Brand story マナラ創業物語

story

数々の化粧品を試しても、一向に改善しない肌トラブル。30代なのに、くすんだお肌のせいで、40代だと間違われる日々。感動化粧品「マナラ」は、代表の岩崎の切実な肌悩みから誕生しました。

40代に間違われつづけたボロボロの30代…。

「40代だと思ってたよ!」。当時35歳だったにもかかわらず、40代に間違われることも多かった私。確かに、肌の衰えを感じはじめていました。加えて、広告代理店で取締役営業本部長として、深夜まで仕事に追われる日々。そんな不規則な生活が原因で、気がつけば肌はボロボロの状態。化粧品会社を担当していたこともあり、人よりも多くの化粧品を試すことができる環境にいたのにもかかわらず、このありさま。自分のお肌に合う化粧品に巡り会うことはありませんでした。「このまま老けていくのかな…」。そんな危機感から、まずは肌の基本について知らなくては!と思ったのです。セミナーなどにも積極的に参加するうちに、私と同じように、肌に深い悩みを抱えている女性たちがたくさんいることを知りました。

新しい化粧品がないなら、私がつくればいいんだ!

こんなに悩んでいる女性がたくさんいるのに、世の中には効果が実感できない化粧品ばかり。それどころか、「クレンジング」と「食器用洗剤」が、ほとんど同じ成分でできていると知ったのです。良かれと思っていたのに、洗剤で顔を洗っていたなんて・・・!裏切られたような気持ちさえしました。女性が心から使いたいと思える、効果を実感できる化粧品はないのだろうか。「ないなら、私がつくろう!」。そんな想いにつき動かされ、退職。化粧品のことはまったくの素人でありながら、化粧品会社の立ち上げを決意したのです。

自分が感動する製品だけをつくろう。

そこから、理想の化粧品を実現してくれるパートナーを求めて、化粧品製造会社を訪ね回る日々がはじまりました。「自分がいいと確信を持てるものでなければつくらない」創業から現在まで変わらないこのポリシーを胸に、3つの譲れない条件を定めました。

1.肌が変わったと実感できる
2.毎日安心して使える
3.負担にならないシンプルなお手入れ

これらを満たしてくれるパートナーを求め、日本中を訪ねましたが、結果は散々なものでした。

その化粧品、奥様に本当に勧められますか?

「製造する数は?」「いくらで売るの?」いくら想いを訴えても、返ってくるのは、数字を気にする反応ばかり。それどころか、「化粧品で肌なんて変わらないよ」とバカにされる始末。「女性の肌のために、あなたの大切な人、奥様やお母様に使わせたいと思えるような、そんな最高の製品をつくってほしいんです!」。諦めきれず、想いを訴えつづけましたが、追い返される毎日がつづきました。理想の化粧品なんて夢物語かと、諦めかけたその時。ようやく想いに共感してくれるパートナーに巡り会うことができたのです。

ヒットは、世の中の女性からの共感の証。

苦心の末、開発したホットクレンジングゲルは、ありがたいことに創業から現在に至るまで、多くの方々にご支持いただき、看板製品に成長。最初は私の個人的な想いからスタートしましたが、その想いに世の中のたくさんの女性が共感してくださった結果だと思います。マナラの製品はいつも、一人の女性の悩みやコンプレックスから生まれます。女性が実は悩んでいること。密かにコンプレックスに思っていたこと。「あったらいいな」と思うもの。 「そんな女性の想いを叶えられる製品を、想いをもった女性の手でつくる」。それこそが、創業時から変わらないマナラのこだわりです。

こうして、マナラができました。

“実感”と“安心”をモットーに一分のブレもなく、女性の幸せのために、ひいては世界のために、これからも進化しつづけていくつもりです。素晴らしい未来が広がりますように、どうかご一緒に人生を楽しんでいただけたら。そう心から願っています。

MOVIE 【マナラ公式】マナラ創業物語MOVIE

ホットクレンジングゲルを生み出したマナラの誕生物語です。こうして、マナラができました!