プレスリリース
  • 会社情報
  • 商品のご購入はオンラインショップへ

マナラの想い

「その程度ならどこの会社もやっているわ」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、それは一流企業の場合です。私の会社のように小さな企業規模では、人手が余っているわけではないので、本当に仕事がうまく回るのか?と導入にはとても勇気がいることだったのです。
現在までに社員43名のうち12名の社員が産休・育休をとり、さらに現在3名の社員が産休を控えています(2015年4月現在)。
社員から結婚や出産の報告を聞くたび、また、出産しても活躍している社員の姿を見るたびに「自分がつくりたかった会社が少しずつ実現しているんだ」と本当に嬉しく思います。
私の最終目標は、自分の会社だけでなく、マナラの企業理念である「日本中の女性が幸せに生きる社会をつくる」ことです。この壮大な目標に向かって、これからも情熱を注ぎ込んでまいります!
私が女性の幸せにこだわっているのは、世の中の女性みんなが笑顔で元気であれば、世界中が幸せになると信じているからです。
「世界の平和も家庭から」という言葉があるように、女性が朝から笑顔で元気に子どもやご主人に「おはよう!」と挨拶がはじまる家庭は幸せにあふれ、その幸せが地域社会に広がり、日本全体、やがて世界中が幸せになると思っています。
マナラ化粧品は、「“実感”と“安心”にこだわった最高の製品とサービスで、女性を若々しく元気にします」をモットーに開発しています。
でも、以前の私は美とはほど遠い生活をしていたんです。
私の20代、30代はバリバリのキャリアウーマンとして仕事に没頭し、帰宅は毎日深夜。
不規則な生活と食事で肌が荒れ、それはそれは老ける一方の生活でした。
仕事は楽しく充実していたのですが、さすがに30代になると「このままずっと深夜まで働けるだろうか?」と不安な気持ちもありました。その会社では営業職で働いていたので深夜残業は当たり前。だから子どもを産んで働くなんて絶対に無理で、もしも子どもができたら退職するしか道はありません。
女性の部下からも「このままでは働き続けられないから、早く帰れる事務職に転職しようかと悩んでいます」と相談を受けることもあったほどです。
女性は出産すると、どうしても子育てに時間がとられてしまうので、本当は復職してバリバリ働きたいのに、出産前と同じように活躍することができないのは、本当に悲しいことです。だから私は自分で起業したら、絶対に「女性が働きやすい会社」にしようと決めていました。
具体的には、「女性が結婚していながら安心して働けて、しかも何人でも子どもが産める会社」です。理想の実現に向けて、私は次の取り組みを導入しました。
いつまでも若々しくいたいと頑張る女性が輝くために、私たちに何ができるのか?
常に自問自答しながら、私たち自身も毎日頑張っています。
お客様の願いに、そして人生に寄り添っていきたい、それが私たちの想いです。
マナラは「売れるモノをつくる」「流行りだからつくる」という製品開発はしていません。自分たちが効果を実感できて初めて製品化しています。だから製品ができた時にはもうワクワクです!お客様にも、「キレイになってる♪」って毎日ワクワクしていただきたいから、早く教えて差し上げたくなります。
私も子育て中のママです。仕事も家事もこなしながら、簡単に負担なく続けられるかどうかも重要な要素と考えていますので、シンプルなお手入れで最大限の効果を見出すことを目標に、日々努力しています。
お客様は疑問や不安を抱えて、美容相談室にお電話をくださいます。なのでまずは、お客様のお話をしっかりと聞くということを心掛け、丁寧にお答えさせていただいています。
どんなわずかな不安もクリアにして、お客様に少しでも喜んでいただけたら、それが私たちの喜びになります。
「こんなこと聞いていいのかしら?」と仰るお客様がいらっしゃるのですが、どうぞ気兼ねなさらずに、お気軽に何でもお聞きになってくださいね!
マナラは店舗がない通信販売なので、私たちコールセンターがお客様にとっての第一の窓口です。だから「日本一、元気で明るい第一声」が私たちの目標。直接お顔が見えない分、「いらっしゃいませ!」とおもてなしをするような気持ちで、いつも笑顔でお客様と向き合うよう徹底しています。嬉しいお言葉も厳しいご意見も、私たちを応援し、期待してくださっているんだと思うと、本当にありがたいですね。いただいたお声は社長や担当部署に伝え、改善に活かしています。
ほんの些細なことでも、気軽にお電話をいただける身近な存在でありたいと思います。
ランクアップでは女性が働きやすい環境づくりに多方面から取り組んでいます。
女性が働きやすい会社No.1を目指し、女性が結婚しても安心して働け、しかも何人でも子どもが産める会社づくりを実践しています。
子どもが小学校に上がるまでの間の2時間時短勤務制度や、子どもの発病時に有給休暇として使える看護休暇、病児シッター費用の会社負担など、様々なサポートを行っています。

6時間の時短勤務可能

  子供が小学校入学前まで。

子供の看護休暇として5日間の有給を支給

  子供が小学校入学まで。2人以上は10日。
  うち5日は無給。

子供の看護のため、病児シッター導入

  利用料は会社負担。本人は利用料を一日につき
  300円のみ負担。
マナラの目標は、企業理念でもある「日本中の女性が幸せに生きる社会をつくる」ことです。出産しても活躍できる女性が、今よりももっと増えるように、社会全体への支援も見据えて、女性支援・子育て支援活動の幅をさらに広げてまいります。
ワークライフバランス認定企業とは従業員が仕事と生活を両立しながら、 いきいきと働き続けられる職場の実現に向け優れた取り組みを実施している中小企業を東京都が選定する制度。
平成25年度ワークライフバランス認定企業の育児・介護休業制度充実部門において、通販会社では初めて認定されました。

詳細はコチラ(東京都いきいき職場推進事業)

年間休日 最大146日

  有給休暇最大20日間、リフレッシュ休暇5日間含む。

1日の勤務時間は7.5時間

  「17時で帰っていいよ」制度。

時間休がとれる

  2時間、3時間、4時間、5時間、6時間休。

毎年リフレッシュ休暇として5日間が支給

  リフレッシュ休暇と有給休暇の組み合わせで、最大11日間連続で休暇可能。
・社員の成長支援
  研修費用・資格費用など全額負担し、社員の成長をサポート
・社内起業制度
  資格検定合格後、社内プレゼンを通過すると起業できる制度
・製品開発塾への参加
  業務時間外で製品開発に携わり、開発までのフローを学べる
・書籍購入負担
・ボディトレーニング
  月2回、講師を招いて就業時間内にヨガ教室を開催
・課外活動(バレーボール部、ジョギング部)
  身体を動かしながら社員同士の団結力を高めている
・スポーツクラブ助成金
  会社が社員のスポーツクラブ利用料を助成(月1万円まで)
・無農薬野菜支給
  社員の健康のため、旬の無農薬野菜や果物、お米を支給
(2015年4月現在)
マナラのこだわり
マナラの想い
会社情報
ページTOPへ

Copyright © MANARA All Rights Reserved.